Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

アジャイルなEVパワートレインラインの背後にある新しいエンジン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Bill Sarver
Bill Sarver
Senior Consultant, Global Automotive Industry, Rockwell Automation

10年後の自動車市場はどのようになり、どのように準備すればよいでしょうか? それは、私が業界コンサルタントとしての仕事で遭遇するパワートレインプラントの担当者の頭の中で最も重要な質問です。

私たちが自動車業界で真に革命的な時代の真っ只中にいることを考えると、答えるのは簡単な質問ではありません。ガソリンやディーゼルを動力とする自動車に対する地域の排出義務と今後の禁止に対処するために、製造メーカは電気自動車(EV)への焦点を強化しています。

成熟した自動車メーカは、ガス燃焼エンジンの開発を完全に断念し始めています。EVの新興企業は、市場シェアを競っています。そして、すべてのプレーヤーは、一方では自律型で接続された車両を特長とし、もう一方ではよりパーソナライズされた車両を特長とする未来のために、パワートレインとEVドライブトレインを最適化することに熱心に取り組んでいます。

よく使われている言葉に言い換えると、「新しい」パワートレインビジネスの唯一変わらないことは変化です。

そして、今後数年で業界の勝者となるのは、製造ラインとプロセスを迅速に変革して新しいテクノロジを活用し、市場の需要を満たすために迅速にスケールアップできる人です。

EVパワートレイン製造の俊敏性への障害

コンピュータ支援設計(CAD)、製品ライフサイクル管理(PLM)、およびオートメーションプラットフォームは、製造計画および設計を合理化する上で長い道のりを歩んできました。これらのシステムはスマートデバイスセンサMES、およびIoT分析を組み合わせて、状況に応じた情報を提供し、運用を最適化し、継続的な改善を導きます。

しかし、既存のシステムの多くは、1つの重要な点で不十分です。設置する前に、製品設計やライン構成の選択による影響をテストして評価することはできません。

言い換えると、この新しいステーションまたはプロセスをEVパワートレインラインに追加した場合、または最初に1時間当たり30の作業を実行するように構成されたラインを45の作業を実行するように増やしたとするとどうなりますか? 全体的なパフォーマンスを向上させる選択肢は何ですか? ラインを再調整するための最良の方法は何ですか?

製造中または設計プロセス中に、重要な設備投資が行なわれる前に、物流、品質、または人事の問題に迅速に対処できることは、製造の俊敏性と成功にとって重要です。

デジタルツインがライフサイクル方程式をどのように変えるか

ダイナミック・デジタル・ツイン・ソフトウェアの進歩に伴い、旧式のパワートレインおよび新しいEVドライブトレインの生産者は、答えと製造ライフサイクルを管理するためのより良い方法を求めて仮想世界に目を向けています

デジタルツインは、CADおよびPLMシステムに直接接続することで作成される物理的な製造システムのデジタルモデルであり、さらにシステムの操作ロジックも含まれます。その結果、実際の制御システムを使用する製造ラインが仮想的に正確に表現されます。

デジタルツインを使用すると、仮想世界でパワートレインまたはドライブトレインのラインの設計のプロトタイプを作成し、構築または試運転を行なう前にパフォーマンスをテスト、デバッグ、および検証できます。

次に、システムのライフサイクル全体でラインをエミュレートして、パフォーマンスをモデル化し、新しい製品と構成をテストします。デジタルツインは、センサによって取得された使用状況データと物理世界のオートメーションを活用して、現在の運用と潜在的なボトルネックを明らかにする全体像を提供します。

より良い意思決定により、新しいテクノロジの実装リスクを低減

簡単に言うと、ダイナミック・デジタル・ツインは、システム設計の選択の影響を明確に示すことにより、イノベーションに関連するリスクを軽減するのに役立ちます。

デジタルツインにより、EVドライブトレインとバッテリモジュール/パックの生産者は、製造ライフサイクルに新しい方法で取り組み、テクノロジと市場の発展に対応する真に俊敏な環境を構築できます。

ロックウェル・オートメーションのダイナミック・デジタル・ツイン・ソリューションが、より俊敏な製造プロセスの実現にどのように役立つかについてご覧ください。

また、EVメーカが市場への競争に勝つために役立つその他の方法を発見してください。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You