Loading

状態モニタ

状態モニタ製品を使用することで、装置故障の可能性を検出でき、プラントフロアでの生産性が低下する事態を回避できます。当社では、リアルタイム保護モジュール、センサ、携帯型機器、および監視ソフトウェアを提供しています。XM®シリーズのインテリジェントI/Oモジュールでは、産業用機械の現在の状態を評価して将来の状態を予測する際に使用される重要なパラメータをリアルタイムで処理できます。XMモジュールは、スタンドアロン型システムにも、また、既存のオートメーションシステムおよび制御システムにも使用できます。

Dynamix™ 1444一体型状態モニタシステムは、機械の保護と標準的な制御システムを統合しています。Studio 5000™ Designerソフトウェアを使用すると、単一の設計環境でシステムを構成できます。EtherNet/IPが単一ネットワークインフラ基盤とデュアル・ポート・イーサネットを提供することで、回転機械や往復機械を保護する単一の制御アーキテクチャを提供する、リニアおよびデバイス・レベル・リング(DLR)トポロジをサポートします。

1444 Dynamix

Bulletin 9309 Emonitor®状態モニタソフトウェアは、当社のモニタや携帯型データコレクタと連動し、状態に基づく予知保全プログラムを作成・実行するのに役立ちます。

9309 Emonitor Software
保護モジュール

保護モジュールがオペレータに警告を発し、重大な損傷や致命的な故障が発生するおそれがある深刻な状況が検出された場合は、機械を直接シャットダウンします。

Main Image
標準ダイナミック測定モジュール

Bulletin 1440 XM®124標準ダイナミック測定モジュールは、回転機器のシャフト、ケーシング、および台座の振動を監視します。

Main Image
ダイナミック測定モジュール(ControlNetネットワーク対応)

Bulletin 1440 XM®ダイナミック測定モジュール(ControlNet™ネットワーク対応)は、回転機器の振動、圧力、張力を監視します。これらのモジュールは、1440 ControlNet™アダプタを介して接続されたControlLogix®コントローラと統合できるように設計されています。

Main Image
デュアル速度モジュール

Bulletin 1440 XM®220デュアル速度モジュールは、標準的なタコジェネレータからの入力を受け付けます。このモジュールは、デュアルチャネル、単一の冗長チャネル、または逆回転モードで動作し、センサでの速度、加速度、およびピーク速度の測定値の算出方法を制御します。このモジュールは、スタンドアロン型またはDeviceNet™ネットワーク上で動作し、リアルタイムデータおよびステータス情報を他のXMモジュール、プログラマブルコントローラ、分散制御システム、および状態モニタシステムに提供します。

Main Image
リレーモジュール

Bulletin 1440 XM® 441および442リレーモジュールは、追加のリレー、すなわち測定モジュールの複数のオンボードリレーが必要な場合にリレーソリューションを提供します。

Bulletin 1441 Dynamix™ 2500 の携帯型データコレクタは、さまざまな分析機能の評価、処理、表示、および保存を行なうことができます。これらはメンテナンスの必要性を予測し、主要な機械振動の診断を行なえるよう支援します。

1441 Dynamix 2500
状態モニタセンサ

当社の状態モニタセンサでは、苛酷な温度条件や危険な領域におけるほとんどのアプリケーションにおいて振動と位置を測定できます。

Main Image
渦電流プローブシステム

Bulletin 1442渦電流プローブシステムの直線距離は、0.25~29mm (9.8~1142 ミリインチ)です。このシステムは、シャフト振動、相/速度基準、およびロータ/スラスト位置の測定に適しています。

Main Image
加速度計

Bulletin 1443シリーズの加速度計センサは、産業用機械の振動を測定します。