Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

2016年の新しい安全規格

安全規格は、機械メーカ、システムインテグレータ、および完成品の製造業者が販売する日常業務の基本的な部分を形成しています。規格への準拠は、これらの当事者が開発するアプリケーションまたは使用するマシンに大きく依存します。では、戦略的にどのように考える必要がありますか?

EN 954の比較的単純なカテゴリから(EN) ISO 13849のより複雑なPL (安全遂行レベル)モデルとIEC 62061のSIL (安全度水準)モデルに移行したのはそれほど昔のことではありませんでした。誰もが、何らかの変更が必要であるという事実にもかかわらず、大多数はそれを受け入れました。

ただし、変更プロセスはまだ完了していません。現在、(EN) ISO 13849とIEC 62061の統合が行なわれています。現在の状態に到達するまでにかなりの時間とお金が費やされています。最初からやり直すことは絶対に避けてください。また、改善の機会を利用することもできます。

複雑さの点で上限に達していると思います。また、新しい規格には新しい方法論や公式を含めるべきではありません。IEC 62061と(EN) ISO 13849の統合は、2つの異なる規格で現在直面している困難を取り除くことを目的としています。統合のプロセスは、明確化と簡素化の機会と見なされるべきです。また、信頼性データの提供など、多くの既知の問題を解決するチャンスでもあります。

機械メーカの観点から見ると、すでにEN 954-1から(EN) ISO 13849に移行している場合、ISO / IEC 17305への移行はそれほど難しくありません。また、多くの重要な機会を提供します。単一の共同規格があれば、管理が容易になるだけでなく、グローバル化も実現します。つまり、新しい輸出市場を見つける機会が増え、現地の法律および規制を理解し詳細を知る必要がなくなります。

完成品の製造業者は、国内および世界のすべての機械、セル、生産ライン、設備に単一の標準が必要とする単純さから恩恵を受けるでしょう。すべての資産は単一の基準を満たす必要があるため、さまざまな地域の安全規格すべての特性を満たす必要はなくなります。

これは、業界が2つの既存の規格で発生した問題のいくつかに実際に対処する新しい複合安全規格を導入する機会です。(EN) ISO 31849IEC 62061の導入で多くを得ることはできましたが、その過程で確かに妥協点がいくつかありました。

ISO/IEC 17305の導入により、これらの妥協点を検討し、両方の世界で最高のものを確保するときが来ました。安全規格をご覧になるか、または無料の白書をダウンロードしてください。


Martin Brolin
Martin Brolin
Commercial Engineer, Safety, Sensing and Connectivity, Rockwell Automation
Martin Brolin
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You