Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

韓国の重工業は統合パワーパッケージに依存

エンドユーザは大幅なコスト削減と簡単なスタートアップを実現

과제

  • 建造とスタートアップの遅れを防ぐ
  • 統合パワーパッケージ(IPP)のための単一プロバイダを特定

솔루션

  • IntelliCENTERテクノロジを備えたIPP、PowerFlex 755 ACドライブおよびE300電子過負荷リレーは、サプライチェーンとオペレーションを簡略化
  • ArcShield™およびSecureConnect™が安全とネットワークのオプションを拡張
  • 産業用データセンターは、仮想サーバから複数のオペレーティングシステムと複数のアプリケーションを実行

결과

  • 既存のパワー制御ソリューションと比べて30%のコスト削減
  • 制御ソリューションベンダーの数を削減
  • エンドユーザのスペアパーツ在庫を削減
  • 単一のプラットフォーム内でシームレスなネットワーク通信を実現

背景

韓国のある重工業会社は世界初で最大の造船および海洋エンジニアリング、調達、建設(EPC)プロジェクトの多くを成功裏に完了しました。現在の目標は、参加している各市場分野でグローバルなリーダシップを確立することです。

最も注目に値するのは、掘削船、液化天然ガス(LNG)運搬船、浮遊式生産貯蔵および荷役(FPSO)ユニット市場で世界一のシェアを維持することにより、ハイテクで高価値の造船部門でリーダシップを発揮したことです。

同社は、世界で最初の北極シャトルタンカーとLNG-FPSOユニットを開発、製造し、LNG浮遊貯蔵および再ガス化ユニット(FSRU)などの革新的な製品と、北極の砕氷船を含む極性アプリケーション向けの船舶を開発することで、新しい市場を開拓してきました。

海洋施設の分野では、優れたテクノロジと豊富な経験により、世界最大の半潜水型海洋掘削プラットフォームを成功裏に提供することにより、その評判を強化しました。

さらに、この会社は、造船と海洋事業をデジタルテクノロジと統合することにより、電気および電子事業を運営してきました。船舶ネットワークシステム、燃料ガス供給および貯蔵システム(FuGas)、バラスト水管理システム(PURIMAR)を提供します。その技術の卓越性は、グローバル市場でも認められています。

課題

カリブ海のメキシコ湾岸地域には、数十億バレルの回収可能な天然資源があります。ある大手多国籍石油会社が地域の主要プロジェクトに取り組み始めたとき、すべてのシステムが計画通りに機能することが重要でした。このプロジェクトの構築または開始が遅れると、1日当たり数百万ドルが失われる可能性があります。

このプロジェクトは非常に大規模で複雑だったため、多くの利害関係者が生産施設の建設と委託の競争に参加しました。これが発生すると、多くの場合、生産者はコラボレーションと製品仕様の重要な役割を見落とすことになります。

E300™電子過負荷リレーは、リアルタイムのモータ診断情報を備えた柔軟な設計を提供し、オペレータが効率的にトラブルシューティングできるように、モータに問題があることを事前に示します。

この場合、そのエンドユーザはこれまで以上にインテリジェントなコンポーネントとオプションを備えた浮動処理ユニット(FPU)の詳細設計を要求していました。このオーダーメイドのソリューションは、共通のプラットフォームを使用して、電力、制御、および情報のニーズに対応します。

従来のアプローチでは個別の電気とプロセス制御システムが必要です。つまり、より多くのベンダーの管理、視覚化とレポートのプラットフォームの複製、モバイルとリモート・デバイス・データへのアクセス制限を必要とします。

複雑さを減らし、パフォーマンスを改善するために、高圧モータ・コントロール・センタ(MCC)を含むプロジェクトの統合パワーパッケージ(IPP)のための単一プロバイダを特定することをEPCに課しました。

E300™電子過負荷リレーは、リアルタイムのモータ診断情報を備えた柔軟な設計を提供し、モータに問題があることを事前に示して、オペレータが効率的にトラブルシューティングできるようにします。

ソリューション

1つのIPPでシステムを統合することで、サプライチェーンと全体的な運用が簡素化され、複数のサプライヤのさまざまなテクノロジを使用する際に発生する可能性のある統合の課題が減少します。最も重要なのは、デジタル基盤に基づいて構築された統合システムは、オペレータがよりスマートで迅速な意思決定を行えるようにすることです。

この会社は、IPPを提供するためにロックウェル・オートメーション コリアを選択しました。Allen-Bradley®のCENTERLINE® 2100 MCCは、堅牢な耐久性と優れた品質を組み合わせ、制御とパワーを1つの集中型パッケージに統合し、さまざまなモータ制御オプションと組み合わせて、安全、パフォーマンス、信頼性を最大限に高めます。

IntelliCENTER®テクノロジを備えたCENTERLINE 2100 MCCは、搭載されたEtherNet/IP™ネットワークおよび事前構成済みソフトウェアと組み合わせてインテリジェントモータ制御を使用し、情報へのリアルタイムアクセスを提供することでパフォーマンスを向上させます。これにより、エンドユーザは任意の場所から稼働を制御、モニタ、および維持できます。

ArcShield™およびSecureConnect™オプションを含む追加の安全とネットワーク機能により、EPCは個々の安全と通信プログラムのニーズを最も満たす設計を作成できます。

Allen-BradleyPowerFlex® 755 ACドライブは、位置決め、速度、またはトルク制御を必要とするアプリケーションに最適です。このアプケーションでは、ACドライブは搭載されたイーサネットポートと簡単に統合でき、5つのオプションスロットにより、陸上アプリケーションのフィードバック、I/O、安全、通信の追加オプションをサポートします。

E300™電子過負荷リレーはリアルタイムのモータ診断情報を備えた柔軟な設計を提供し、オペレータが効率的にトラブルシューティングできるようにモータに問題が発生しているときは積極的に示します。

さらに、仮想化をサポートするために、韓国で初めて販売された産業用データセンター(IDC) (PDF)は事前に設計されたスケーラブルなインフラを通じて、エンドユーザがコスト削減を実現することを支援しました。仮想サーバから複数のオペレーティングシステムと複数のアプリケーションを実行するために必要なすべてのハードウェアは、初期の設計と見積もりに含まれていました。

エンドユーザは仮想化を採用することで、サーバの設置面積を削減し、アプリケーションの寿命を延ばし、インフラの信頼性を向上させ、管理機能と復旧機能、リモートモニタと管理を実現しました。

結果

危険な場所で産業用定格のコントローラを使用するだけで、従来のパワーコントローラを使用する場合に必要なエア・パージ・パネル上のより高価なNEMA 7/9エンクロージャに割当てられていたコストを約30%節約できました。エンドユーザの観点から見ると、産業用制御ソリューションの柔軟性により、I/Oポイントを簡単かつコスト効率よく追加して、将来のシステムの機能を拡張できます。

このプロジェクトでは、長期的な関係とコラボレーションが目立つようになりました。

アシスタントマネージャであるジュンホ・カン氏は次のように述べています。「ロックウェル・オートメーションとの関係により、最先端のテクノロジと問題なく新しいシステムに移行することで何が可能かということに目が開かれました。私たちはロックウェル・オートメーションと強力な関係を築いており、私たちの専門知識を組み合わせて革新的なIPPソリューションを市場に提供する多くの将来のビジネスチャンスを見出しています。」

上記の結果は、この企業での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Allen-Bradley, ArcShield, CENTERLINE, E300, IntelliCENTER, PowerFlex, Rockwell Automation, およびSecureConnectは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You