Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

資産の老朽化を乗り越える時間: 町に新しい工場

化学物質の生産者は、厳しい競争とマージンの削減から、限られた人的資本、規制順守、サプライチェーンのデジタル化まで、多くのビジネス上の課題に直面しています。これらの課題をうまく処理しようとする一方で、資産の老朽化やサポートコストの増大に対処するという日々の現実にも直面しています。

米国全土に存在する数十年前に建てられた化学プラントは、時代遅れの機器や計画外のダウンタイム、重要な資産のパフォーマンスに対する可視性の制限など、幅広い機器の課題に対処するために取り組んでいます。

デジタル環境が急速に変化する中、化学物質の生産者は、迅速なROIで問題を解決するためのテクノロジを求めています。そのため、ビジネス上の意思決定を再考し、増分と長期の両方の投資収益率(ROI)を実現するテクノロジ投資を検討することが重要です。

現在利用可能なコネクテッド生産のテクノロジは、わずか10年前に利用可能であったものをはるかに超えています。高度な技術により、化学製品の生産者は、時代遅れの機器の制約や限られた人的資本と領域の専門知識から即座に解放されます。また、ITシステムとOTシステムを統合して、生産およびサプライチェーンのデータを実用的なリアルタイム情報に管理するためのシームレスな接続を提供することもできます。

この接続された情報駆動型の化学物質の生産アプローチは、コネクテッド化学プラントと呼ぶことができます。

コネクテッド化学プラントを構築するのに手間がかける必要はありません。次のように考えてください。よりスマートなテクノロジを中心に戦略的に投資に優先順位を付けることにより、コネクテッド化学プラントは生産パフォーマンスをモニタおよび改善するほぼ無限の機会を提供します。それで、これは日常の運用であなたにとって何を意味しますか?

資産利用率の向上: 資産利用率の最適化は、資産のパフォーマンスを測定し、生産の問題をリアルタイムで特定できるようになることから始まります。最新のDCSは、オートメーションと情報のすべての側面を単一のプラント全体のインフラに統合できます。同時に、統合されたパワー制御システムは、老朽化した生産資産から電気データをキャプチャして、パフォーマンスをモニタして、予期しないダウンタイムを最小限に抑え、機器の問題を予測することができます。それは化学物質の生産者にとって非常に有用です。

運用の柔軟性の向上: コネクテッド化学プラントはオペレータがより簡単に変更を行ない、新製品をより速くオンラインにできるようにすることで、バッチ生産をより機敏で柔軟にすることができます。バッチ間の変動を測定するのが難しく、品質とスループットの問題が発生しますか? 問題ありません。

リスク低減: 生産者が直面する運用上および規制上のリスクは、コネクテッド化学プラントで簡単に理解および管理できます。拡張可能な安全計装システム(SIS)によって、化学物質の生産者は、特定のニーズに応じてさまざまなレベルのリスク低減を適用できます。さらに、機能のギャップを埋め、最もコスト効率の高い方法で古いプラントの特定のビジネス上の課題に対処するために、事前に設計されたSISソリューションも利用できます。

メンテナンスとサポートの改善: 多くの生産者は、長年にわたって複数のベンダーから蓄積したオートメーション技術の組み合わせをサポートするのに苦労しています。コネクテッド化学プラントでの技術の標準化と統合により、保守技術者とサポートチームがスペアをサポートおよび在庫しなければならないシステムの数が減ります。

これらの機能が整っていると、化学物質の生産者は必要に応じて老朽化した資産をより適切にモニタおよびアップグレードできます。 計画外のダウンタイムや無数のシステムに関連するサポートコストを削減できます。その後、新たに発見した機会に焦点を当てて、運用を改善し、生産性を高めることができます。

どこから始めたらいいか分からない? 接続方法については、当社の化学プロセス制御システムのウェブサイトをご覧ください。


Gordon Bordelon
Gordon Bordelon
Chemical Industry Lead , Rockwell Automation
Gordon Bordelon
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You