Loading

非接触型インターロックスイッチ

非接触型インターロックスイッチを使用することで、作業員や機器を保護できます。同時に、柔軟性と生産性も、安全システムを設計する際に考慮すべきポイントです。非接触型インターロックの場合、通常の状態では、スイッチとアクチュエータの間に物理的接触が生じることはありません。

Main Image

SensaGuard™非接触型インターロックスイッチには、最新世代のコーディングに関するRFID技術、および、検知に関する誘導技術が搭載されています。このスイッチは検知範囲が大きく、また、配置のずれに対する許容範囲が広くなっています。さらに、費用効率が高いため、産業分野の幅広い安全アプリケーションに使用できます。

SensaGuard非接触型インターロックスイッチ
Main Image

Sipha™センサは、モールド成型されたブラケットが付いており、また、小型であるため、汎用性がきわめて高く、設置も容易です。Siphaセンサは、監視回路を備えたSipha制御ユニットに接続する必要があります。リスクの高いアプリケーションの場合、制御ユニットと1台のセンサを併用することにより、完全性の高いシステムを構築できます。複数台のセンサ(機械式スイッチを含む)を1台のSipha制御ユニットに接続することもできます。

Siphaセンサ
Main Image

Ferrogard™ GS1、GS2非接触型インターロックスイッチは、ヘビー・デューティ・アプリケーション向けです。GS1のハウジングはステンレススチール製または真鍮製です。GS2の特性はGS1と同じですが、ハウジングがEx Rangeであるため、危険な領域でも使用できます。

Ferrogard GS1、GS2非接触型インターロックスイッチ
Main Image

Ferrogard™ GD2非接触型インターロックスイッチのハウジングはステンレススチール製であるため、不注意でハウジングに衝撃を与えても故障しにくくなっています。接点は完全に密封されており、保護等級はIP68 (NEMA 6P)であるため、高湿環境に適しています。また、GD2はプラスチック製Ferrogardスイッチに比べて動作温度範囲が広く、幅広いアプリケーションに使用できます。

Ferrogard GD2非接触型インターロックスイッチ
Main Image

Ferrogard™ 6、9、10、13、14非接触型インターロックスイッチはハウジングが細長いため、狭い場所にも取付けることができます。保護等級はIP67 (NEMA 6P)であり、高湿環境に適しています。これらのFerrogardスイッチには有効検知面が2つあるため、取付けにおける自由度が高くなっています。

Ferrogard 6、9、10、13、14非接触型インターロックスイッチ
Main Image

Ferrogard™ 3、4、5非接触型インターロックスイッチは端子接続できます。このセーフティスイッチは磁気で作動し、非接触型であるため信頼性が高く、また、配置のずれに対する許容範囲が広くなっています。

Ferrogard 3、4、5非接触型インターロックスイッチ
Main Image

Ferrogard™ 1、2、20、21非接触型インターロックスイッチは長方形のプラスチック製ハウジングに収容されており、高湿環境に適しています。このセーフティスイッチは磁気で作動し、非接触型であるため信頼性が高く、また、配置のずれに対する許容範囲が広くなっています。

Ferrogard 1、2、20、21非接触型インターロックスイッチ
Main Image

磁気コーディング非接触型インターロックスイッチは、モールド成型されたブラケットが付いており、また、小型であるため、汎用性がきわめて高く、設置も容易です。リスクの高いアプリケーションの場合、制御ユニットと1台のセンサを併用することにより、完全性の高いシステムを構築できます。

磁気コーディング非接触型インターロックスイッチ