Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ビールから手指消毒剤の生産へ: COVID-19に対し製造を適応

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Michaela Kaufmann
Michaela Kaufmann
Product Manager, iTRAK, Rockwell Automation
Michaela Kaufmann

COVID-19が猛威を振るう中で世界は立ち尽くしています。もはや、社会的接触はなく、「ビジネスはいつも通り」ではありません。実際、多くの人にとって「平常」は存在しません。今では、命を守るために家に閉じこもっています。

しかし、家に留まることができない医者、看護師、薬剤師のような勇敢な人々がいます。また、目に見えないところで、製造メーカ、機械メーカ、サプライヤが活躍しています。こうした人々は、食品、命を救う医薬品、マスク、および抗菌ウェットティッシュの製造を担っています。

このような時には、緊急に必要な製品を確実に生産するために私たちも一緒に行動しなければなりません。しかも、それだけではなく、できるだけ短期間で生産し、大量生産中に発生する可能性がある中断を防ぎ、社会全体の利益のために貢献しなければなりません。

状況に陥っています。この状況を解消するために醸造施設が消毒用アルコールの生産に乗り出していますが、どうすれば、ビールや蒸留酒から手指消毒剤の生産へと速やかに切換えられるでしょうか? どうすれば、新たに開発した医療機器を現在の製造ライン用に適応させることができるでしょうか? どの医療品生産を優先させるべきなのかという難しい質問に、どのように答えたらよいのでしょうか? どの製造ラインを切換えたらいいのでしょうか? 明らかに、現在のパンデミックと戦うための製品の製造に大きな需要があります。しかし、同時に命を救う医薬品に対する需要も存在します。そのため、特定の製品に対する需要の増大にどのように対応し、その一方で、生産量を拡大するための物理的インフラがないという課題をどのように克服したらよいのでしょうか?

独立型カートテクノロジ(リニア搬送システム)は、これ1つで複数の生産需要に対応できます。

独立型カートテクノロジ(リニア搬送システム)は、ボタンを押すだけで異なる製品や形式に対応するように切換えることができ、1つの生産ラインでさまざまな製品を製造することができます。

医療品の個別包装は? 問題ありません。

シングルパックや大容量パックにも対応できますか? まかせてください。

おむつからマスク生産への切換えは? すぐに対応できます。

同時に、複数の需要に対応する大量の特注生産が可能になります。

リニア搬送システムは、その特長である無類の柔軟性以上のものをもたらします。ピッチレステクノロジを導入したことで、スループットと稼働時間を向上する一方、速度を制限するチェーンやベルトなどの従来の機構が不要になります。連続動作と断続動作の組み合わせ、およびロボットなどの他の外部軸との同期の容易さは、運用効率の改善と生産性の向上に貢献します。これにより、一般的に問題となっていた送り込みの制御の複雑さは、もう過去のものとなりました。機械は今や拡張も縮小も可能でモジュール式で設計されているので、設置面積も減らすことができます。新製品に合わせて既存の機械を再配置し、マルチな機械機能に統合することも簡単です。

プロセス全体にわたる個々の製品の分析とスマートなトラック&トレース機能は、離れた場所からでも品質の保証、生産プロセスの改善、エネルギー消費の削減を支援し、特注生産にも対応します。

止まることのない技術革新

リニア搬送システムは、分析、シミュレーション、ワイヤレス動力伝達や無線通信のような他の最先端のテクノロジと組み合わせて、製造を次のレベルに引き上げます。分析は、どのように機械が稼働しているかを見通して、稼働時間を最大化します。シミュレーションを使用して、デジタルツインを作り上げることができ、仮想トレーニングおよびサポートを提供します。これにより、製品の市場投入に要する時間を短縮します。この機能は、製造メーカがいち早く生産を切換えることを必要とする現在のこの不確かな時期に特に重要です。

旧式の機械式コンベアではふるい落とされるような製品でも、ムーバでは固定できるため、軽量品を想像できないような速度で運ぶことができます。

これらは、創造性と技術革新が決して止まることがないことを証明するほんの数例です。

どの需要が最も重要か決めつけないでください。現在の世界のニーズを満たしながら、将来の基礎を築きましょう。すべてのニーズを組み合わせて、サービスを提供するためにお客様を支援いたします。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You