Loading

飲料製造

オートメーションシステムと制御システムによる飲料生産の最適化

Main Image

お客様の嗜好、サステナビリティに対する懸念、安全や法規制に関する要因、原材料とエネルギーコストの上昇は飲料製造に多大な影響を及ぼし、こういった要因を背景に、飲料製造メーカはコストに対する生産性やパフォーマンスをモニタする必要があります。高度な技術に投資することで、少ない負担で多くの収益を得るとともに、ビジネスを前進させ、需要に対応することができます。


生産性を高めて需要に対応

生産データを実用的な情報に変換

飲料メーカの場合、原材料コストの上昇やお客様の嗜好の変化対応する一方で、サステナブルな方法で操業しながら安全規格にも準拠する必要があります。情報対応型のオートメーションシステムなら、こうした課題にも対応することが可能です。

  • 生産効率の向上とスループットの増加
  • 生産量の最適化と無駄の削減
  • 運用コストの削減
  • 資産の有効活用

飲料製造能力の拡張

旧式のバッチシステムを廃してスループットを改善

サーバ仮想化により可用性を改善する統合された完全冗長システム、PlantPAx®分散制御システムを使用して、この飲料製造メーカは以下を実現しました。

  • システム全体の効率性とスループットの増加
  • プロセスの一貫性が向上
  • システムの柔軟性が向上
  • 個別ログイン、電子署名、自動サインアウト機能によるシステムセキュリティの強化
最新式のDCS、PlantPAxの詳細情報を表示する

飲料システムの自動化による生産の一元化

カンパリ社は、製品品質の一貫性とOEEの向上を達成

カンパリ社は、高度に自動化された加工/瓶詰め施設の拡充により、蒸留所を刷新拡張し、製品の品質や一貫性を損なうことなく業務の一元化を図りました。現在、同社はカットや瓶詰めに必要なブレンドおよび濾過作業の制御に PlantPAx®分散制御システム(DCS)を活用しています。FactoryTalk® View SE視覚化ソフトウェアなら生産状況とプロセスの情報がリアルタイムでオペレータに提供されるため、意思決定力が向上します。その結果、同社はOEEの向上、市場投入までの時間短縮、ケース当たりのコスト削減に成功しました。


飲料生産制御ソリューション

当社では、プラントオペレーションの一元管理と製品の一貫性を確保する完全な統合オートメーションソリューションを提供しています。

当社の飲料生産制御ソリューションの特長:

  • 包装ラインの最適化
  • レシピ管理とバッチ管理の改善
  • 法規制の遵守と生産状況の追跡
  • 無駄の削減
今すぐロックウェル・オートメーションのコンサルタントに相談しますか?

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。

おすすめ