Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

パイプライン: 適切なVFDでエネルギー使用量を大幅に削減

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Rick Paes
Rick Paes
Technical Consultant for the Oil and Gas Industry, Rockwell Automation
Rick Paes

パイプラインのポンプステーションやコンプレッサステーションで可変周波数ドライブ(VFD)を使用する場合、省エネルギーに関連した利点には非常に定評があります。

このドライブは、パイプラインでの流量を増減するのに必要な精密制御を提供します。その結果、流量を制御するのにコントロールバルブを必要とする直入れモータスタータよりも、さらに大きな効率と省エネルギーをもたらします。

しかし、VFDについていつも理解されていると限らないのは、適切な選択をすることにより実現できる他の利点です。というのは、ドライブテクノロジのすべてが同じでものではないからです。しかもテクノロジによっては、もっと大きなコストの削減ができ、さらに優れたパフォーマンスを達成できるからです。

この点を念頭に置くと、ポンプステーションやコンプレッサステーション用VFDを探すためには、鍵となる3つの機能があります。

1. 同期機能

同期転送をサポートするドライブは、たった1台のドライブで複数のポンプモータを起動および制御できます。このため、マルチドライブシステムと比較して、先行投資の資本コストと設置コストを2モータ方式では33%、4モータ方式では60%も削減できます。

この機能を活用するドライブシステムは、御社の最大の稼働コストであるエネルギー使用量を削減するのにも役立ちます。第一に、マルチドライブシステムと比較して駆動損失が減少します。また、モータを商用電源と同じ周波数にし、モータを商用電源に切換えできます。このため、システム全体の効率が改善し、いっそう省エネを実現できます。

最後に、同期転送は起動時の電力系統に対する影響が小さく、ピーク時の電気料金が軽減するか、ピーク時の電気料金を根絶し、設備寿命が長くなり、メンテナンス費用を削減できます。

2. 強化された統合機能

最新の可変周波数ドライブ(VFD)の中には実装、運用、保守が容易な統合機能を備えているものがあります。

例えば、アドオンプロファイル(AOP)は直観的なプログラミングのために、ドライブ情報や構成可能なパラメータを整理することによってセットアップと統合を簡素化できます。また、自動デバイス構成は複数ドライブを導入したり、ドライブを交換したりする場合に簡単にセットアップできます。この機能により、ドライブ構成がLogixコントローラに保存され、コントローラがドライブ構成を検出すると自動的に新規ドライブや交換ドライブにドライブ構成情報がダウンロードされます。このため、時間のかかる再プログラミング作業を削減できます。

3. リモートでの可視機能

可変周波数ドライブ(VFD)が適切なフォーマットでパイプラインの制御ネットワークに接続されている場合、これらのドライブはすぐに活用できるパフォーマンスデータを中央の制御室に提供できます。このため、オペレータはより良い判断を下すことができます。

例えば、オペレータは異なるユーティリティゾーンにある2台の接続されたポンプステーションの料金が著しく異なることを発見できました。しかも、その後、料金が低いゾーンのポンプステーションの方をより大きく稼働できました。単一のユーティリティゾーンでも、エネルギーコストがオフピーク時間に大きく低下するために、オペレータは低料金を十分に生かすためにオペレーションを調整できました。

また、オペレータはプロセスパフォーマンスをモニタし、トレンド分析するためにリモートでデータにアクセスして、予想されるメンテナンスのニーズを明らかにできました。同じ速度で稼働している3台のポンプを見て、1台のポンプの負荷トルクが低いことに気づきました。そのため、問題を調査するために技術者を派遣することができました。

よりいっそうの節約を実現

可変周波数ドライブ(VFD)は、製品固有のパフォーマンスと費用削減の利点をポンプステーションとコンプレッサステーションにもたらします。同期、統合およびリモート可視機能を備えたVFDは、お客様のパフォーマンスと節約水準を新たなレベルに引き上げます。

お客様のパイプラインの要求がどんなものであろうと、最適なVFDソリューションがあります。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You