Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ロックアウト/タグアウトOSHA: 知っておくべきこと

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Christopher Janney
Christopher Janney
Safety Engineering Associate, Rockwell Automation
Christopher Janney

会社にロックアウト/タグアウトプログラムがある場合は、準拠する必要のある連邦および地方の規制があることを理解しても安全です。しかし、コンプライアンスは見た目よりもはるかに複雑です。実際、企業ポリシー、マシン固有のLOTO手順、トレーニング、ロックとデバイス、年次監査など、適合LOTOプログラムには5つのコンポーネントがあります。LOTOプログラムが米国労働省の労働安全衛生局(OSHA)の規制に準拠していることをどのように確認できるのでしょうか。

OSHAの危険なエネルギーの制御(ロックアウト/タグアウト)規制は、職場の機器を日常的に保守する労働者を保護するのに役立つことが、法令1910.147(c)(4)(i)に概説されています。免除基準を満たしていない機器に対しては、機械固有のLOTO手順が使用されることを指定しています。

OSHAは毎年、一般的な違反のトップ10のリストを発表しています。ロックアウト/タグアウトは過去15年間一貫してこのリストに含まれており、雇用主が包括的なLOTOプログラムを実施することは引き続き困難であることを意味します。2018年度は、ロックアウト/タグアウトは5位でした。

保証はありませんが、OSHAが約1年に1回程度の通知なしの訪問を行なう可能性があると想定できます。過去に違反があった場合はさらに多くなります。違反が見つかったかどうかに応じて、引用と罰金が発行される場合があります。それほど恵まれない状況では、労働者の負傷または死亡を含む安全事故がOHSAの調査を促し、調査中に発見された違反の数に基づいて罰金が課せられます。

OSHA調査の過程で、非常に大きな罰金を科す可能性のあるいくつかの違反を見つけるのが一般的です。史上最大の罰金額は8,700万ドルで、2005年のテキサスシティ製油所の爆発で15人が死亡、170人が負傷した事故に対して、OSHAは北米BP社(BP Products North America Inc.)にこの罰金額を提示しました。ただし、ほとんどの製造メーカは、そのような規模のロックアウト/タグアウトの罰金を経験したことはありません。

2012年にバンブルビー・フーズ社の缶詰工場で従業員が業務用オーブンに閉じ込められ焼死するという、LOTOに関連する重大な事件が発生したときに、会社と数人のマネージャに巨額の罰金が科されました。この場合、同社は、オーブンの交換に300万ドル、亡くなった従業員の家族に損害賠償として150万ドル、罰金と裁判所費用の合計で750,000ドル以上を支払うことに同意しました。安全管理者と工場運営責任者は、保護観察、地域社会への奉仕、罰金が科せられました。もう1つの例は、アメリカン・ビルトライト社の従業員が保守作業中に押しつぶされた2011年11月の事故です。この従業員の死はOSHAの調査につながり、会社は以前の違反と9つの新しい重大な違反を是正していないことがわかりました。OSHAは51,000ドル以上の罰金を科しました。

OSHA違反のタイプ

OSHAが罰金を科すことができる違反には、次の6種類があります。

  • 重大な違反以外 – 従業員に害を及ぼす可能性が低い危険な状況を引き起こす違反
  • 重大な違反 – 従業員に重大な脅威をもたらす違反であり、多くの場合、死亡または不具につながります。重大な違反はインシデントごとに最大70,000ドルの罰金が科されますが、企業が問題の修正に取り組む場合、罰金が減額される場合があります。
  • 故意の違反 – 意図的にOSHA規格に違反する違反。けがや死亡が発生しなかった場合、これらは最大70,000ドルの罰金を科されます。故意の違反により従業員が負傷または死亡した場合、会社は刑事責任と250,000ドルの罰金が科せられます。この種の違反の一般的な例は、ロックアウト/タグアウトプログラムがないことです
  • 違反の繰返し – 違反の繰返しは、以前に罰金が科された違反ですが、新しい違反となるには十分に異なるものです。これらの違反は最大70,000ドルの罰金が科されます。
  • 違反の軽減に失敗 – 以前に罰金が科され、会社が修正していない違反。これらの違反は、状況が解決されるまで、1日当たり最大7,000ドルが請求されます。
  • ささいな違反 – 罰金ではないが調査に含まれる軽微な違反と見なされる違反

一般的なLOTOに関連する違反には、それを必要とする各機器にアクセス可能な手順または掲示がないこと、および従業員の不適切なトレーニングまたはトレーニングの欠如が含まれます。

まだ明確でない場合に、従業員のけがやOSHAの罰金をすべてのコストで回避しようとすることがあります。これは、PRの悪夢であるだけでなく、罰金自体が毎年の安全予算に含まれることはありません。そのようなお金を見つけるために経営責任者にアプローチする必要はないので、LOTOプログラムが準拠していることを確認することは誰にとっても最善の策です。

コンプライアンスの追求

OSHA規制にある技術用語を読み解くのは困難ですが、ロックアウト/タグアウトを専門とする第三者のプロバイダが役立つ場合があります。OSHAの調査に対応していて罰金を減らすために変更を加える必要がある場合でも、予防的なアプローチを取る場合でも、当社の安全およびロックアウト/タグアウトサービスは、満足度の高いプログラムの開発を支援します。

製造メーカにとっての一般的な課題は次の通りです。

  • 必要とされるドキュメントの量を過小評価している。すぐに利用できる手順とトレーニングの記録から適切なデバイスとロックアウトの記録まで、追跡するのは非常に難しい場合があります。企業が全負荷を処理するリソースを持っていることはめったにありません。自分が4カ月でできることは、ロックウェル・オートメーションのような企業では1週間か2週間かかるかもしれません。
  • LOTOプログラム情報を利用可能にし、従業員が簡単にアクセスできるようにする。ScanESCロックアウト/タグアウトソフトウェアを使用すると、プログラム全体をオンラインにして、携帯電話やタブレットからQRコードを介して手順にアクセスできるようになります。これは、従業員が自分自身を保護するために必要なすべての情報を持っていることを確認するのに役立ち、会社がダウンタイムを文書化し、手順と監査の目的でデータを提供するのに役立ちます。
  • 従業員のトレーニング。従業員が会社のLOTOポリシーに従っていることを確認することは、ほとんどの会社にとって大きな課題です。権限のある、影響を受ける従業員のために、定期的にトレーニングを実施する必要があります。このブログでは、トレーニングについて詳しく説明しています。
  • 年次監査。OSHA規制に従って、プログラムは年に1回監査する必要があります。監査プロセスでは、すべての手順が正確であるかどうかが確認され、必要に応じて手順と標識が更新されます。監査中に従業員もテストされ、マシンをロックアウトする手順を理解していることを確認します。

製造工程がいくら大きくても小さくても、ロックアウト/タグアウトは全体的な安全コンプライアンスの重要な要素です。ロックアウト/タグアウトサービスは、詳細に焦点を当て、計画とプロセスの各ステップに一貫性を持たせるため、最善を尽くすことに集中できます。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You