Loading

食品安全ソリューション

食の安全を守り品質を管理するオートメーションおよび制御システム

Main Image

消費者からの多様な要望と競争の高まりに伴い、SKUによる生産が今まで以上盛んに行なわれています。その結果、生産工程やサプライチェーンも複雑性が増しています。この複雑性により、より広範囲にわたって食品の安全と品質を管理する必要性が生じています。製品の安全と品質を保護する包括的なアプローチを取り、評判を高めましょう。


製品の安全維持

食品安全が生産性を最大限に引き出す方法を見つける

さまざまな問題が混在する中で、どうすれば食品安全に特に焦点を置くことができるでしょうか。「汎用的な」ソリューションは存在しません。そこで当社では、情報対応型の技術とオートメーションを採用した全社的なアプローチをご提案します。これなら、業務全体を通じて食の安全を守り生産性の向上を図ることができます。


ブランド品質の維持

食品安全システムが生産性を最大限に引き出す方法を見つける

ブランド資産価値を維持する重要な要因の1つは、バッチ間および施設間で製品を一様にすることです。各地の原材料仕様書に相違があると、ブランドの一貫性に問題が生じてしまいます。各生産工程が変動やプロセス変更に対応するよう製造を適合させながら、厳格な品質基準に沿った製品を生産する必要があります。

こういった課題に対処し切れているわけではありませんが、業界トップの企業には何らかのソリューションを見つけ生産性や収益性を高めているところがあります。詳しくは、クラス最高のガイドでご覧ください。


可視性の向上によるコンプライアンスの強化

紙ベースのシステムから管理実行システム(MES)へと移行すれば、品質、安全、法令遵守、市場への投入時間を向上できます。オートメーションが点在した状況から統合されたオートメーション基盤に移行することで、MESは組織全体でデータを収集して集計し、送り込みます。

CPGSuiteソフトウェアの詳細情報を表示する

食品飲料の安全と品質

米国食品安全強化法(FSMA)へのコンプライアンス

大手包装食肉製品メーカが新しいFSMAガイドラインの遵守を目的に、施設で製造インテリジェンス機能のアップグレードを試みました。このメーカがどういったソリューションを活用して、無駄の削減をはじめとする以下のメリットを実現したかご覧ください。

  • 食用にできない製品量の目標を1.6%から0.8%に半減。この結果、年間およそ100万ポンドもの製品を節減
  • 記録管理およびレポートの簡易化
  • クリティカルな制御ポイントパフォーマンスをリアルタイムで視覚化
専門家の声
「FSMAの最終規制には法令制定の追跡が含まれ、これによって米国食品業界のトレーサビリティ機能の向上、さらに将来的にはリードされる立場からグローバルな世界をリードする立場への逆転が期待できます。」

- サプライチェーンのトレーサビリティ、「Quality Assurance」マガジン

食の安全を支えるソリューション

生産管理力、アカウンタビリティ、品質、安全を向上

適切な技術を活用すれば食品安全プログラムを実践することができます。当社では制御と情報を統合したソリューションをご提供、食品安全・品質プログラムをサポートしています。当社のFactoryTalk® VantagePoint®およびHistorianソフトウェアは、生産情報を収集、保存、集計して関連付け、提供します。Integrated Architecture®システムは、シームレスで拡張性の高いリアルタイム通信構造を提供します。

当社コンサルタントとの相談をご希望ですか

当社の仕事は業界に関する専門知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

お客様へのご提案