Loading

オペレーショナルエクセレンス

飲食料品製造ソフトウェアと制御システム

Main Image

食品飲料業界では、生産性の向上とコスト削減の両立というプレッシャーに絶えずさらされています。

情報は力です。 このため、食品飲料製造ソフトウェアに求められるのは、正確なデータにリアルタイムでアクセスできる機能です。この製造インテリジェンスを活用すれば、適切なタイミングに適切なステップで生産量の向上と無駄の削減を図ることができます。


食品製造業者に求められる俊敏性

生産量の増大と資産の最適化

食品製造メーカの場合、目の前の課題に対処するには食品製造の全体像を理解する必要があり、これによって、効率性の実現が可能な領域を特定することができます。俊敏であれば、業務面や安全面の向上を図りながら競争力を保つことができ、また資産活用やスループットを向上させて生産量を最大限に高めることができます。


レポート機能を自動化し、プラントの効率性を向上

繰返し可能なソリューションを統合することでプラントの可視性を高めコストを削減

俊敏かつ効率的な生産工程は、一貫性のある予想通りの成果をもたらします。アメリカ中西部にある某消費財工場のように、運用に関する正確な情報に適時アクセスできれば、この目標を高い費用効率でより簡単に達成することができます。

この工場では、ラインの制御とパフォーマンスを統合するRAPID Line Integration™ソリューションをプラント全体に導入しました。その結果、包装工程がマシンレベルまで詳細にリアルタイムで可視化できるようになりました。既存のネットワークとITインフラ基盤を活用して包装ライン10本とマシンセンターの計92を統合し、その結果、リアルタイムOEEの可視性の向上とコスト削減に成功しました。


製造インテリジェンスを活用したペストリーメーカ

生産量を増やし需要に対応、ダウンタイムを低減、バッチ間で一貫した品質を確保

高まる需要と厳しいプロセス管理に対応するため、カントリーメイド社では拡張可能なプラント全体のプロセス制御システムであるPlantPAx®を導入しました。

このシステムには、視覚化と分析機能、そして生産トレンドを表示するレポートポータルがあります。これは、複数の異なる情報源からデータを収集、報告することで生産インテリジェンスを提供するというシステムです。

カントリーメイド社では品質データへのアクセスが向上し、各バッチからのデータを基に適切な意思決定ができるようになりました。その結果、生産量増加、ダウンタイム低減、バッチ間での一貫した品質確保に成功しました。


運用のパフォーマンスを最適化

データを通じて、生産性の向上とコスト削減を図り品質を改善するための新たな方法を見出すことができます。それを実現するのが当社の制御および情報ソリューションです。総合設備効率(OEE)をレポートするFactoryTalk® Metricsや、さまざまな情報源から生産データを収集しレポートする、拡張性の高いプラント全体のプロセス制御システムPlantPAxなどをご活用ください。

当社コンサルタントとの相談をご希望ですか

当社の仕事は業界に関する専門知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

お客様へのご提案