Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ロックアウト/タグアウトトレーニングで労働者と製造メーカを保護

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Ersun Hopi
Ersun Hopi
Safety Project Engineer, Rockwell Automation
Ersun Hopi

工場の現場で作業する平均的な労働者に、電源がオフになっているときに装置を安全に作業できるかどうか尋ねると、彼らは何と言うでしょうか。彼らはそれが常に正しいとは限らないことを知っていますか? 工場労働者にとって、機器を適切にロックアウトしてシャットダウンする方法についての誤解と無知は、通常の就業日と人生を変える怪我の違いを意味する可能性があります。

製造メーカが労働者の安全と規制順守を優先できる1つの主要な方法は、従業員にロックアウト/タグアウト(LOTO)トレーニングを提供することです。これは安全のベストプラクティスであるだけでなく、米国労働安全衛生局(OSHA)によって要求されています。

企業のポリシーとして、定期的なトレーニングを含むロックアウト/タグアウトプログラムのベストプラクティスを順守する雇用者は、怪我の防止、人命の救済、機器の損傷の最小化の実績が優れています。

残念ながら、作業者が手順に慣れすぎて、間違いを犯したり、時間を節約するためのショートカットを作成したりすることは、人間の本質です。おそらく、彼らは完全にロックアウトしたりシャットオフしたりしなかったり、機器で作業している他のプラントスタッフへの通知を怠ったりすることがあるかもしれません。定期的なLOTOトレーニングは、手続きの一貫性を促進するだけでなく、前回学んだことを従業員に思い出させるだけです。また、作業に影響を与える可能性のある新しい機器やテクノロジの変更に関する最新情報も提供します。

トレーニングには主に2つのタイプがあります。認定従業員のロックアウト/タグアウトのトレーニングと、影響を受ける従業員のロックアウト/タグアウトのトレーニングです。

認定従業員トレーニング

「認定従業員」とは、ロックアウト/タグアウトトレーニングを完了し、必要に応じて機器のサービスやメンテナンスを実施することを目的とする従業員です。製造環境内の許可された従業員のタイプには、保守要員、フロア管理者、および一般管理者が含まれます。一部の企業では、自分の機器の保守と清掃を行なうオペレータも、認定従業員と見なされます。

このトレーニングは、すべての認定従業員が作業を安全に行なう方法について調整することを保証し、会社から何を期待されているかを彼らに教えます。これは、より強力な安全文化を構築するのにも役立ち、不適切なロックアウト/タグアウトの深刻な結果について従業員を教育します。

認定従業員トレーニングでは、以下の内容をカバーしています。

  • 機器をロックアウトするタイミング: 身体を傷つけたり、部品や工具を手に入れるためにその場所を離れる必要がある場合
  • ロックアウトが不要な場合: 軽微な保守作業ではロックアウトは必要ありません。ただし、このカテゴリに分類されるタスクが危険であると思われる場合は、ロックアウト/タグアウトを使用する必要があります。
  • ロックアウト/タグアウトプログラムを成功させる5つの主要コンポーネントは、ポリシー、トレーニング、監査、デバイス、手順です。
  • 危険の認識と管理
  • 機器をシャットダウンして隔離するための適切な手順
  • グループロックアウトやシフト変更などの特別な例外

影響を受ける従業員のトレーニング

「影響を受ける従業員」は、サービスまたはメンテナンスが行なわれる機械または機器を操作または使用することを要求する、またはサービスまたはメンテナンスが行なわれる領域で作業することを要求するポジションにいます。影響を受ける従業員には、ほとんどすべての現場の担当者が含まれます。特に、機械の一般的な維持管理と機能に通常責任を負う機械オペレータとアシスタントが含まれます。このトレーニングを実施することで、企業は、影響を受けるすべての従業員が安全に作業を行なう方法について調整されていることを確認し、彼らに会社が期待することについての考えを与えることができます。

トレーニングは、次のようなロックアウト/タグアウト中にすべきでないことに焦点を当てる必要があります。

  • ロックアウトされている機器のロックを解除しないでください。
  • 非通電状態の機器を再起動しないでください。
  • 装置で作業したり、ロックアウトに参加したりしないでください。

影響を受ける従業員トレーニングは、本質的には意識向上トレーニングです。ロックアウト/タグアウトに関する権限と制限について、許可された従業員を教育するのに役立ちます。

オプションのリフレッシュトレーニング

必須ではありませんが、ロックアウト/タグアウトを実行する人のために、企業が年に1回のリフレッシュ(再教育)トレーニングを主催することを強くお勧めします。認定従業員を対象としたリフレッシュトレーニングは、クライアントとその従業員に、以前のトレーニングに関する懸念に対処する機会を提供します。設備や職務や責任に変更がある場合は常に必要です。さらに、リフレッシュトレーニングを組み込むことで、私たちのチームはOSHAの規制を最新の状態に保ち、設備や機能に関する質問や懸念事項について話し合う機会を提供できます。

トレーニングには何が必要ですか?

プラントマネージャまたは安全チームは通常、会議室またはカフェテリアのような大きな会議エリアの一部をロックアウト/タグアウトトレーニング用に予約します。トレーニングは、23ダースの従業員の小さなグループでうまく機能しますが、必要に応じて、さらに多くの人数が参加できます。セッションは1時間半から半日程度かかります。サインインシート(到着記録の署名)は、トレーニングが行なわれたことを証明するために必要な文書の一部となります。

LOTOに関する主要な知識を強化するために、カリキュラムはOSHAの歴史、ロックアウト/タグアウトに関連する現在の規制、統計およびケーススタディをカバーする必要があります。クイズまたはテストに答えた結果は、トレーニングが完了したこと、および従業員従業員と影響を受ける従業員がトレーニングを受講したことを示す証明となります。トレーニングの講師は従業員と回答を確認し、より難しい質問に時間を費やして、正しい回答が確実に理解されるようにします。

トレーニングは、包括的な実施されたLOTOプログラムの一部に過ぎませんが、非常に重要なものです。トレーニングは、会社がOSHAに準拠し、OSHAで良好な状態を維持するのに役立ちます。生産性に影響を与える可能性のある、機械や設備へのコストのかかる損傷を防ぐのに役立ちます。最も重要なことは、怪我や死を防ぐことで従業員の安全を維持するのに役立ちます。LOTOトレーニングに関してルールに従わないことは、非常に割の合わない結果をもたらします。

トレーニングを含むロックアウト/タグアウトサービスが会社にどのように役立つかについてご覧ください。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You