Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

コネクテッド・ワーカー・プログラムを最適化するためのガイドラインとベストプラクティス

The Endress+Hauser Process Training Unit (PTU) on May 21 and May 22, 2018 in Greenwood, IN.

LNSリサーチ社が2019年のコネクテッドワーカーの調査で確認したように、産業用デジタルトランスフォーメーション(IX)は単なるトレンドではなく、最前線の従業員を全体的な運用管理システムにデジタル的に統合することに焦点が当てられています。レアまたはエキスパートスキルにアクセスしてスケーリングするために作成されたリモート・オペレーション・センター、データのキャプチャ、デジタル作業指示の取得、文脈に沿って行なわれるトレーニングの受信に使用されるモバイルおよび拡張現実(AR)技術について考えてみましょう。

なぜ変わったのでしょうか? LNSリサーチ社は3つの人口統計学と技術シフトを引用しています。

  • スキル、経験、知識の喪失を含む労働力不足の影響
  • 新しいデジタルテクノロジを導入するIXプログラムは必要とされる人材の能力を変える。
  • テクノロジと仕事に対する態度に関する新しい期待と認識を持つデジタルネイティブで構成される最新世代の人材

産業組織がこれらの変化に対処する際に、LNSリサーチ社は、彼らのアプローチには、彼らが最前線の人材を管理する方法と、雇用、トレーニング、保持の課題に対応するコネクテッドワーカーのデジタルテクノロジの役割を再考する必要があるとアドバイスしました。LNSリサーチ社の調査では、このアプローチを導くための5つの推奨事項が提供されました。

  • 予想されるビジネス結果に基づいて投資のユースケースを選択する。
  • 構造化アプローチを使用して、コネクテッドワーカーのユースケースの候補を選択する。
  • 文化的準備の重要性を過小評価しないこと
  • コネクテッドワーカーのイニシアチブを「私にとってのメリット」にフォーカスする。
  • 人工知能(AI)を含む高度な分析の力を活用する。

私たち自身、産業の製造メーカとして、これらの推奨事項について考えることで、私たち自身の経験とコネクテッドワーカー、または「デジタルワーカーの生産性」の取り組みを振り返ることができました。私たちは常に「人、プロセス、テクノロジ」を結びつけるという観点からIXに焦点を当ててきました。私たちのデジタル人材生産性プログラムを実装する際、これらの基盤が同様に重要な要素であることがわかりました。

例えば、候補のユースケースに優先順位を付けます。LNSリサーチ社は、「ホームラン」のビッグバンプロジェクトに実施する前に、低リスクのプロジェクトから価値を証明することを奨めています。

工場の1つでのISO監査違反に対応して、特定のワークステーションでトレーニングを受けた従業員のみがそれらのワークステーションを使用できるように、すべての従業員トレーニング記録をデジタル化しました。違反は、監査人の要求に応じて特定の従業員のトレーニング記録を作成できなかったときに引き起こされました。従業員が適切なトレーニングを完了したことを示す文書を提供できませんでした。デジタル化されたトレーニングレコードを実装することで、問題が再発しないことを保証し、その副産物として、再認定とパフォーマンス管理の取り組みも簡素化できました。必要に応じて、全体および個々の従業員のパフォーマンスを追跡し、再トレーニング/再認定をトリガできます。

このプロジェクトは、トレーニングレコードのデジタル化の複雑さの点でリスクが低く、コンプライアンスを実証し、再認定/パフォーマンス管理の取り組みを管理する当社の能力の点で大きな価値をもたらしました。テクノロジを効果的に使用してプロセスを変更し、社員のスキルとパフォーマンスを管理しました。

組織として、これと他の4つのLNSリサーチ社の推奨事項を検討し、それらの中身を出して、経験に基づいて独自の例、ガイドライン、およびベストプラクティスを策定することを目的としています。私たちは製造施設で毎日IXプログラムの開発と拡張を続けているため、お客様の考えやアドバイスをお客様と共有して、お客様のビジネスを変革し、新しいテクノロジに対応していきたいと考えています。

これを念頭に置いて、今年は運用管理のトピックに焦点を当てた一連のウェビナーを計画しました。LNSリサーチ社のコネクテッドワーカーの調査に基づいた、「Meet the Digitally Augmented, Multi-skilled Worker」というタイトルの最初のものを、3月27日午前10:00 (米国中部標準時)に実施しました。このシリーズを皆さんと一緒に開始できることをとても嬉しく思います。ウェビナーに登録して、オンデマンドで表示するリンクを入手してください。ぜひウェビナーをご覧いただき、事前に質問やコメントをお寄せください。私にご質問がございましたら、mailto:rasoftware@ra.rockwell.comまでメールにてお問い合わせください。


Mary Burgoon
Mary Burgoon
Market Development Manager, CPG Industry, Rockwell Automation
Mary Burgoon
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案