Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

液体抽出ベーラーは廃棄物の利益を発見

ハーモニー・エンタープライズ社の効率的なソリューションは耐久性のある省スペース設計で、市場のギャップを埋め、優れたROIを実現

Main Image

課題

  • 中間サイズのボトラー、醸造業者、契約包装業者の量と設置面積の要件を満たす、費用対効果の高い液体抽出ベーラーを提供

ソリューション

結果

  • 自動サイクリングは、アルミニウム、PETまたはTetra Pakコンテナの高密度のミルサイズのベイルを効率的に提供
  • ステンレススチール製の構造であるため耐久性が向上
  • 縦向きでスペースを節約
  • 予想ROI: 12~18カ月

飲料メーカにとって、おいしく安全に摂取できるユニークな製品に対する市場の飽くなき渇望を満たすことは最前線にあります。しかし、収益性は、瓶詰めや流通から仕様外または期限切れの製品の廃棄まで、飲料のライフサイクル全体を管理することにもかかっています。

ハーモニー・エンタープライズ社のナショナル・セールス・マネージャであるニック・ロバーツ氏は次のように述べています。「製造メーカ、ボトラー、および契約包装業者は、生産プロセス中にリジェクトされた充填済み容器を効率的に廃棄する必要があります。さらに、販売前に有効期限に達したため返品された製品についても責任を負います。」

ミネソタ州を拠点とするハーモニー・エンタープライズ社は、グローバルな顧客ベースの廃棄物処理とリサイクル効率の改善に重点を置いています。同社の広範な製品ラインには、PLC対応の廃棄物梱包機と圧縮機が含まれており、多様な商業的および産業的要件に対応しています。

最近、ハーモニー社はExtractPack Pro中間液体抽出ベーラーを導入して、飲料廃棄市場での垂直ステンレススチール製のベーラーでは満たされていないニーズに対処しました。

適切なサイズで長持ち

ハーモニー・エンタープライズ社の新ビジネス開発マネージャであるレーン・パウエル氏は次のように述べています。「当社の研究により、液体抽出ベーラー市場のギャップが明らかになりました。業界の専門家は、できるだけスペースをとらない大容量の液体抽出ベーラーが必要だと言っていました。」

既存のオプションには、小規模な運用に最適な少量の手作業によるソリューションと、ミルサイズのベイルを生産するために設計された大量の水平ベーラーのみが含まれていました。ミルサイズのベイルは非常に密度が高く、最終的なリサイクルのためにミルに直接送ることができます。

新しいExtractPack Proは、これらのオプション間のニッチに適合し、垂直の省スペースの設置面積でミルサイズのベイルを生成します。この機械は、通常、1日当たり約1つまたは2つのリサイクル可能なアルミニウム、PETまたはTetra Pak®コンテナのミルサイズのベイルを処理する操作に適しています。各ベイルは、約21,000個の12オンスのアルミ缶に相当します。

そして、ExtractPack Pro長持ちするように構築されています。ユニークなニーズを満たすだけでなく、ステンレススチール構造を採用した市場で最初の垂直ベーラーです。

シンプルで効率的な操作

ExtractPack Pro液体抽出ベーラーは、Allen-Bradley®のMicroLogix® 1200コントローとAllen-Bradleyの押しボタンセーフティリレーセンサなどのコンポーネントを含むRockwell Automation®の制御プラットフォームをベースとしています。油圧駆動の機械は、シンプルで効率的なスタンドアロンな稼働を可能にし、ネットワーク統合のために簡単に構成できます。

標準的なアプリケーションでは、製品はホッパーに入れられ、コンベアによってベーラーの後ろまで運ばれます。ベーラーチャンバーがいっぱいになると、製品を圧縮するプラテンを自動的に作動させます。プラテンとチャンバーの床には「サメの歯」が並んでおり、容器が圧縮されてベイルを形成する際に容器に穴が開きます。ベイルがフルサイズに達するまで、機械はオンデマンドで循環し続けます。

ベイルがいっぱいになると、インジケータライトが点灯します。次に、オペレータは機械を停止し、ベイルを固定します。ベイルを安全に取り出せるようにするために、ベイルは機械の前面からパレットに油圧で排出されます。

稼働中、クローズドループの製品キャッチシステムが抽出された液体を捕えます。液体は、機械の2点から排出および収集できます。

パウエル氏は次のように述べています。「サイクルタイムは38.5秒で、マシンは非常に効率的です。36インチコンベアで製品を連続的に供給すると、ExtractPack Proベーラーは約46分でミルサイズのベイルを作成して排出できます。」

さらに、この機械には「スリープモード」が含まれており、製品を処理する準備ができたままで消費電力を抑えることができます。

素晴らしい投資収益率(ROI)獲得

ロバーツ氏は次のように説明しています。「多くの場合、中規模の生産者は、飲料容器を破壊してリサイクルするためにトン単位で支払います。新しいマシンは、省スペースの設置面積で必要な機能を提供します。そのため、現場で製品を自動的に破壊し、リサイクル業者に直接販売し、収益を回収できます。」

ハーモニー・エンタープライズ社は、お客様の投資収益率(ROI)1218カ月以内であると見込んでいます。

ロバーツ氏は次のように述べています。「これまでのところ、結果は非常に良好です。実際、最初に設置したときには、ExtractPack Proが動いているのを見た近くの会社から同様のシステムをすぐに要求されました。」

ロックウェル・オートメーションがどのように機械メーカのパフォーマンスを向上させるかをご覧ください。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案