Loading

製薬業界向けのビル管理システム

バイオ医薬品業界向けの環境モニタとHVAC妥当性確認

Main Image

製品の製造環境は直接その品質に影響します。重要な環境条件を監視し制御することは、品質を確保し規制遵守を徹底するうえで有効です。当社が提供する検証済みのビル管理システムは、プロセス制御と環境管理を統合、医薬品の生産性向上と品質改善をサポートします。


品質改善。コスト削減。検証作業の簡易化。

全社レベルで統合ソリューションを導入し、製品品質の一貫性を達成

医薬品の生産で複数のシステムを使用して重要なプロセスを制御することは、大幅なコスト上昇と、規制遵守や品質問題の増加につながります。プロセスオートメーションと環境モニタ、ビル管理を統合した1つのプラットフォームにすれば、すぐにメリットが見込めます。

ビル・オートメーション・システム向けの当社ソリューションは、PlantPax®プロセス・オートメーション・システムとIntegrated Architecture®システムを基盤に構築されます。拡張可能で可用性の高い統合ソリューションがあれば、異種混合プラットフォームの妥当性確認の必要性がなくなります。データ構造の統合、検証や文書化作業の低減、市場投入までの時間短縮を目指すなら、設計およびテスト済みの暖房、換気および空調(HVAC)制御モジュールとライブラリ、テンプレートを活用することをご検討ください。

運用や計装から設計、検証、立上げ後のサポートまで、完全なターンキーソリューションをご用意しています。当社のお客様は次のようなさまざまなメリットを得ています。

  • 製品のばらつきの削減
  • 共通する保守戦略および予備部品在庫の削減
  • エネルギーコストの削減
お客様の声
「1つの共通するプロセスを使用してオートメーション・システム・プラットフォームを構築することに、実装コストとライフサイクルコストの利点があることを見出しました。」

大手製薬会社

オートメーションによる運用効率の向上

生産とビル管理の統合による品質向上

バイオ医薬品メーカは、コンプライアンスに影響を及ぼす可能性のある、生産とダウンタイムへの影響を回避する必要があります。統合型制御ソリューションを導入して業務の最適化を図られたお客様の事例をご紹介します。このソリューションは、全社的な報告データへのリアルタイムアクセス、より効果的な意思決定、エネルギー消費の低減を実現しました。

導入事例をさらに表示する
当社コンサルタントとの相談をご希望ですか

当社の仕事は業界に関する専門知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

お客様へのご提案