Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

乳製品事業の最新化および競争力の取得

多面的なプラントにおいて、機械装置メーカであるクアルテック社はSkotidakis社の手作業による乳製品事業を完全自動化のシステムへと変換しました。

과제

  • ・既存の乳製品事業を拡大および改善して、製品の市場投入をスピードアップ

솔루션

결과

  • 生産性が20%向上
  • オペレータのエラーが95%削減
  • 歩留まりを改善

起業家精神は生きており、酪農業界でも健在です。ユニークで職人的な製品への前例のない関心が、乳製品メーカやチーズメーカに新しい製品ラインを探求するきっかけとなりました。そして、特殊製品の需要が増加するにつれて、多くは生産を管理し、生産能力を拡大するためのより効率的な方法を機器サプライヤに求めるようになりました。

クアルテック社のエンジニアリングディレクタであるドミニク・ロベルジェ氏は次のように述べています。「プラントの拡張は市場によって推進されています。製品が普及すると、酪農家は小売業者との契約上の義務を果たすために、多くの場合、非常に迅速に新しいラインを設置する必要があります。」

過去25年にわたり、クアルテック社はカナダと米国において150を超えるチーズ工場の拡張を実施しました。

ケベックに本社を置くクアルテック社は、医薬品、食品、乳製品の用途向けに、ステンレススチール製の機器、プロセスエンジニアリング、ターンキープロジェクトの実装を提供しています。チーズの加工技術に関する同社の専門知識は、牛乳の摂取からカード(凝乳)の変換と成形まで、完全な製造ラインを網羅しています。

自動プロセスと手動プロセスの組み合わせ

ロベルジェ氏は次のように述べています。「チーズの製造プロセスは、常に同じ方法で始まります。入ってくる牛乳はミルクタンカーからサイロに移され、低温殺菌システムにポンプで送られてから、さまざまなプロセスステップに分配されます。」

通常、新しい酪農場は自動化されたプロセスと手動のプロセスの組み合わせです。小規模な作業では、高温/短時間(HTST)の低温殺菌と定置洗浄(CIP)システムが自動化されますが、手動プロセスを使用して牛乳を他のステップにルーティングします。

ロベルジェ氏は次のように述べています。「例えば、私たちは約15年前にSkotidakis Goat Farmの工場設立をお手伝いしました。その時点では、完全自動化されたシステムは、職人技が必要とされるチーズとヨーグルトのメーカには適していませんでした。」

「スイング」エルボー接続を特長とする従来のフローパネルは、牛乳の受け入れに使用され、発酵タンクを満たしたり空にしたりするために使用されていました。

乳製品フローパネルは、中央にメインの供給ポートがあり、その周りに追加のポートがあります。牛乳は、ポート内のシングル・シート・バルブを介して特定のプロセスステップへと進路が変えられます。牛乳を移すために、オペレータは手作業で正しい供給ポートに接続して、押しボタンインターフェイスを使用してその流れを停止および開始します。

CIPシステムで使用される洗浄ソリューションには、追加のフローパネルとバルブが必要です。

限られたシステムの可視性

当初、フローパネルの構成はSkotidakis社の乳製品に適していましたが、容量が増加するにつれて課題が増えました。

ロベルジェ氏は次のように説明します。「オペレータはプロセスの可視性が制限されており、切換えが頻繁に行なわれていました。システムには近接センサがなかったため、エルボー接続が正しく配置されていることを確認する簡単な方法はありませんでした。」

その結果、シーケンスを開始するオペレータは牛乳が排水溝を流れ落ちたことや、間違ったタンクに流されたことをすぐに発見する可能性がありました。

さらに、この企業が生産する製品・品目の組み合わせがギリシャヨーグルトとフェタチーズから、ディップ、スプレッド、リコッタチーズのラインに増大するにつれて、全体的なシステムの複雑さが増しました。

プラントの統合

ロベルジェ氏は次のように述べています。「手動システムを使用して、新製品をオンラインで提供することは困難でした。Skotidakis社が新しいフェタチーズのラインの計画を立て始めたとき、彼らは工場全体を網羅し、運用を改善する自動化されたソリューションについて、私たちに連絡してきました。」

プラントを最新化するために、クアルテック社は、Allen-Bradley®のCompactLogix™コントローラ、およびAllen-BradleyのPanelView™グラフィックターミナルを備えたロックウェル・オートメーションのプラットフォームに基づく制御システムを選択しました。Allen-BradleyのPowerFlex® 525と753 ACドライブがポンプと混合アプリケーションを制御し、ソリューションはEtherNet/IP™ネットワーク上で統合されています。

流体のルーティングを最適化するために、クアルテック社は牛乳の受け入れプロセスを自動化し、既存のフローパネルを200の混合防止バルブに置き換えました。混合防止バルブにより、相互汚染のリスクなしに、同じバルブを介して牛乳とCIP溶液の両方を同時に流すことができるようになりました。

ロベルジェ氏は次のように述べています。「ミックスプルーフ・バルブ・クラスタはスペースを大幅に節約し、システムの複雑さを最小限に抑えます。 さらに、バルブはインテリジェントです。」

センサは、バルブが開いているか閉じているかを検出し、制御システムを介してシーケンスが検証されます。手作業で接続する必要はなくなりました。

多面的なプラントの拡張と最新化には、サイロ、発酵タンク、ギリシャヨーグルトのセパレータ、自動フェタ成形ライン、充填機、CIPおよびHTSTシステムなど、さまざまな新しいクアルテック社の機器も搭載されています。

より良い制御。並外れた結果。

ロベルジェ氏は次のように述べています。「今日、Skotidakis社の工場の生産のすべての段階は自動化されており、HMIやタブレットから制御できます。」

「乳製品工場の拡張と制御システムの最新化は通常、大きなメリットをもたらします」と、ロベルジェ氏は付け加えました。

この場合、Skotidakis社はオペレータのエラーを95%削減し、生産性を20%向上させ、歩留まりを改善しました。

Skotidakis Goat Farmの社長兼CEOであるJohn Skotidakis氏は次のように述べています。「クアルテック社の機能や能力を活用して工場のオートメーションをアップグレードすることで、一貫して歩留まりを改善し、複雑さや複合的な問題の発生を減らすことができました。これらの機能強化により、工場は顧客ベースを拡大し、効率を最大化することができました。」

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You