Loading

ロープ型スイッチ

ロープ型スイッチは、ラッチ式プルスイッチに鋼線ロープを接続したものです。ロープをその全長の任意の位置で任意の方向に引くと、スイッチがトリップし、装置の電力が遮断されます。ロープ型スイッチには、Lifeline™ロープ・テンショナ・システム(LRTS)、Lifeline 3ロープ型非常停止装置、Lifeline 4ロープ型/押しボタン型システム、およびステンレススチール製Lifeline 4ロープ型/押しボタン型システムがあります。

Main Image

Bulletin 440E Lifeline™ 5ロープ型スイッチは、高度な機能と診断ツールを提供するマイクロプロセッサベースのソリューションであり、安全強化と生産性向上に貢献します。このスイッチは、セットアップを簡略化し、保守およびトラブルシューティングを効率化する各種機能を提供します。Lifeline 5スイッチは、一般的なマテリアルハンドリングから食品飲料関連の過酷な環境まで、さまざまなアプリケーションに対応します。

Lifeline 5ロープ型スイッチ
Main Image

独自のロープ型システムであるBulletin 440E Lifelineロープ・テンショナ・システム(LRTS)を使用すれば、ロープ型スイッチを迅速に設置できます。LRTSは、ロープ型緊急停止スイッチ以外の用途にも使用できます。

Lifelineロープ・テンショナ・システム
Main Image

当社のLifeline™ 3ロープ型スイッチは、ケーブル(ロープ)操作式の非常停止装置であり、ISO 13850 (機械安全-非常停止装置)の厳格な要件を満たしています。扱いにくい機械の近くにLifeline 3ロープ型スイッチを設置することにより、いつでも非常停止することができます。

Lifeline 3ロープ型スイッチ
Main Image

コンベアなどの扱いにくい機械の近くにLifeline™ 4ロープ型スイッチを設置することにより、いつでも非常停止することができます。このスイッチの上面には、ロープ・ステータス・インジケータと非常停止ボタンがあります。このスイッチにはステンレススチール316製もあり、屋外での使用、清潔さが求められるアプリケーション、および、ある程度の耐食性が求められるアプリケーションに適しています。

Lifeline 4ロープ型スイッチ