Loading

PLC-5からControlLogixへの移行

移行計画に伴うオプション評価

PLC-5からControlLogixへの移行

Allen-BradleyのPLC-5®制御システムが生産終了段階に入ったということについては既にお知らせさせていただきました。しかし、スタッフが十分なバンド幅を持っていない、あるいはダウンタイムの増加が懸念される、多数のシステムの移行を果たすには資金が不足している、などの理由で移行を阻まれてしまうお客様もいらっしゃるかもしれません。


移行に役立つリソース

PLC-5の制御システムは、あらゆる制御プラットフォームにおいて最大の設置ベースの1つです。しかし、スペアパーツや修理済みのユニットは減り、熟練したエンジニアもますます不足するばかりです。

移行に役立つリソースは多数存在するため、お客様が先を見据えたライフサイクル計画を策定する際には、いくつかのオプションがあります。ロックウェル・オートメーションのような信頼性の高いパートナやシステムインテグレータ/ソリューションプロバイダと協力、または自社で行なうことが可能です。当社は、現代化および移行のサービスとツールの充実した製品ラインナップを提供し、プロセスを円滑化します。


自分で移行

当社は、老朽化したシステムをセルフサービスで移行されるお客様向けに、多くのリソースを提供しています。

  • 使いやすいハードウェアおよび変換アプリケーション
  • 自動化されたソフトウェアのコード変換ツール
  • コントローラおよびI/O配線の変換システム
  • ネットワーク・インターフェイス・モジュール

PLC-5のパッケージ移行

PLC-5のパッケージ移行は、簡単かつ迅速で費用効果に優れており、エンドユーザやシステムインテグレータ、機械メーカにとって魅力的なオプションです。PLC-5ラック1台とリモートI/Oラック最大4台を移行し、接続されたデバイスおよびスレーブコントローラを現状通り残すことができます。コアコントローラとシャーシを移行することで、目下の効率化と同時に、将来の現代化に向けた基盤作りも達成できます。

移行プロジェクトに当社をご利用いただくことで、以下のようなメリットがあります。

  • PLC移行および変換の中核を担うエンジニアグループが毎日これを実施することによる結果の一貫性
  • 当社の品質管理システムに準拠したエンジニアリングの基準やプロセスの遵守
  • 平均16時間のシミュレーションテストとエンジニアリング・ピア・レビュー
  • 新しい制御システムを作動させるための、工場でトレーニングを受けた当社のエンジニア1名によるサポート(オプションとして追加可能)

PLC-5のパッケージ移行は、DH+やリモートI/Oなどの既存ネットワークを介してデバイスやリモートI/Oラックと通信するシンプルなディスクリートアプリケーションに最適です。


現代化のカスタマイズ

大規模で複雑な設置計画を抱えたエンドユーザほど、コネクテッドエンタープライズへのITおよびOTの統合によるビジネス上のメリットを効果的に活用できます。当社の変換および移行サービスでは、個別に見積りを行ない、お客様ごとにカスタマイズした移行ソリューションを提供します。

ロックウェル・オートメーションの専門家に相談する

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。