Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

醸造の成功への鍵: クラフト飲料パッケージ

優れたクラフト飲料を作り出しましたが、それをどのように市場に投入すれば健全なマージンを保持できるでしょうか。

これは、クラフトドリンク市場のサプライヤ、またはその成長を利用したいと考えているサプライヤからの質問の1つです。

そして答えは、非常に低コストで、ランレンズグに制限のない、クラフト飲料用の缶の装飾を可能にする、まったく新しい最先端のテクノロジです。

クラフトビールは急速に成長し、刺激的な市場です。発売されているクラフトドリンクの種類が増えているため、ソフトドリンクやエナジードリンクから、そのまま飲めるスピリットベースのカクテルまで、減速の兆しはありません。

クラフトドリンクは急速に、世界の飲料市場全体の重要な成長率になっています。この傾向を利用するためにすでに製品を多様化している企業もあり、すべてがブランド/製品の認知度を高め、最も重要なことに消費者にアピールするための創造的な方法を模索しています。

小容量のビールは約20年間米国で缶ビールとして販売されており、急速に成長し続けている市場分野です。

ただし、缶詰めへの動きは米国に限定されず、世界中で何百人ものクラフト醸造所が切換えを行なっています。しかし、その障壁がないわけではありません。

通常、最低注文レベルが150,000を超えると、ボトルから缶に移動することにより、コスト効率よくビジネスを成長させる醸造者の能力が引き続き低下します。

12カ月の長いリードタイムと過剰な缶の購入も、これまで、クラフト飲料の缶詰は中小規模の醸造所では選択肢にならなかったことを意味します。

新しいデジタル缶印刷技術はこれらの問題に対処しており、小規模な醸造所だけでなく、まったく新しい機会の世界を切り開いています。

実際、限定版のフレーバーまたは1回限りの季節の醸造により、デジタル缶印刷は、今日の飲料需要に真正面から応えています。

コストの観点だけでも、デジタル缶印刷は、ボトルから缶に移行するための短期的なソリューションとしてよく使用される缶のラベル印刷よりも約15倍安価です。

缶は、飲料を軽い劣化、保管、輸送から保護するための優れたソリューションであり、リサイクルの観点から他の多くの梱包材よりも優れています。

缶に直接デジタル印刷する機能は、より大きなブランド/醸造所にとっても大きなチャンスを切り開きます。必要に応じて缶のメッセージのバージョンを変更したり変更したりする印刷の柔軟性により、飲料をより少ない量でコスト効率よくパッケージ化できるようになりました。

この可能性を実現する上で、金属缶の装飾のためのデジタル印刷技術は、クラフトビールであれ、ノンアルコールのクラフト飲料であれ、ワインやスピリッツであれ、生産者が成功するために必要な多様性、柔軟性、選択肢を提供することが期待されます。

デジタル缶印刷は、それにアクセスできるクラフト飲料の生産者の間で非常に人気がありますが、世界のほとんどの国でこれらのサービスを利用できない場合があります。

トネジェット社やそのパートナなどのメーカのプリンタは、さまざまなクラフト飲料包装ビジネスモデルの重要な投資機会を開拓するための鍵と見なされています。

詳細は、電子メールでお問い合わせいただくか、ウェブサイトにアクセスしてください。

ロックウェル・オートメーションのマシン・ビルダー・パートナであるトネジェット社は、iTRAKインテリジェントトラックシステムをそのデジタル2ピース缶デコレータと統合して、中短稼働の2ピース缶用の完全なデジタルシステムを作成します。


Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You