Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ロックアウト/タグアウト年次監査: 知っておくべきこと

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Syed Mujtaba
Syed Mujtaba
Associate Engineer, Safety, Rockwell Automation
Syed Mujtaba

機能的で準拠したプログラムを維持するには、ロックアウト/タグアウトの年次監査が不可欠です。つまり、ロックアウト手順を作成するだけでは不十分であり、二度とレビューすることはできません。従業員を一度だけ訓練してテストするだけでは十分ではありません。また、ロックアウト/タグアウト(LOTO)プログラムが正常であると想定するだけでは不十分です。実際、LOTOの手順、従業員のトレーニング、LOTOの全体的なプログラムとポリシーを少なくとも年に1回は再検討することがベストプラクティスです。

オハイオ州や米国の労働安全衛生局(OSHA)が要求しています。年次検査が行なわれないと、企業は潜在的なOSHA違反やその他の安全性の問題にさらされることになります。

監査は、機器固有の手順、従業員トレーニング、企業ポリシー、および適切なデバイスとともに、包括的なLOTOプログラムの5つの主要コンポーネントの1つにすぎません。ただし、年次監査は、手順と権限を与えられた従業員の半分にまで及びます。これは、LOTOプログラムの一部としてのこれらのコンポーネントの相互接続性を示しています。

LOTO監査の実施方法

監査プロセスにより、安全管理者と監督者は一歩引いて、ロックアウト/タグアウトプログラム全体を検証できます。ロックアウト/タグアウト関連の監査は、プログラム全体のギャップ、欠陥、および欠陥をレビューする機会を提供します。

ある特定の年の間に、製造メーカは新しい機器または機械を設置し、既存の機器に変更を加え、エネルギー源とデバイスを変更します。これらの変更が導入されたら、手順、トレーニング、およびポリシーを修正する必要があります。しかし、監査を実施すると、変更が正しく行なわれたことを再確認し、見落とされている可能性のある問題を修正し、プログラムが最新であることを検証するために、さらに深く掘り下げることができます。

手順の監査: OSHAでは、すべてのロックアウト/タグアウト手順を少なくとも年に1回レビューする必要があります。これは、特に大規模なプラントでは過剰に思えるかもしれませんが、ほとんどの業界では、1年の期間内に発生するマシンの変更の平均が最大15%であることに注意してください。そして、それはその年に設置されるかもしれない新しい機器を考慮していません。年次監査は、更新が必要なすべてのマシンの更新された手順書の確認に役立ちます。古い既存の手順については、エネルギー源、バルブまたは電気切断、エネルギー源のロックアウト/分離、デバイス、および写真に関する情報の精度を確認してください。機械に記載された印刷された手順について、それらはハングアップし、良好な状態にありますか? そうでない場合は、再印刷する必要があります。これは、デジタルファイルをクリーンアップする良い機会でもあります。正しいバージョンが使用されていること、および古いファイルが識別されて別のフォルダに配置されていることを確認してください。

認定従業員監査: 年次監査中、実際にロックアウト/タグアウトを実行している認定従業員のそれぞれのサンプリングを観察し、手順に従っていることを確認することも必要です。「認定従業員」とは、LOTOトレーニングを完了し、必要に応じて機器のサービスやメンテナンスを行なうことがその職務である従業員です。監査員は、各従業員にマシンをロックアウトさせ、以下の内容を確認する必要があります。従業員が文書化された手順のコピーの場所を知っていること、マシンをロックアウトするときに正しいシャットダウン手順が守られたこと、従業員が正しいデバイスを使用したこと、エネルギー源がロックアウトされ、マシンがゼロエネルギー状態になったことを確認するための正しい手順に従ったこと。これらの監査は、認定従業員がロックアウト/タグアウトの義務を理解していることを理解するために重要です。必要に応じて、再トレーニングが必要になる場合があります。大多数の従業員に体系的な問題があると思われる場合は、最初のトレーニング手法を確認し、潜在的にトレーニングプログラム全体を更新することをお奨めします。

LOTOプログラム監査: 手順と認定従業員が監査された後、製造業者は会社のエネルギー管理プログラムと書面によるポリシーを確認する必要があります。LOTO関連の役割と責任が明確に概説され、グループロックアウトや請負業者との連携などの特別な状況が含まれていることを確認してください。安全文化の健全性、ロックアウト/タグアウトの重要性に対する従業員の理解、従業員の安全を損なう可能性のある時間的プレッシャー、および安全を奨励する方法を検討することにより、LOTOプログラムの全体的な効果を評価します。

特に大規模な工場では、監査が複雑になる可能性があるのは事実です。しかし、データを取得してOSHAのニーズを証明する時間節約ソフトウェアから、プロセスの一部またはすべてをLOTO専門家にアウトソーシングするまで、コンプライアンスを達成する方法があります。

成功のヒント

年次監査に抗し難いがたいと思われる場合、あなただけが感じているのではありません。しかし、監査の準備と実施は、時間とリソースを浪費する必要はありません。プロセスをスムーズにするためのヒントを次に示します。

  • 年次監査を四半期ごとのタスクに分割し、各四半期の手順の25%を監査してください。
  • 複数の監査員間で責任を分担するか、各部門に各自の機器の監査責任を負わせます。
  • 監査やポリシーレビューのアウトソーシングを検討してください。
  • 既にロックアウトを実行している1年を通して、監督者に権限のある従業員を監査させます。これまでに監査された人を知るためにスプレッドシートを保管してください。
  • ロックアウト/タグアウト手順を確認する時間として年次PMを使用します。年間を通じて監査を追跡します。
  • ScanESCなどのロックアウト/タグアウト監査ソフトウェアに投資して、プロセスの管理と文書化を支援します。
  • 従業員が1年を通して機械の変更を報告するシステムを作成し、手順をリアルタイムで更新できるようにします。
  • この便利な監査チェックリストを参照して、順調に進めてください。

ロックウェル・オートメーションのロックアウト/タグアウトサービスは、LOTOプログラムの5つの主要コンポーネントのすべてに焦点を当てることにより、運用がOSHAコンプライアンス、従業員の安全、および生産性の向上を実現できるよう支援します。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You