Loading

インテリジェントな資産の最適化

メンテナンスおよび機器コストの削減

インテリジェントな資産の最適化

製品およびプロセスは日々複雑性を増しており、計画外のダウンタイムや予期せぬ資本支出が生じることで、時間と費用の増大につながります。

インテリジェントな資産最適化ソリューションでは、リアルタイムのデータおよび拡張現実を用いて、故障を引き起こす前に機器の課題を予測し、問題の根本原因を特定することが可能です。

またリアルタイム監視と診断により、メンテナンスを事前管理する予測および処方的分析が可能となります。


重要な価値の促進

資産の健常性モニタリング

リアルタイム監視、診断、予測および処方的分析を通じて、資産に関する重要なインサイトを取得することが可能です。機器の運用状態を把握することで異常な状態を見極められるため、問題を特定するとともにダウンタイムへと発展する前に修復を行うことができます。 

予知保全

機器の故障を事前に予測することで、高額な費用と深刻な影響につながるダウンタイムを防止しましょう。プロアクティブなメンテナンスアプローチを通じて、予想される課題を特定するとともに、計画外のダウンタイムの発生と長期化を防ぎ、資産およびメンテナンス予算を最大限にいかすことができます。

インコンテキストのメンテナンス指示

あらゆる資産およびシステムから収集されたデジタルかつインコンテキストの最新情報を、メンテナンス作業員に役割ベースで一貫して提供します。シームレスで双方向のインタラクションと、必要なデータをすべて備え、マスターシステムに結果を記録します。

専門家による遠隔サポート

遠隔地の専門家と現場の技術者が素早く連携できるため、直接的なコラボレーションと支援が可能となります。いつどこでも必要に応じて専門知識が得られることで、トラブルシューティングを迅速化し機器の稼働時間を最大化できます。

InnovationSuiteを用いる自動車サプライヤーでは、オーブンセンサーデータを表示し、O2吸気口のアラームを24時間前に91%の精度で予測します。

インテリジェントな資産の最適化を最大限に活用するために

課題

製品の複雑化に対応すると同時にコストを削減を進めるという課題に直面している場合、計画外のダウンタイムや予期せぬ資本支出が、さらなる事態の深刻化を招きます。機器の故障を事前に予測することができれば、問題の根本原因を特定し、時間と費用の増大を防ぐことができます。

ソリューション

デジタル業務指示や作業のインコンテキストデータなど、必要な情報を入手することでユーザはより素早く対応することができます。

貴社にとっての意味

ワークフォースの力を最大化 課題解決にかかる時間を短縮することで、より多くの業務を遂行することが可能です。


インテリジェントな資産最適化ソリューションの概要

リアルタイムのデータおよび拡張現実(AR)を用いた、メンテナンスの事前管理に関する詳細はこちら


予知保全の価値を最大限に活用

予知保全を用いることで、課題を事前に予測し解決することができます。

ソフトウェア
Analytics & IIoTソフトウェア

InnovationSuiteは、FactoryTalk AnalyticsとMESをPTC社のThingWorxおよび拡張現実テクノロジーと組み合わせたものです。これにより運用に関するインサイトの連携および改善が容易となります。

ソフトウェア
FactoryTalk Analytics

FactoryTalk Analyticsでは、セルフサービスの機械学習およびデータマッシュアップによる意思決定が可能なため、ITやデータサイエンティストに依存する必要はありません。

ソフトウェア
ThingWorx IIoTプラットフォーム

ThingWorxを用いることで、スマートかつコネクテッドな製品、システムおよびオペレーションの革新を通して、高性能で使いやすいIoTソリューションをシームレスに構築することができます。

ソフトウェア
拡張現実

メディアコンテンツ/キャプチャ、2D/3Dコンテンツ、シーケンス、IoTデータ、リアルタイムのアノテーションを備えた指示を作成および提供します。スマートフォン、タブレット、ウェアラブル機器から展開およびアクセスすることが可能です。

ロックウェル・オートメーションの専門家に相談する

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。