Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

スマートマシンが安全規格の遵守を容易にし、生産性を向上

Main Image

課題

  • ユーザが生産を改善するために利用できる最も強力な要素、つまり独自のリアルタイムデータをより効果的に活用できるようにするスマートマシンとスマート機器を作成

ソリューション

結果

  • ユーザは、安全開発全体を通じてコンプライアンスの管理、文書化、確認を支援する単一のツールスイートを持つことができた。

実行中のソリューション

ヤロン社は1983年に温州市を本拠地とする中国の国家ハイテク企業として設立されました。専用の教育/トレーニング機器サプライヤとして中国の業界リーダとして知られており、10,000以上の技術学校、専門学校、大学などの中国の教育機関にサービスを提供しています。

統合ソリューションだけでなく、さまざまな業界のお客様にコンサルティングサービス、カリキュラム開発、高度なトレーニング、オンライン教育、その他の人材トレーニングも提供しています。

ヤロン社は、ユーザが生産を改善するために利用できる最も強力な要素、つまり独自のリアルタイムデータをより有効に活用できるようにするスマートマシンとスマート機器を作成します。

YL1805Bギアボックス・アセンブリ・マシンのようなスマートマシンは、以下を提供します。

  • 実用的な情報に変えることができるリアルタイムデータへの前例のないアクセス。きめ細かいデータをログに記録して分析し、従業員がより適切な意思決定を行ない、最終的に機器と製造プロセスを最適化できるようにすることができます。運用効率、品質、出力を向上させます。
  • EtherNet/IPなどのオープンな標準ネットワークアーキテクチャを介した優れた接続性により、リアルタイムの連携と、上流と下流、および企業全体でのデータ共有が可能になります。

スマートマシンはリアルタイムデータを提供

YL1805Bギアボックス・アセンブリ・マシンは、統合安全システムを備えたスマートマシンの機能を実証します。

FactoryTalk® View SEおよびPanelView™ Plusグラフィックターミナルを活用して、非常停止、ライトカーテン、スキャナ、ドアスイッチなどの安全システムのリアルタイムステータスを表示できます。FactoryTalk® Metricsシステムは、マシンのパフォーマンス、安全イベント、安全理由コードを収集して報告します。機械稼働時間、1日当たり1時間当たりに組み立てられたギアボックスの数、および品質を含むOEEを含むパフォーマンスデータが表示されます。また、イベント(アイドル、フォルト、安全)のまとめを含むダウンタイムレポートや、毎日の安全発生レポートも生成します。

スマート・セーフティ・ツールは規格遵守を容易にする

現在、ユーザは単一のツールスイートを使用して、安全開発全体を通じてコンプライアンスの管理、文書化、および確認を支援しています。ロックウェル・オートメーションの安全ライフサイクルツールキットは、ISO 12100ISO 13849、およびANSI B11:0規格で定義されているように、機械の安全ライフサイクル全体を完了するための1つの環境をエンジニアに提供します。

これらのツールは、1つの環境内での機械の安全ライフサイクルの手順をエンジニアに案内し、国際規格への準拠を示す文書を提供します。ユーザは、入力、ロジック、出力デバイスなど、個々の安全機能のすべての要素を選択でき、SISTEMA (機械設計評価用の安全統合ソフトウェアツール)の計算ファイルを受取り、安全遂行レベル(PL)の要件が満たされていることを確認します。

ツールキットには、ロックウェル・オートメーションのSafety Automation Builderソフトウェアツールの新しいバージョンが含まれています。これは、他の2つのツール(SolidSafeのRASWinソフトウェアツールとロックウェル・オートメーションのConnected Components Accelerator Toolkit (CCAT))と統合されています。RASWinリスク・アセスメント・ソフトウェアの統合により、ロックウェル・オートメーションのサブスクリプションを持つユーザは、リスクアセスメントを実施し、機能仕様を定義し、ツールキット内で安全システムの検証を完了することができます。文書はプロジェクトごとに完全かつ一貫しており、標準化されているため、これによりコンプライアンスプロセスが容易になります。

機械安全リスクアセスメントと安全規格ISO 13849の結果に基づいて、このスマートマシンは統合安全のためのカテゴリ3/PLdを満たしています。さらに、安全ライフサイクルツールキットおよび安全評価は、最終的にエンドユーザの安全規格の遵守を容易にし、コストを削減するのに役立ちます。

機械安全機能

統合安全ソリューションで人と生産性を保護するYL1805Bギアボックス・アセンブリ・マシンには、さらなる機械安全機能が含まれています。

  • 非常停止(E-stop): E-stopは、機械とコンベアの動きをすぐに停止します。
  • GuardShield™ Micro400セーフティ・ライト・カーテン: 追加の出入り口保護を提供し、機械の動きを停止します。ライトカーテンがリセットされると、安全ループが自動的にリセットされます。
  • 440G-LZガード・ロック・セーフティ・スイッチ : ドアが開いているとき、出力信号はアームとコンベアを制御します。
  • SafeZone™セーフティ・レーザ・スキャナ: コンパクトなデバイスは、機械に近づく人物をモニタします。人が保護領域を離れると、安全回路が自動的にリセットされます。
  • Compact GuardLogix® 5370セーフティコントローラ: Integrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムの一部として、これらのコントローラはには安全機能が組み込まれており、安全性能が世界的に認められた規格(カテゴリ3/ISO 13849-1)を確実に満たすようにします。
  • IO-Linkテクノロジを備えたスマートセンサ: センサを当社のコネクテッドエンタープライズに統合し、コントローラに診断と詳細で正確なマシンの健常性状態を提供して、稼働時間を改善します。

Allen-Bradley, FactoryTalk, GuardSield, GuardLogix, Integrated Architecture, PanelView, Rockwell Automation, およびSafeZoneは、Rockwell Automation, Inc. の商標です。
EtherNet/IPはODVA, Inc.の商標です。

Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業に所有されています。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案