Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

リードタイムの短縮とビルド効率の向上

どれくらいの時間で入手できますか?

これは、お客様向けに開発した新しいパッケージソリューションを提示した後に出てくる一番の質問です。そして、今日の機械メーカが直面している最大の課題の1つです。

それでは、カスタマイズ、柔軟性、スピートを要求する環境の中で、コンセプトから機械へとどのようにして短期間で実現できるのでしょうか? それが、包装機械メーカが毎日、直面している課題です。その1つの答えが、単純化することです。

カスタムのマシンエンジニアリングが必要

一番上の課題から始めましょう。お客様固有の課題を解決するためのカスタムマシンと機械設備を提供することが、多くのカスタム機械メーカが知名度を上げた方法です。

これは、包装が革新的で、多機能で、陳列棚で目立たなければならないときに、特に重要です。すべてが新しいエンジニアリングを必要とし、テストされたコンセプトはこれまでありません。包装機械装置メーカ(OEM)が今までにない仕様にコスト効率よく対応できるかどうかは、機械設計へのアプローチに直接関連しています。

ある企業がこの課題に真正面から取り組んでいます。カナダのオンタリオ州に本拠を置くAFAシステムズ社は、エンジニアリング・パッケージング・オートメーション・システム分野のグローバルリーダです。他のカスタム機械メーカとは異なり、エンジニアリングを最重要視しています。設計工程と構築工程のいかなる部分の無駄をも削り落とすことは、リードタイムの短縮を解決する上で非常に貴重です。AFAシステムズ社の見つけた効率性の改善策は、ライン全体、セルやロボット制御プログラミング、立上げおよび保守を統合するために、単一の制御プラットフォームを採用することでした。

プログラミング段階で運用効率を組込む

単一プラットフォームを採用することで、短期間で機械を生産するために、機械メーカはモジュール式コンポーネントの作成とアセンブリの標準化ができるようになります。また、それにより機械装置メーカ(OEM)は、サービスやサポートを含むソリューションをすべて自分のものにすることができます。

別の方法は地雷原で、異なるシステムを結合して1つの究極のソリューションを作成しょうという試みです。複数のサプライヤ、システム、プロトコルは不必要な時間やリソースを必要とし、お客様の技術的リソースに負担をかける可能性のある長期のサポートの必要性が加わります。構成済みのソリューションと精通した知識を活用すると、一部のプロジェクトではエンジニアリング時間の20%も短縮することができます。また、いずれ再構成するときも短時間で行なうことができます。すべてが当然のことです。

AFAシステムズ社は、ロボット工学を含む単一制御ソリューションの標準化に関して早くから採用してきました。同社は、すべての機械操作に対してただ1つの制御プラットフォームを使用して、お客様向けのトレーニング、オペレーション、保守作業を簡略化することができました。さらに、ロボットと他のモーション機器との間の優れた協調動作よってマシンパフォーマンスが改善します。

同社は、同じシステム(この例では、ロックウェル・オートメーションのプラットフォーム)に精通しているプログラマを雇用することにより、すべてのテクノロジが社内で作成され、社内に残るようになりました。つまり、AFAシステムズ社は自分達が所有する機器のトラブルシューティングができるということです。お客様に望むような親密さと速さでサービスを提供し、トラブルシューティングするのをサードパーティのサプライヤと連携するときに、いくつかの課題を経験した後ではこれは歓迎すべき変化です。

ロボット制御技術で遅れを取らない

産業用オートメーションは、過去に例をみないほどのペースで変化しています。ついて行くだけで、フルタイムの仕事になることもあります。複数ブランドの製品のトレーニングやサポートに関連するコストは、お客様のプロセスに組込んだ苦労して手に入れた他の経験を帳消しにしてしまう可能性があります。

AFAシステムズ社の共同社長であるデビッド・ランゲン氏は次のように述べています。「制御製品のエコシステムを最新の状態に保つだけでとても大変です。そこで、私たちは1つのプラットフォームで作業するという選択をしました。トレーニングの時間を節約するだけでなく、制御アーキテクチャに特化しているので、製品をこれまで以上に活用することができます。

この課題を減らして、オートメーションのパートナに頼ることで、独自のロボット制御言語を学ぶという困難がなくなります。

私たちの場合、ロックウェル・オートメーションが当社のために仕事をしてくれるので、ロックウェル・オートメーションのテクノロジについていく限り、ロボット工学のテクノロジで遅れをとることはありません。」

リードタイムの短縮から関係性の改善まで

リードタイムの短縮方法と独自のオペレーションの開発費用の削減方法を解決するプロセスでは、ライフサイクルコストも削減し、お客様のために接点も1つ減らします。

お客様が常に消費者やマーケティングのニーズに合わせて包装を再構成している業界では、アクセスが簡単で長期的なサポートが重要です。

デビッド氏は次のように説明します。「AFAシステムズ社の工場フロアに、改良するために持ち込まれた10年以上も前に構築したロボットを内蔵した機械があります。プログラミングは社内で着手したので、当社のエンジニアは、大規模な再配置から日常のトラブルシューティングまで、お客様の投資を引き続き最大限にいかすことを支援することができます。」

運用効率の向上が将来の鍵

今日行なっている運用上の意思決定と限りあるリソースをどのように活用するかは、お客様の組織の将来の成長に大きな影響を与える可能性があります。また、産業用ロボットがますますより多くの業務を実行するのに使用されるにつれて、制御プラットフォームから得られる時間や費用の削減は同様に大きくなっていくでしょう。

機械のカスタム化と無駄のないエンジニアリングの間のバランスを見つけることができる機械装置メーカ(OEM)は、技術革新と効率の改善を通してビジネスを発展させマーケットシェアを獲得できます。

このブログは、AFAシステムズ社のセールスおよびマーケティングマネージャであるエリック・ランゲン氏との共著です。写真はAFAシステムズ社のご厚意により提供されました。


Steve Mulder
Steve Mulder
Packaging Segment Lead, Rockwell Automation
Steve Mulder
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You