Loading

拡張可能な生産管理

生産スピードと品質を最大化

Main Image

MESと高度なアナリティクスと組み合わせることで、デジタルトランスフォーメーション戦略に役立てることができます。

これにより高品質の製品を期限通りに生産するための、スピード、柔軟性、アジリティを実現します。柔軟性に欠ける旧式のプロセスにより生じる生産の遅延および品質リスクを、拡張可能な生産管理ソリューションを通じて最小化できます。 


重要な価値の促進

生産上のボトルネック

柔軟性に欠けるプロセスは生産の遅延を招きます。しかしリアルタイムな生産の可視性を実現することで、設定、プロセス、サイクルタイムを追跡し、ボトルネックを特定および解消することが可能です。

スクラップおよび修正作業

機械学習および予知保全を用いて、生産上の課題を事前に特定することで、スクラップ、廃棄物、修正作業をなくすことができます。

品質の変化

アナリティクスを製造で用いるメリットの1つに品質の向上が挙げられます。ダッシュボード形式のレポートにより、生産上の異常を特定し、根本的な問題を解決するための措置を即座に講じることができます。

コンプライアンス

生産に関するすべての入力データをキャプチャし、サプライチェーンを含む詳細なコンプライアンス記録を簡単に作成できます。 

人材不足

拡張済みの作業指示により、作業員はあらゆる生産指令の実行方法を把握できます。これにより変更内容に合わせて、適切な生産指示を実行し、ファクトリフロアの柔軟性を高められます。

LonzaはFactoryTalk InnovationSuiteを採用することで、サプライチェーンの統合を図り、運用、生産管理、アセットパフォーマンスを向上させました。

拡張可能な生産管理のメリットとは?

課題

相互接続されたデータにより、我々の業務形態は大きく変化しました。人々はカスタマイズされた商品、シームレスでパーソナライズされたエクスペリエンス、また即時アクセスを求めています。

高品質の製品を期限通りに生産するためには、スピード、柔軟性、アジリティが必要です。柔軟性に欠ける製造インフラにより、生産スケジュールの遅れやWIPの増加が生じていませんか。品質およびコンプライアンス基準を満たそうとすると、スクラップと修正作業が生じ運用リスクが高まる恐れがあります。

ソリューション

拡張可能な生産管理は、製造現場におけるアジャイルなプロセスの強化と企業全体の可視性を実現します。

高性能かつ専門的なこのソリューションにより、在庫コストを削減し品質を高めるとともに、市場の要望に応えることができます。また高度なツールとケイパビリティを通じて、WIPに関するインサイトの獲得、作業の簡略化、プロセス計画および品質の微調整が可能となります。

ソリューションのメリット

競争優位性を維持し、お客様の求める製品を提供するために必要な、プラントフロアのスピード、アジリティ、柔軟性を実現できます。また無駄な廃棄物やコストを生じさせることなく、高品質な製品を生産することが可能です。


MESおよびアナリティクスを通じた生産の最適化

意思決定アナリティクスを備えた最新の製造実行システムを用いることで、運用に関する高度なインサイトを獲得できます。


典型的なデジタルプラントにおける生産指示

10:00PM-製品はどこにありますか。


ソフトウェア
アナリティクスおよびIIoTソフトウェア

InnovationSuiteは、FactoryTalkアナリティクスとMESをPTC社のThingWorxおよびARテクノロジーと組み合わせたものです。これにより運用に関するインサイトの連携および改善が容易となります。

製品の生産を合理化

エッジ・ツー・エンタープライズのアナリティクス、機械学習、IIoTを駆使して運用の転換を図りましょう。

ロックウェル・オートメーションの専門家に相談する

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。