Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

リサイクル業者はインテリジェントモータ制御ソリューションを使用して稼働を簡素化

新しいテクノロジを導入したことで、リサイクル業者は設置されたマシンとデバイス間でデータの同期を効率的にとることができた

과제

  • 統合インテリジェントモータ制御システムで効率を向上
  • より少ないコストと少ないデバイスでネットワーク通信を改善

솔루션

결과

  • シンプルな構造でコストを削減
  • 強化された電力モニタおよび診断機能
  • リアルタイムのモータ診断情報はモータに問題があるときに積極的に示すため、オペレータは効率的なトラブルシューティングが可能

背景

このリサイクル業者の最新施設は、産業廃棄物の流れから亜鉛と鉛を回収することを専門としています。このプラントは、ウェルツキルン技術を利用して電気アーク炉(EAF)の鋼ダストをリサイクルします。

製鉄所で発生するEAFダストには亜鉛が含まれています。この新しい施設は、このダストからの亜鉛およびその他の金属の再生を専門としています。

リサイクル業者の主な製品は、粗酸化亜鉛(CZO)としても知られる酸化ウェルツです。この製品は。亜鉛製錬所で酸化亜鉛、硫酸亜鉛、または亜鉛地金に変換されます。リサイクル業者は、鉄精鉱であるウェルツ鉄製品(WIP)も生産しています。

このリサイクル施設は韓国にあり、年間11万トン以上のEAFダストを処理します。

課題

このリサイクル業者では、1つのキルンで年間最大110,000トンまでの鉄の粉砕からすべてに電力を供給しています。需要は高まっており、よりスマートなプラントに移行する必要性が高まっています。

新しいテクノロジとソリューションの利点を認識している経営陣は、小さな製品であるAllen-Bradley®のE300電子過負荷リレーから始めました。このリレーの柔軟設計、簡素化された配線、シームレスなLogix統合により、ネットワーク通信の障害が取り除かれ、稼働時間を最大化し、効率と生産性を向上させ、資産を保護するためのリアルタイム診断が提供されます。

この工場はいくつかのロックウェル・オートメーションの製品とソリューション(ControlLogix®制御システムSMC™ Flexソフトスタータ、およびイーサネットに基づくFactoryTalk® Viewを含むソフトウェア)を装備し始めました。

これは、E300電子過負荷リレーが韓国市場で初めて採用されたため、重要なアプリケーションでした。

ソリューション

リサイクル業者の主な目標は、施設内のデータ転送を簡素化することでした。E300は、設置されたマシンとデバイスの間でデータの同期を効率的にとることができるため、ネットワークにはより良い選択でした。

E300電子過負荷リレーのモジュール式設計により、リサイクル業者はアプリケーションを正確にニーズに合わせてデバイスを調整できました。ネットワークアドレス構成などのデバイス上の設定、工場出荷時のデフォルト設定、およびセキュリティ設定の復元には、さらなる利点がありました。

他の多くのロックウェル・オートメーションの製品が施設で広く使用されていたため、このソリューションは簡単に統合できました。あるサプライヤの製品を使用することで、信頼性の高いデータ転送を保証し、ゲートウェイデバイスがデバイス間でデータを同期することを避け、リサイクル業者が単一のインテリジェントモータ制御システムを統合する利点を完全に実現できるようにしました。

E300電子過負荷リレーに加えて、9セットのSMC Flexソフトスタータが設置されました。設置と立上げを支援するモジュール式設計と、柔軟な通信を備えたバックライト内蔵のLCDディスプレイにより、高度なモニタ、パフォーマンス、診断、保護を提供します。

内蔵の電流および電圧保護は、モニタ機器を追加することなく、強化された電力モニタおよび診断機能を提供すると同時に、地絡検出を可能にします。簡素化されたアプリケーションにより、セットアップ効率とプロセスの最適化が向上しました。

FactoryTalk Viewがインストールされていると、リアルタイムのモータ診断情報を簡単に提供して、モータに問題がある場合に積極的に示し、オペレータが効率的にトラブルシューティングできるようになりました。

E300過負荷リレーの通信オプションにより、オペレータはLogixアドオンプロファイル、Webブラウザ、およびフェースプレートを使用して診断情報を表示できました。単一の制御室でFactoryTalk Viewを使用すると、オペレータは1つのコントロールタワーを持つことができ、効率が向上しました。

さらに、イーサネットベースの単一ネットワークにより、世界中の他の施設内でデータの同期をとることができました。すべてのローカルデータは、グループの本社で表示およびモニタできます。データにはデバイスの状態に関連する情報が含まれ、場所に関係なくモニタできます。これは、リサイクル業者が将来「スマートファクトリ」を作成するための取り組み、またはERPレベルで接続された企業に不可欠です。

設置時に最小限のリスクにしか直面しなかったこと、提案されたタイムラインで完了したことを確認するために、ソリューションプロバイダであるAPTech社はモータ過負荷リレーに関する特定の知識を提供しました。APTech社のチームは、設置する前に旧式の製品の遡及分析を完了し、リスクを最小限に抑えた最適な移行ソリューションを定義しました。

結果

リサイクル業者の目標は、ダウンタイムを減らし、市場投入までの時間を短縮し、運用を最適化することでした。E300電子過負荷リレーを設置することにより、これらの目標は達成されました。

このシンプルで安全なアーキテクチャで1つのキルンが完成した今、このリサイクル業者はロックウェル・オートメーションの製品とソリューションによって生み出された改善の恩恵を受けることができました。

このインテリジェント・モータ・システムの節約量は4億ウォン/年であり、前年比で約50%の節約になります。

上記の結果は、このリサイクル業者での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Allen-Bradley, E300, ControlLogix, FactoryTalk, Rockwell Software, およびSMCは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You