Loading

プレスリリース

Recent ActivityRecent Activity

IT/OTコンバージェンスを加速する次世代エッジゲートウェイ

FactoryTalk® Edge Gateway™は、エッジからクラウドへのデジタルトランスフォーメーションを促進し、エンタープライズレベルでより価値の高いビジネスインサイトを解き放ちます。

IT/OTコンバージェンスを加速する次世代エッジゲートウェイ

ロックウェル・オートメーションは、IT/OTコンバージェンスを簡素化および加速するためにFactoryTalk Edge Gatewayを使用したエッジ戦略の最初の機能を導入しました。産業企業は、異種ソースからの運用データを集約し、ソースから関連するコンテキスト(プロセス条件、タイムスタンプ、マシン状態、その他の生産状態など)をIT層に追加するのに苦労しています。これは、企業レベルでゲームを変える可能性のある洞察を明らかにすることを妨げています。従来のゲートウェイソリューションはこれらの重要な課題に対処できませんが、FactoryTalk Edge Gatewayは、OTデータを最も重要なコンテキスト(エッジ)で強化するだけでなく、産業企業が競争力のための重要な洞察を引き出すことができるように柔軟な共通情報モデルでITアプリケーションに提供します。

このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。完全なリリースはこちらからご覧ください。https://www.businesswire.com/news/home/20201027005455/en/

FactoryTalk Edge Gatewayは、事前に構築されたデータ分析モデル、機械学習、カスタマイズされたアプリケーション、およびスケーラブルなコンピューティングの要素を含む、より広範なエッジプラットフォーム製品の重要な基盤です。これは、さまざまな業界や産業用IoT (IIoT)のユースケースに対応する、高く評価され広く採用されているFactoryTalk® Analyticsスイート製品に追加された最新の製品です。FactoryTalk Edge Gatewayは、PTCやMicrosoftなどのパートナシップにより、産業用デバイスからクラウドスペクトルまでのデジタル俊敏性を加速するロックウェル・オートメーションの戦略の重要な柱でもあります。

今日、産業施設は、非常に高速で大量のデータを生成する異種のシステムとデバイスで構成されており、その結果、データのサイロが大幅に増加しています。関連するOTデータの文脈を構築することにより、これらの産業データサイロ全体でドットを接続することは、より価値の高い実用的な洞察を生成するために重要です。さらに、産業用OTデータがITアプリケーションとOTアプリケーションの両方が理解できる論理データモデルにパッケージ化されていない限り、IT/OTコンバージェンスは大いに期待されています。

Fortune 100の大手製薬会社は、次のように述べています。「今日の旧式のシステムはIIoTに対応しておらず、データを収集および整理するためにさまざまなソフトウェアプログラムが必要です。既存のメソッドでは、収集された操作属性値のタイムスタンプが異なるため、データを一緒に同期することはできません。それと比べて、FactoryTalk Edge Gatewayは自動的にデータをつなぎ合わせ、事前構成された情報モデル階層を使用してデータをペイロードに配置します。関連するデータを収集して整理するための1つのソリューションを提供します。」

FactoryTalk Edge Gatewayの独自のデータ管理機能により、データサイエンティストまたはアナリストのデータを分析するための準備作業が最大70%削減され、高品質のOTデータが提供されます。基盤となる共通情報データモデルは、独自のロックウェル・オートメーションのFactoryTalk® Smart Object™機能によって調整され、オンプレミスまたはクラウドアプリケーションに効率的にマッピングして、企業全体の予測的洞察を生成できます。FactoryTalk Edge Gatewayは、Microsoft AzureやFactoryTalk® InnovationSuite™, powered by PTCなどのクラス最高のエコシステムソリューション、およびさまざまなビッグデータ、IIoT、クラウドアプリケーションと統合するように設計されています。

ロックウェル・オートメーションの情報システム製品管理担当ディレクタであるアルビンド・ラオは次のように述べています。「産業企業は、目標を達成するために実用的な企業レベルの洞察を必要としています。お客様は引き続きIT/OT統合を推進し、運用データを活用して洞察を推進しているため、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブを拡大するには、適切なOTデータの文脈を持つことが重要であることに気づいています。FactoryTalk Edge Gatewayを使用すると、この重要なOTの文脈を構築、維持、および強化するために必要な時間と労力を大幅に削減できます。これにより、お客様は分析を通じて2桁の運用改善を実現する機会を得ることができます。」

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。

FactoryTalkおよびInnovationSuiteは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

ソースバージョンはこちらからご覧ください。businesswire.com:
https://www.businesswire.com/news/home/20201027005455/en/


購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案