Loading

最新化

グローバル市場で競争力を維持

Modernization

グローバル化の波に伴い、スマートマニュファクチャリングに一層注目が高まりつつあります。こういった動きの中で不可欠な要素となるのが、産業活動の生産性や性能を向上させる最新技術です。ビジョンを実現するための準備を、今こそ始めませんか。


最新化が不可欠な理由

性能、柔軟性、情報に基づく意思決定の向上

制御システムのアップグレードに伴うリスクや費用を正当化するのは簡単ではありません。旧式のシステムは単独でしか機能せず、古い機器は稼働自体に多額の費用がかかります。しかし、アップグレード完了までの気が遠くなるような道のりを考えると陳腐化の脅威にさらされていた方がまだましだと考える企業が多いのが実情です。このような考えに新たな変革をもたらすのがスマートマニュファクチャリングです

先進的な製造メーカは、産業用モノのインターネット(IIoT)戦略で注目されている最新技術の導入により、スマートマニュファクチャリングの多大なメリットをすでに享受しています。またこれからの時代の製造の需要に対応するために、さまざまな企業がプロセスの最適化を実現する新たな技術を模索し、性能と効率性の改善に向けた人材の養成を着々と進めています。

スマートマニュファクチャリングとコネクテッドエンタープライズについてご覧ください

初めの一歩

設置ベースを見直し、最大の陳腐化リスクに対応

陳腐化リスクを理解するために、まず機器やスペアパーツ、ソフトウェア在庫のライフサイクル分析を実施します。この情報を徹底的に再検討することで、最新化のニーズや目標に優先順位を付けることが可能です。設置ベース評価の実施において豊富な実績を有する当社なら、御社単独でこのプロセスを実行するよりも、所要期間を数週間あるいは数か月単位で短縮できます。 MyRockwell.comのMy Equipmentで、Installed Base Evaluation (設置ベース評価)のデジタル版をご確認いただけます。


最新化計画の策定

影響力が最大となる領域を特定

当社は、最も重要な機器や最大のリスク、移行オプションの特定をサポートします。さらに、当社パートナとの協力により、お客様のアプリケーションニーズや予算、長期的な目標に合った計画の実行をお手伝いします。フルサービスのDCS移行には、 ロックウェル・オートメーション・グループであるマーベリック・テクノロジーズのDCSNextソリューションを活用します。これには、計画から実行に至るまでの徹底的な段階的アプローチおよび継続的なサポートが含まれています。


最新化プロジェクトの実践

お客様のペースに合わせたサポート

一度にすべての移行を実施される場合でも、段階的に実施される場合でも、当社は豊富なツールと経験を基に、お客様の移行をサポートします。総合的なカスタムソリューションから構成済みの最新化パッケージ、セルフサービスツールまで提供する当社では、お客様がオートメーションへの投資から最大限の利益が得られるようにお手伝いします。

豊富なトレーニングと経験を誇る当社の担当者が、以下のサポートをお届けします。

  • 最新化計画サービス
  • 旧式機器のサポート
  • 移行済み制御アーキテクチャのスタートアップと立上げ

SLC 500からCompactLogix 5380への制御システムの移行

柔軟なオプションにより移行の手間を軽減

変化する市場の需要を先取りするには、旧式の機器を維持するリスクを低減し、生産性の向上を実現するための、移行ソリューションが必要です。当社では、SLC™からCompactLogix™への制御システムの移行をサポートする、さまざまなリソースを用意しています。信頼できるパートナと協力する場合でも、ご自身で行なう場合でも、当社は、現代化および移行のサービスとツールの充実した製品ラインで円滑にプロセスを進めることができます。

 


PLC-5からControlLogixへの移行

移行計画に伴うオプション評価

Allen-BradleyのPLC-5®制御システムが生産終了段階に入ったというお知らせをご覧いただいたと思います。当社では、コントローラのアップグレートに役立つ各種リソースと併せて、お客様のニーズに合った、先を見据えたライフサイクル計画を策定する際に有用なオプションを豊富にご用意しています。信頼できるパートナと協力する場合でも、ご自身で行なう場合でも、当社は、現代化および移行のサービスとツールの充実した製品ラインで円滑にプロセスを進めることができます。


RSView32からFactoryTalk View SEへ

HMIのアップグレードで新たなビジネス価値を創造

ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)をなぜ最新化すべきなのか、とお考えでしょうか。テクノロジー環境が絶えず急速に変化しているため、遅れずについて行くのが難しい場合があります。進歩した商業用の技術および製品投資を利用すれば、モビリティ、仮想化、その他の新しい技術などといったメリットが得られます。しかし、そのためには、古いものを手放し、新しいものを採用する必要があります。RSView®32からFactoryTalk® View Site Edition (SE)への移行が、環境の変化に備え、正しい方向に進むためにどのように役立つかをご覧ください。


高圧フィールド修正サービス

既存の高圧装置の運用を最新化

現場の最新化は、高圧装置の性能と信頼性を強化するためのオプションを検討する場合、新たな設備投資にかわる費用効率に優れた代替案となります。現場の最新化オプションは、簡単なハードウェアまたはソフトウェアの変更から複雑なシステムの再構成にいたるまで多岐にわたり、既存のハードウェアやソフトウェアをアップグレードすることで、新しいアプリケーションの需要に対応する上で必要な機能が追加されます。

ロックウェル・オートメーションの専門家に相談する

当社はオートメーション投資の計画、実施、推進をサポートするための、専門的な業界知識を提供しています。

おすすめ