Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ウォーターハンマーが起こったときの対応

同じ家に何年も住んでいると、正常な音と異常な音がわかります。4台目の洗濯機と乾燥機のセットを最近設置しましたが、このセットが長持ちすることを望んでいること以外は何も変わらないと思っていました。

洗濯中に、ハンマーを持った誰かが私たちの地下のパイプやキッチンのシンクの下のパイプを叩いているような音が聞こえました。1インチの送水管がその音を出しているとは、驚くべきことであり、懸念すべきことでもありました!

ユーティリティルームのシンクの下の配水管接続にオリジナルの止水器があるにもかかわらず、私は、アレスタを購入して機械の背面に直接取付けて、強打をなくし、家での潜在的な漏れや洪水を防ぐ必要がありました。

ウォーターハンマーの影響は、自治体や産業レベルではさらに重要です。

12インチの水道管には、1フィート当たり約50ポンドの水が含まれているため、アプリケーションの管の直径と長さによっては、貨物列車に相当するものが管路を走っている場合があります。

電車のように、パイプの中を流れる水には勢いがあります。水は本質的に非圧縮性であるため、ポンプが突然停止した場合、クッションはなく、圧力のスパイクが衝撃波としてパイプを伝わります。

その閉じたシステムのすべて(ポンプ、パイプ、パイプジョイント、ガスケット、ゲージ、流量計など)は、システムの作動圧力の10倍もの力を受ける可能性があります。深刻な機器と付随的な損傷が発生し、システムの修理に予期せぬコストが発生し、ダウンタイムに関連する収益が失われる可能性があります。

一般的な解決策は、ポンプの始動と停止のダイナミクスを「ソフト化」することです。これは、ソフトスタータで実現できます。ただし、ソフトスタータでも、基本的なソフトスタート/ソフトストップ、ポンプ制御、センサレス直線速度など、使用できるさまざまな方法があります。

方法によってはウォーターハンマーの問題を解決できる場合と解決できない場合がありますが、センサレスの直線速度モードは通常最高のパフォーマンスを発揮し、負荷が変化してもスムーズな始動と停止を提供します(左の画像を参照)

アプリケーションの1つでは、自治体のポンプ場でウォーターハンマーが発生し、そこから離れた銀行で振動警報が鳴りました。この場合の問題解決策はセンサレスの直線速度でした。

ウォーターハンマーが発生する可能性を減らすようにシステムを設計します。高圧スパイク、可聴ハンマー音、またはシステム内の別の場所に発生する問題は、ウォーターハンマーが起こっている可能性を示しています。これが発生した場合は、予防措置を講じるか、後でよりコストのかかる措置を講じる必要があります。詳しくは低圧ソフトスタータのファミリーのウェブページをご覧ください。


Gregory Mears
Gregory Mears
Global Product Manager, Rockwell Automation
Gregory Mears
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You