Loading

Stratix 2000非管理型イーサネットスイッチ

Bulletin 1783 Stratix® 2000非管理型イーサネットスイッチは、小規模な制御ネットワークに適しています。この産業用スイッチを使用する際、構成作業は不要です。また、ケーブル接続がシンプルであるため、Logixベースのコントローラに簡単に接続できます。

Popular Resources/Quicklinks
Stratix 2000非管理型スイッチのプロダクトプロファイル Stratixイーサネットデバイスの仕様テクニカルデータ EtherNet/IP産業用プロトコルの白書

Stratix非管理型スイッチの新シリーズは、さらにコンパクトな設計でキャビネットスペースを節約

新しいシリーズのB Stratix® 2000非管理型スイッチは、追加機能を通じて小型のアプリケーションに信頼性の高いネットワーク接続を提供し、以下のメリットを実現します。

  • 設置面積が小さいためキャビネットスペースを節約可能
  • 産業用アプリケーション向けの堅牢な金属製エンクロージャにより、環境評価がIP20からIP30へと向上
  • 動作温度が-10~60ºC (14~140°F)へと拡大
  • ブロードキャスト・ストーム・プロテクション機能で過剰なトラフィックを防止

詳細

Stratix 2000産業用非管理型スイッチのプロダクトプロファイル

概要

  • 低コストでコンパクトなソリューション
  • 速度および二重化の設定の自動ネゴシエーション
  • AC20VまたはDC 24 V電源で動作
  • ケーブルクロスオーバの自動検出

 

Stratix 2000非管理型イーサネットスイッチ


製品の選択


Certifications
  • CE
  • C-Tick
  • c-UL-us
  • EAC
  • EtherNet/IP
  • Ex
  • IEC/Ex
  • KC
  • RCM
Looking for Additional Information?

To find additional product information including CAD drawing files, 3D models and more use our Product Catalog.


資料

リソース 出版番号 言語
Stratix 2000非管理型スイッチのプロダクトプロファイル ENET-PP010
Stratixイーサネットデバイスの仕様テクニカルデータ 1783-TD001
EtherNet/IP産業用プロトコルの白書 ENET-WP001
Stratixスイッチのリファレンスガイド ENET-QR001
Stratix 2000非管理型スイッチのユーザーズマニュアル 1783-UM011
Ethernet設計上の注意事項リファレンスマニュアル ENET-RM002
Literature LibraryLiterature Library
Literature Library

Browse Literature Library where you can search for additional technical and commercial publications in more languages.

 

Search Literature Library

KnowledgebaseKnowledgebase Support Center
Knowledgebase

Visit our online resource for technical information, support chat and forums, software updates and product safety advisories/notices.

 

Get Support


構成ツールおよび選択ツール

  • CrossWorks — 競合製品のカタログ番号をAllen-Bradley®の類似製品に変換できます。
  • Integrated Architecture Builder — プロジェクトに必要なハードウェアを選択し、部品表を生成することができます。
  • ProposalWorks — 詳細な見積と提案を作成できます。

その他のリソース

  • 電子データシート — DeviceNet™、ControlNet™、EtherNet/IP™、およびネットワークに依存しないEDSファイルを検索できます。
  • ファームウェアの更新 — ログインすると、ファームウェア更新のサポートを受けることができます。
  • ナレッジベース: 当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。

Recommended For You