Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

象徴的なオーストラリアのビスケット製造メーカがアデレード生産プラントをアップグレード

ビスケットの生産を柔軟かつ生産的にする

과제

  • 計画外のダウンタイムによる生産損失なしで、製造工場の柔軟性と運用効率を向上させる。

솔루션

  • 制御システムの移行 - 旧式のSLC™コントローラはRSLogix™プロジェクト移行ツールを使用してControlLogix®に移行された。
  • インテリジェントモータ制御 - 冷却システムとコンベア用に7台の新しいPowerFlex® 525ドライブが設置され、コントローラとドライブ間の接続によりリアルタイムの診断情報が提供される。

결과

  • エンジニアリング時間の短縮 - プログラミングソフトウェア、コントローラ、およびI/Oモジュール間の統合により、開発時間を短縮してコストを削減
  • スマートマニュファクチャリング - 新しいシステムにより接続性と柔軟性が向上

アーノッツ社は、アジア太平洋地域で最大の食品会社の1つです。過去1世紀に5万人以上のオーストラリア人がアーノッツ社で働いてきました。

今日、アーノッツ社はすべての州と準州で約2,200人のオーストラリア人を雇用しています。同社はまた、ニュージーランド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、日本などの国々で、アジア太平洋地域全体で数千人を雇用しています。

過去152年間で何百万人ものオーストラリア人がアーノッツ社とともに成長してきました。彼らにとって、アーノッツは単なる食品会社ではありません。これはオーストラリアの歴史の一部であり、国民的象徴です。アーノッツ社のブランドには、Tim TamShapesIced VoVoSAOVita-WeatSaladaTiny Teddyなどの一般名が含まれています。

消費者は高品質と多様な製品を求め続けているため、食品および飲料メーカは、消費者の嗜好の変化と生産ラインの柔軟性の向上に対するより機敏な対応の開発を支援するために、新しいテクノロジに積極的に投資しています。

アーノッツ社は、さまざまな世代の人々が楽しんでいるさまざまな甘くておいしいビスケットを生産しています。実際、アーノッツ社はオーストラリアのビスケット施設に約25億ドルを投資しました。

アデレードにある同社の製造工場では、年間約10,000トンのビスケットを生産しています。ローカルおよびグローバルな消費者需要の増加に対応するため、アーノッツ社は最近、ビスケット生産の柔軟性と俊敏性を向上させる制御およびHMIシステムのアップグレードであるプロジェクトFLEXに着手しました。

俊敏性と柔軟性

プロジェクトFLEXに着手するときアーノッツ社は長年のオートメーションおよび制御プロバイダであるSAGEオートメーション社を呼び出すことをためらいませんでした。SAGEのシニアシステムエンジニアであるスチュアート・ミッチェル氏に次のように述べています。「過去20年間、アデレードのアーノッツ社で働いていたため、工場に精通しています。それはすっかりロックウェル・オートメーションのサイトであり、アップグレードを支援するよう自然に呼びかけました。」

国際市場への拡大とそれに続く生産量増加の需要により、アーノッツ社が製品の一貫性を維持しながらビスケットをあらゆるラインで実行できることが重要となりました。

プロジェクトの第1段階では、旧式のオーブンコンベアのPLCハードウェアを更新して、オペレータが新しい生産注文を読み込む方法を改善しました。これには、同じラインで異なるレシピを保存、選択、生産できる機能が含まれます。また、制御システムとHMIの再プログラミングを含む、コンベア用の2つの新しい冷却システムの設置も含まれていました。

この新しいシステムにより、アーノッツ社は各ラインの柔軟性を向上させることができ、ヒューマンエラーの許容範囲を削減します。

制御システムのアップグレードでは、保守コストを削減し、生産ラインの柔軟性を高めるために、旧式のSLC™コントローラをAllen-Bradley®のControlLogix®に移行する必要がありました。制御システムのアップグレードのリスクと費用を正当化することは、当初は困難に思えるかもしれませんが、産業用モノのインターネット(IIoT)を活用する最新のテクノロジに投資することは、製造メーカがスマートマニュファクチャリングの利点を実現するのに役立ちます。

ロックウェル・オートメーションのソリューションアーキテクトであるジョナサン・フットマンが説明したように、「プラントフロア全体で接続性が高まると、テクノロジの実装が容易になり、コネクテッドエンタープライズの実現に向けてスマートマニュファクチャリングと進歩が可能になります。」

プラントを稼働させ続ける

プラントを稼働し続けるために、アーノッツ社はロックウェル・オートメーションのIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムに固有な柔軟性を活用して新しいコントローラへの段階的な移行を行ないました。

ControlLogix制御システムは、モジュール式アーキテクチャとさまざまなI/Oおよびネットワークオプションを提供します。プログラミングソフトウェア、コントローラ、およびI/Oモジュール間の緊密な統合により、試運転時および通常動作時の開発時間が短縮され、コストが削減されます。

エンジニアリング時間を短縮するために、SAGEは最初の段階で既存のSLC I/Oを使用し、続いてDeviceNetにイーサネットPOINT I/OとFLEX I/Oを追加しました。RSLogix™プロジェクト移行ツールを使用して、ControlLogixコントローラを簡単にインストールしました。

フットマンは次のように説明します。「工場の大部分はイーサネットを使用していますが、DeviceNetとDH+™を介して通信する機器がまだいくつかあります。ControlLogixを使用することで、コントローラが3つのネットワークすべてと互換性があるため、潜在的な統合の問題が克服されました。この柔軟性により、アップグレード全体を一度に実行するのではなく、段階的にアップグレードを実行できました。」

アップグレード中の生産ロスの削減には多くの課題がありますが、この場合、慎重な計画と移行への段階的なアプローチのおかげで、アップグレードは生産ロスなしで完了しました。

柔軟なビスケット生産の推進

アーノッツ社はアップグレードの一環として幅広いモータ制御を提供する7台の新しいPowerFlex® 525ドライブを設置しました。SAGEは、既存のコードを使用して、新規および既存のイーサネットおよびDeviceNetネットワークの両方にドライブを統合しました。新しいプラットフォームに移行すると、運用効率が向上し、プラントの制御システムが一元化されました。

さらに、アーノッツ社はイーサネット上のPowerFlex可変周波数ドライブのインテリジェンスを活用して、オペレータがプラントのリアルタイム情報にアクセスできるようにしました。

ミッチェル氏は次のように説明します。「ドライブをアップグレードする前に、オペレータは非常に時間のかかるアナログセットポイントを使用してフィードバックを実行する必要がありましたが、イーサネット上のPowerFlexドライブでは、すべての診断にリアルタイムでアクセスできます。 また、ドライブの設置面積が小さく、必要なパネルサイズが小さくなります。」

HMIの設計と機能がアーノッツ社の仕様に従って更新され、異なるラインナップを同じラインで保存、選択、生産できる機能など、オペレータが新しい生産注文をロードする方法を改善しました。

SAGEは、HMIソリューションを設計、プログラム、およびインストールして、オーブンごとに多数のレシピを作成および保存できるようにしました。レシピ管理ページにより、各オーブンは事前にプログラムされたコンベアパス、ライン速度設定ポイント、および変数を含むレシピを保存できます。

新しいHMIシステムはPanelView™ターミナルを使用して、ページ数を約70からわずか20へと減らし、各コンベアに手動制御と速度設定を備えた独自のポップアップを表示することでイベントを簡素化します。

この新しいシステムにより、アーノッツ社はヒューマンエラーの範囲を減らして各ラインの柔軟性を高めることができます。アーノッツ・ビスケット社のエンジニアリングマネージャであるアンドレ・スプアー氏が次のように述べています。「SAGEは、生産の損失やダウンタイムなしで、PLCHMIをアップグレードしました。このような大きなアップグレードであったことを考えると、これは素晴らしい結果です。」

一元管理された生産

制御システムの移行に対して段階的なアプローチをとることにより、複数の製造管理ソリューションが計画外の生産中断なしで提供されました。システムは集中管理され、すべての冷却システムが集中管理されたControlLogixコントローラからモニタおよび制御されました。

スプアー氏が次のように説明します。「この変更により、施設の柔軟性が向上しました。 選択とセットアップのプロセスが簡素化されたため、オペレータのミスが減り、業界内で十分にサポートされている施設のコンベアと冷却システムに制御システムが提供されました。」

アップグレードのおかげで、アーノッツ社は製造業務の柔軟性と俊敏性を高めるという高まる需要に対応できるようになりました。プラントフロア全体の接続性を高めることにより、彼らはスマートマニュファクチャリングの利点を実感し、この基盤の上に段階的にコネクテッドエンタープライズに向けて作業することができます。

Allen-Bradley, ControlLogix, DH+, PanelView, PowerFlex, Rockwell Software, RSLogix,およびSLCは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You