Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

MGEオートメーション社は完全統合のパッケージングスイートを提供

과제

  • MGEオートメーション社は、シリアルバーとスナックの主要な生産者に新しい包装ラインを展開することを任された。このラインは、既存の上流と下流のインフラとの緊密な統合を提供する必要があった。

솔루션

결과

  • 完全に統合されたハードウェアとソフトウェアソリューション
  • ラインに沿った使い慣れた運用ソリューション
  • EtherNet/IPネットワークで配線を低減
  • リアルタイムの製造データへのアクセス
  • コネクテッドエンタープライズの利点へのアクセス

背景

英国のウェストベリーに本拠を置くMGEオートメーション社は、包装業界での40年以上の経験に裏付けられた、幅広い機械的および電気的サービスを提供しています。

同社の顧客は、生産量の増加、老朽化した機器や古い機器の交換、新しい生産ラインの確立、またはメンテナンスとサポートの契約を求めています。

サービスの一環として、システムおよび電気制御設計から、機械の設置、メンテナンスに至るまで、プロジェクトのすべての要素を提供できます。

最近のプロジェクトでは、多くの大手食品小売業者向けの朝食用シリアルおよびシリアルバーの大手メーカであるデェリサー社から、冷却トンネルの終わりから一次包装と二次包装への製品の搬送を含む完全なシリアルバー包装ラインの開発と設置を任されました。

課題

これはデェリサー社の工場の完全に新しいラインであり、既存のシステムがなかったため、ベースとなるテンプレートはありませんでした。

キッチンシステムで使用される正確な供給、混合、バッチ処理プロセスのため、新しいラインは非常に緊密に統合され、ラインのすべての要素が互いに調和して機能することを保証する必要がありました。

ラインのコンポーネントが異なるため、効果的なマシン間通信も重要でした。

最適なスループットを達成するために、行分散システムは両方のラッパーと「会話」する必要があり、両方のラッパーはラインの最後でカートンと「会話」する必要がありました。

ラッパーはまた、すべての軸がしっかりとロックされた、非常に正確な通信を要求するもう1つの側面で、かなりの量の精密な運動を必要としました。

ソリューション

MGEオートメーション社は、コンベア、列分配システム、バッファー、2つのフローラッパー、カートン、およびチェック計量機周辺のコンベアなど、ラインの包装システムの主要な要素を提供しました。

このラインを制御するために、MGEはロックウェル・オートメーションのIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)制御プラットフォームを求めました。ライン全体に配備された主要な制御製品には、Allen-Bradley®のCompactLogix™プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)、コンベアシステムのAllen-Bradley PowerFlex®可変周波数ドライブ、行分配ソリューションのCompactLogix PACおよびAllen-BradleyのKinetix®サーボドライブ、および2つの高速フローラッパーそれぞれのtAllen-BradleyのControlLogix® PACがあります。

オペレータ制御と対話のために、各マシン(合計5台)には、Allen-BradleyのPanelView™ Plus HMIが搭載されています。主要な制御製品を完成するのは、Allen-BradleyのGuardmaster®ベースの安全ソリューションで、すべての信号をプライマリコントローラに戻します。

デェリサー社の施設に導入された2つの(LH & RH)フローラッパーは、実際には以前はモーションのための機械的なカム機能ソリューションが搭載されていた整備済みのマシンでした。

MGEオートメーション社は、機械的な制御要素をKinetixサーボベースのソリューションに置き換えることができました。MGEオートメーションの業務執行取締役であるマーク・ゲリッシュ氏は、次のように説明しています。「過去に何度もこのような変更を行なってきました。」

「私たちはLogixプログラミング環境に関する深い知識を持っており、カムベースのシステムを最新の統合制御ソフトウェアによって駆動される最新の電気機械ハードウェアソリューションに置き換えることに慣れています。」

さらに彼は続けます。「供給コンベアと列分配ソリューションは両方ともカートンと同様に新しいコンポーネントでしたが、カートンの制御をより強力なパッケージを提供するAllen-Bradleyのコンポーネントに置き換えました。」

ライン全体は、Allen-BradleyのPOINT I/O™モジュールを備えたStratix®スイッチが管理するEtherNet/IP™通信ネットワーク上で動作します。これは、エンタープライズソリューションおよび重要なキッチン機器へのシームレスな通信も提供します。また、Allen-Bradleyのソリューションに基づいていました。

EtherNet/IPバックボーンと統合ハードウェアの使用により、デェリサー社はコネクテッドエンタープライズの利点を活用できます。

実際、将来の計画には、計画と生産のメトリクスを中心としたより良い意思決定を行なうために、リアルタイムの製造データの活用が含まれます。

結果

ゲリッシュ氏は次のように述べています。確かに、ロックウェル・オートメーション製品は常に機能し、必要なことを正確に行なうことができるため、常に使用するよう努めています。

まったく新しいラインとして、これはパッケージエリアに空白のキャンバスがあり、キッチンからラインの最後までずっとデェリサー社の大きな空白のキャンバスの一部を形成したため、興味深い提案でした。

キッチンシステム自体も高度に自動化されており、そのほとんどが混合、バッチ処理、温度制御、押出、エンロービング、ギロチンによる切断など、ロックウェル・オートメーションのソリューションで制御されています。

さらに彼は続けます。「この場合のデェリサー社の主な利点は、接続され統合された制御ソリューションによって提供される機能に基づいています。

単一のプラットフォーム制御ソリューションは、最適なデータパスを提供するだけでなく、キッチンから最終的な二次包装まで、ラインのすべての要素に沿って使い慣れた外観と操作性を提供します。

デェリサー社が求めていたスループットと効率の目標を確かに達成し、必要に応じて実際にラインがより高いスループットを提供できる可能性がありますが、これは処理中の製品に依存し、梱包前のキッチンで必要な時間とバランスを取る必要があります。

Allen-Bradleyのソリューションは、ハードウェアとソフトウェアの密接な統合とプラグ&プレイ設計により、よりシンプルで簡単なアップグレードパスも提供します。

これは、注文書が増大しているデェリサー社にとって特に重要です。」

リアルタイムの実稼働データに基づいてより良い意思決定を下す機能は、コネクテッドエンタープライズの重要な側面です。

このデータ対応のインフラにより、デェリサー社は生産運用に関する新たな洞察により、生産性を向上させ、運用パフォーマンスを最適化することができます。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You