Loading

安全製品

当社の革新的な安全製品およびソリューションを使用することにより、機械をより機能的に運用できると共に、従業員の安全性、効率性、および生産性を向上させることができます。当社は、業界でも特に幅広い安全製品を提供しており、プロセス型製造およびディスクリート型製造のいずれのアプリケーションにおいても、安全性と生産性の目標を達成するうえでお役立ていただけます。

セーフティ・プログラマブル・コントローラ

複雑な安全アプリケーションに従来のプログラム可能な制御のメリットをもたらす当社の安全制御システムは、自動化プロセスを安全な状態で維持するために通常求められる、ハード配線されたリレーシステムに取ってかわるものです。セーフティPLCでは、1つのコントローラシャーシに標準プログラムと安全関連のプログラムを搭載できるため、プログラマが慣れ親しんだ使いやすい環境で柔軟にプログラミングを行なうことができます。当社のセーフティ・プログラマブル・オートメーション・コントローラのソリューションは、安全と生産性に優れたシステムの開発をサポートする、オープンかつ統合的な制御を実現します。お客様のスマートマニュファクチャリングへの投資を保護する性能と柔軟性に優れた1台のコントローラと1つのネットワーク、1つのソフトウェアで、機械安全に対応します。

Main Image
1769 CompactLogix 5370コントローラ

Bulletin 1769 CompactLogix™ 5370 コントローラは、Integrated Architecture®(統合アーキテクチャ)システムの一部です。これらのコントローラは統合安全性能を装備しており、すべてのLogixコントローラと同一のプログラミングソフト、ネットワークプロトコル、情報機能を使用しています。これによってすべての制御分野で活用できる、共通の開発環境が実現します。一貫性のあるツールや機能により、ユーザーはエンジニアリング投資コストの低減、容易な診断およびトラブルシューティング、小型から中型のアプリケーションの市場投入時間の短縮が可能になります。

当社の安全I/O製品ラインナップは、コンプライアンスと機械性能を向上させる多様な性能・接続機能が搭載されたローカル型および分散型、On-Machine™オプションを提供します。Compact 5000™およびFLEX 5000™、ControlLogix® I/Oは大部分のデータ構造とグラフィック・ユーザ・インターフェイスが共通しているため、これら3つのプラットフォームのいずれにも容易に統合することができます。プログラミングと操作が共通しているため、設計時間の短縮やコードの再利用が可能となります。Guard I/O™安全モジュールは、従来の分散型I/Oのメリットをすべて備えています。取付け設計は安全システムの機械やセルの配線コストを低減し、スタートアップ時間を短縮します。

Safety IO

GuardLink™テクノロジは安全装置とコネクテッドエンタープライズを接続するセーフティベースの通信プロトコルです。GuardLinkテクノロジを搭載したAllen-Bradley®のGuardmaster®スマートセーフティ装置は、情報を提供するとともに高度な機能性と柔軟性を提供します。このテクノロジはこれ1つで安全強化と、マシンとプラント全体の効率性向上をサポートします。

GuardLink

安全オプションで、機械のダウンタイムを低減し、生産性を向上させることができます。作業員と機器の両方を保護する安全機能を搭載した、さまざまなPowerFlex®ドライブをご利用いただけます。PowerFlex 525 ACドライブには、安全トルクオフが標準装備されています。安全速度モニタ機能に対応したPowerFlex 40P、70、700H、700S、および750シリーズACドライブでは、安全トルクオフはオプション機能です。また、安全オプションなしのドライブは、MSR57Pセーフティリレーを使用して構成できます。

Safety Drives

当社の安全サーボドライブ製品は、機械の稼動効率を向上させながら、ダウンタイムを最低限に抑え、エネルギー消費および生産廃棄物を削減するように設計されています。Kinetix® 300、6000、6200、6500、および7000にはすべて、安全機能が組み込まれています。安全トルクオフによって、ドライブ出力が無効になり、機械全体の電力供給を停止することなくモータトルクを除去できます。安全速度モニタでは、アプリケーションの速度を落としてモニタすることができるため、機械を完全に停止することなく、オペレータが一定の種類の作業を安全に実施することができます。

Safety Motion Control
安全モータ制御

当社の安全モータ制御製品は、電気機器の操作やメンテナンスに関連するリスクの低減に役立ちます。CENTERLINE® ArcShield™アーク抵抗コントローラ、およびCENTERLINE 2500と2100のモータ・コントロール・センタ(ArcShield付き)では、より高度な人員の保護が求められるアプリケーションに対する堅牢なプロセス制御を実現できます。ArmorStart®分散型モータコントローラの安全保護製品ラインは、カテゴリ4の安全機能を達成しながら、DeviceNet™ On-Machine™安全装置に統合された安全ソリューションを実現できます。IECセーフティコンタクタおよび制御リレーを使用することで、予期しないマシンの起動や安全機能の損失を防ぎ、作業員を保護できます。ElectroGuard®安全絶縁システムは、オペレータのロックアウト/タグアウト手順を簡略化し、コンプライアンスおよび生産性を向上させることができます。

Main Image
低圧モータ・コントロール・センタ(ArcShield搭載)

当社のCENTERLINE®低圧モータ・コントロール・センタ(MCC)は、あらゆるモータ制御のニーズに応じた堅牢で高性能なパッケージソリューションであり、激しい競争に対応するうえで必要なさまざまな機能を提供します。CENTERLINE MCCは、グローバルなニーズを満たすように設計されています。

Main Image
高圧モータコントローラ(ArcShield搭載)

製造プロセスのさまざまなモータの中でも、高圧モータは、継続的な成功を大きく左右する可能性を持っています。高圧モータ制御および保護関連の製品は、70年以上にわたってRockwell Automation®の中心的な分野として開発が続けられています。グローバルなニーズに合わせて当社のCENTERLINE®またはOneGear™の製品ラインから選択いただけます。

存在検知安全装置

存在検知安全装置は、危険な領域に近づく物体や人の位置を検出します。

Main Image
ライトカーテン安全装置

セーフティ・ライト・カーテンは、ライトカーテンの検知フィールド内に物体が存在するかどうかを検出する光電存在検知安全装置です。機械の危険防止アプリケーションにおいて、作業員の指や手、四肢または全身に危険が及ばないよう存在を検出するために広く使用されています。ライトカーテンは、AOPD(能動的光電保護装置)としても知られ、最適な安全性を実現します。これらの製品は、作業員が危険な作業場所に頻繁かつ簡単にアクセスできる必要があるアプリケーションに適しています。

Main Image
セーフティ・レーザ・スキャナ

SafeZone™セーフティ・レーザ・スキャナは、切換えと構成変更が可能なフィールドセット(警告と安全)を備えたコンパクトな装置です。各スキャナに付属しているSafety Configuration and Diagnostic (SCD) Windows®ソフトウェアを使用することで、SafeZoneセーフティ・レーザ・スキャナのプログラミング作業を簡略化できます。プログラマは構成ウィザードを使用することにより、シンプルなシステムでも複雑なシステムでも簡単に構成できます。

Main Image
手検出セーフティセンサ

Guardmaster™ SC300手検出セーフティセンサは、画像処理技術に基づくコンパクトサイズのセーフティ・センサ・システムです。このシステムの検知機能は、背景として設定したパッシブパターン(縞模様などの規則的な配列)上の単一2次元画像を検出する単独画像検出装置により実行されます。この装置では、そのパターンの遮蔽を2次元イメージで検出することで物体を検出します。

Main Image
セーフティマット

Bulletin 440F MatGuard™セーフティマットは、検知面の上に人が存在しているかどうかを検知するための、感圧保護製品です。このマットには導電性の強化鋼板が2枚使用されており、非導電性の圧縮可能な隔離材で隔てられています。標準の構成変更可能マットおよびカスタムマットが提供されています。どちらのマットも、オプションで端を整えることができます。

Main Image
セーフティ・エッジ・プロファイル

Bulletin 440F Safedge™セーフティ・エッジ・プロファイルには、3種類のクッション係数および2種類の材質のモデルがあります。このプロファイルには、長期間使用したときに壊れたり疲労破損したりするおそれのある固い内部パーツは、使用されていません。

セーフティリレー

セーフティリレーは、安全システムを検査およびモニタし、機器を起動したり、機器の停止コマンドを実行することができます。単一機能セーフティリレーは、安全機能を完備するのに専用のロジック装置を必要とする小型の機器に対して最も経済的なソリューションです。モジュール式の構成可能なモニタ・セーフティ・リレーは、数多くの多様な保護装置および最小限のゾーン制御を必要とする場所に適しています。

Main Image
ソフトウェアで構成可能なセーフティリレー

Guardmaster® 440C-CR30ソフトウェアで構成可能なセーフティリレーは、柔軟性と費用効率に優れた使いやすい製品です。このリレーは、必要なデュアルチャネル安全回路が最大10で、制御する出力ゾーンが最大5つのアプリケーションに適しています。認証された安全ファンクションブロックを選択してこのリレーを構成すれば、アプリケーションを迅速に構築することができます。このリレーは、アレン・ブラドリーのLogixコントローラと完全に統合されており、Studio 5000 Logix Designer®ソフトウェアまたはConnected Components Workbenchソフトウェアを使った構成が可能です。440C-CR30リレーは、EtherNet/IPプラグイン式モジュールラグ(オプション)を介してコントロールシステムと情報を共有し、稼働時間を向上させコネクテッドエンタープライズを実現します。

Main Image
Guardmasterセーフティリレー

Guardmaster®単一機能セーフティリレーはISO 13849-1またはIEC 62061といった機能安全規格に準拠した設計で、取付けやシステムの複雑性を簡略化する重要な機能を備えています。さらに、EtherNet/IPインターフェイスをオプションで取付ければGSRインテリジェント・セーフティ・リレーから情報を収集できるため、予想外のダウンタイムの低減や効率性の向上、コネクテッドエンタープライズの実現が可能となります。この機能は、GuardmasterデュアルGuardLinkセーフティリレーがあればさらに拡張され、GuardLinkで直列接続されたセーフティスイッチとセーフティセンサの診断情報やステータス情報を共有することも可能です。

Main Image
単一機能リレーおよび特殊リレー

単一機能リレーと特殊リレーは基本的な安全機能と遅延や速度監視などといった高度な安全機能を提供するために設計されています。また、感圧式セーフティマットとセーフティエッジの両手制御やミューティング機能、制御などといった特殊な用途でも使用されます。

Main Image
セーフティ制御リレー

セーフティ制御リレーは、機械的接点またはミラー接点として機能するよう設計され、世界中の安全規格を満たしています。

Main Image
MSR300シリーズモジュール式セーフティリレー

拡張可能なモジュール式セーフティリレーであるBulletin MSR300ファミリーを使用すると、複数の入力モジュールを1つのベースユニットに接続できるため、大規模で複雑な安全システムを構築できます。複数の入力を持ち複数の独立した出力を制御できるロジック構成にすることができます。最大20のさまざまな入力を処理し、最大3つのゾーンを制御することができます。これにより、ソフトウェア構成と異なり、ロータリ式スイッチ設定によってシンプルなファンクション・ブロック・ロジック構成を実行できます。

セーフティスイッチ

当社のセーフティスイッチは、高い信頼性、安定性、および品質が求められる国際規格に沿って設計および構築されています。セーフティスイッチには、リミットスイッチやインターロックスイッチ、非常停止スイッチなどがあります。

Main Image
セーフティ・インターロック・スイッチ

当社のセーフティ・インターロック・スイッチは、ガードまたはゲートの位置をモニタする安全防護の手段となります。これらの製品を使用して、電力供給を停止することや、人員の接近を制御すること、ガード開放時に機械が始動しないよう防止することができます。

Main Image
セーフティ・リミット・スイッチ

Bulletin 440Pリミットスイッチのファミリーには、安全アプリケーションにも標準的な検知アプリケーションにも対応する幅広い国際規格準拠型ソリューションが用意されています。リミットスイッチのファミリーの本体は、30mm金属製、22mm金属製、22mmプラスチック製、15mmプラスチック製の4種類です。スイッチのオペレータタイプ、回路配置、接続オプションには幅広い選択肢があります。汎用アプリケーションや安全防護アプリケーションには、440Pが適しています。

遅延出力付きの単一機能セーフティリレーは、入力信号を受信した後に電力を一定期間保持する必要があるアプリケーションで使用されます。例えば、停止ボタンを押した後に防護ドアを一定期間ロック位置に保持するためにスイッチを駆動する場合などです。

Safety Relays Single-Function Delayed