Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

不可能ではない!モータ耐用期間の予測

機械の酷使。誰にでも経験があるのではないでしょうか。

例えばゴミ処理機。大きすぎるものや硬すぎるものを通してしまったときにモータがブーンと苦しそうに唸る音が聞こえてくると、いったんモータを停止させ待つ必要があります。私たちがすぐに対処できなくても、セーフティスイッチが作動して過熱を防止してくれます。

ただし、そんなことが頻繫にあると耐用期間は短くなります。

それは、機械的荷重の原動力であるモータでも同じです。酷使されたモータは過熱します。それを停止させてクールダウンし再び使えるように待つ間、ダウンタイムが発生します。

従来のモータ保護技術では、モータを停止させて保護するという方法が採用されています。しかしそれでは問題を防止するのではなく(問題発生後)対応するだけです。その間、生産業務はモータが回復するまで停止し、何十万ドルもの収益損失となるリスクが発生します。

そこで、電子機械式のソリューションではなく、電子ベースでモータを電子的・機械的にモニタするオプションがあります。これなら、モータ故障の原因や時期を予測でき、問題が起こる前に先手を打つことができます。たとえモータが故障しても、診断機能のおかげですぐに問題が解決します。

電子過負荷リレー(電子式モータ保護)と状態モニタ装置(機械式)の秘密は、モータ内で何が起こっているかといった情報が外から把握できることです。モータの故障時期がかなり正確に予測できるため、どのような手を打つべきか先回りして考えることができるのです。

現場では1秒1秒が致命的です。例えば今、セメントを攪拌していて、残り時間が30秒となり、45秒後にはモータがトリップするとします。この場合、作業を続けてもバッチやモータに問題が生じないことはわかっています。必要な情報があり、より適切な決定を下すことができるためです。

これはデータ活用法のほんの一例です。例えば、エネルギー管理契約を結んでいる場合は、エネルギー使用量削減の時期が来たら(年に数回あります)、電子過負荷リレーから提供されるデータによってモータごとの電力使用量(kW)を評価し必要性の低い負荷から停止させることができます。

この先進技術は、現在電話による一般的なモータ保守手段をご利用の場合に特に有用です。

モータがトリップするかどうかその時点になるまでわからず、そうなってはじめて保守に電話するというケース。本当によくあることですが、これでは時間がかかりすぎます。そうではなく、電子式モータ保護なら停止する前に制御ステーションに信号が送られ保守にもメッセージが送られるため、たとえモータがトリップしてもデータをすべてとってあれば、後ほどそのことを検証し将来同じ問題が起こるのを防ぐことができるのです。

また、電子過負荷リレーと状態モニタソリューションは従来の技術に比べ費用がわずかで済むという点も魅力です。

一度、御社の電子モータアプリケーションをご確認ください。プロセス上危険なアプリケーションはありませんか。もしあるなら、それに伴い発生するダウンタイムのコストをご存知ですか。御社アプリケーションにぴったりのモータ保護状態モニタソリューションを見つけ、予想外のダウンタイムを防止してください。


Bill Martin
Bill Martin
Product Manager, Electronic Overload Relays, Rockwell Automation
Bill Martin
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You