Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

ビールからRTD (レディ・トゥ・ドリンク)飲料へお客様のビール醸造プロセスの再考

Main Image

ビール市場の成長が減速するにつれて、伝統のあるビールメーカはビールからハードセルツァーや他のスピリッツブレンドへと目を向けています。しかも、ビールメーカは、ビール醸造プロセスが非常に融通のきくものであることに気づいています。

「ビールメーカが困難な時期に直面」 – IndustryWeek
「ビール販売は横ばい」 – USAトゥディ
「ビールは瀕死の状態」 – CNN  

こうした記事は、ビールメーカを夜に眠れなくするのに十分です。中国、インド、ブラジルで局地的に成長している以外は、大半のグローバル市場でのビール販売はますます健康志向の消費者のために頭打ちになっています。また、アルコールをあまり飲まなくなり、飲むときにはカロリーがない刺激があるものを探します。

レディ・トゥ・ドリンク(RTD: 購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料または低アルコール飲料)のカクテル市場に、さまざまな刺激的飲料が割り込んできます。スピリッツベースのドリンク、ハードセルツァー(アルコール入りの炭酸水)、カンナビス-昆布茶-コーヒー入り飲料などです。ありとあらゆるものを、消費者は飲んでいます。クラフトビールの愛飲家でさえも飲んでいます。

アナリストはそれが一時的流行ではないことを認め、大メーカはビジネスチャンスであることを認識しています。2019年には、アンハイザー・ブッシュ社で「ビールにこだわらない」事業部が新設されました。そして、モルソン・クアーズ社は、2020年にMolson Coors Beverage (brewing (醸造所)ではなく) Companyを設立しました。

すべての人がハードセルツァー醸造とそれと似たようなものを求めているわけではないにしても、オーナや投資家にはラインの拡張を受け入れる大きな利点があります。そして、それはあなたが考えるよりも格段に実践的です。

自分の醸造所でもできるだろうか?

醸造所はハードセルツァーのようなRTD飲料に投資し、開発し、作り上げるのに理想的な環境です。しかも、お客様はすでに必要なライセンス、設備、能力を持っています。

ビールの製造は、お客様の現在のプロセスの用途の1つにしか過ぎません。しかし、砂糖の添加システムやカルボミキサーなどのいくつかの機能や必要な材料を収納するトートやタンクを追加する場合、同じ施設で最小の資本投資で新しい飲料の生産に着手できることになります。そこから先は、同じ包装機器を使用し、今使用しているのと同じ流通経路を活用することさえできます。

もう1つの利点は、ハードセルツァー醸造のより短い工程所要時間です。発酵は数週間のかわりに数日で済み、製品の出荷に要する時間が短く、その結果、より多くの製品を生産することができます。その上、少ない、あまり高価でない材料を使用します。 ちょっとした計画、品質と一貫性への同じ注意と、ビール醸造プロセスのオートメーションのおかげで、学習曲線は小さくなります。おまけに消費者はお客様のブランドをもっと好むようになり、投資家に成長のためにもっと投資し続ける気を起こさせます。

未来のための柔軟性

これらの新しいレシピと設定を構築し実行するのには、拡張性に富む柔軟性を必要とします。モジュール式ソフトウェアアプリケーションはプロセスを単純化し、調合、砂糖の添加、瞬間殺菌、または必要な工程のモジュールを簡単に追加できます。

ソリューションを評価する場合、オープンプラットフォーム上に構築された、多くの飲料タイプをバッチ処理し、混合できるFactoryTalk BrewやFactoryTalk Craft Brewのようなソリューションを探すことになります。以下の事項が達成可能か確認します。

  • オペレーションと、大バッチと小バッチ、多数のブランド、急速に変化する生産ニーズを考慮する簡単なスケジューリングとレシピ管理のバランスをとる
  • オペレーションの標準化と、コストの管理を支援するツールを使用して市場に短期間に製品を投入できる
  • バッチについての情報を提供し、コンプライアンスに準拠しながら品質と一貫性の改善に役立つ

結局のところ、最近のオートメーションフェアでロックウェル・オートメーションのお客様が紹介したように、将来を考慮しながら慎重な決断を下すということになります。

ミルウォーキー・ブリューイング社の社長兼創立者であるジム・マッケイブ氏は次のように述べています。「醸造所の設立を構想したときには、セルツァー(炭酸水)市場は存在さえもしていませんでした。私たちは、ビールを作ることができる醸造所を作りました。しかし、他の製品も醸造することができ、恐らくまだ想像もしない製品さえも作ることができます。」

業界は変化しています心配ありません

RTDについてエキサイティングだと思いませんか? これは、よくある話です。多くのビール醸造所は、ビールに持つのと同じ情熱をこの新しい市場に捧げるのに苦労しています。しかし、ブレンドされたドリンクが刺激を欠いていいわけではありません。その土地の材料や、大胆な風味、または何であろうと、製品をユニークにさせているものに忠実であり続けてください。

超有名なビールブランドがクラフトビールに衝撃を受けたように、大手のセルツァーがクラフトRTDに衝撃を受ける可能性があります。市場は、斬新な発想のアルコール入り飲料に広く開放されています。過去10年間にクラフトビールで学んだように、生産者がブランドの価値に忠実であれば、ブランドへの忠誠が得られます。

急成長のセルツァーにすべてを捧げるのか、次のIPA (インディア・ペール・エール)を極上に仕上げるのに全力を尽くすのであろうと、ビール醸造プロセスを柔軟にし、ブランドプロミスを揺るぎないものに保つために、あらゆる規模の醸造所に対応する自動化オプションを特集しているこのビデオをご覧ください。


購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ