Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

新しいDCSテクノロジが生産を簡略化する4つの方法

Main Image

PlantPAx DCSの最新リリースは、最先端の処理能力と優れた設計実績を活用し、ライフサイクル全体にわたって生産性を向上させます。

さらに頻繁になるプロセスの変更。新たなテクノロジ。より大きなデータセット。一段と優れたトレーサビリティとコンプライアンスの要件。厳しい予算。

聞いたことがありませんか?

石油精製所から食品飲料プラントまで、プロセスエンジニアはますます複雑なシステムを管理することを要求され、より少ない資源でより多くのことをこなすことを求められています。良い知らせは、最新の分散制御システム(DCS)プラットフォームは技術開発と歩調を合わせているということです。しかも、ますます多くのDCSユーザが最適なパフォーマンスを目指してシステムのアップグレードと最新化を考えています。

しかし、DCSの最新化はどのようにして複雑なシステムを管理し、生産性を改善できるでしょうか? 私が出会った多くのプロセスエンジニアは、恐らくこう質問してきます。

当社の最新リリースの最新のDCSは、システムのライフサイクル全体を通しての課題に対応し、重要な4つの方法で生産を容易にします。

1. 堅牢な専用コントローラが複雑さを最小化

もともと、処理プラントは多面的であり、変化し続けています。アプリケーションが拡張し、より高度になるにつれて、多くの旧式のコントローラやI/Oプラットフォームはついていけなくなっています。多くのプラントでは、新しい要求に応えるために既存のオートメーション基盤にコントローラを追加することが、唯一の実質的な対応でした。

しかし、ご存知の通り、追加のシステムを導入し、ときには異種のシステムを導入することは、本質的に複雑なDCSをさらに複雑にし、統合し維持することを費用のかかる作業へと変えています。

さて、新しいタイプのプロセスコントローラは優れたオプションを提供します。優れた処理能力と機能における大きな利点は、より少ないコントローラでより多くの運用方法を管理できることを意味し、アーキテクチャの複雑さを軽減し、関連するライフサイクルコストを削減できます。

また、最新のリリースはアラームやイベントのポーリングによるアーキテクチャのストレスを大きく削減する、「Report-by-Exception」(例外時発生のレポート)を有効にできます。その上、多くのシステムにとっては、ポーリングが少ないことはデータサーバが少ない台数で済むことを意味します。

2. 組み込まれたプロセスオブジェクトがアプリケーションとユーザエクスペリエンスを一貫化

誰もが、システムがどのように機能するかについて自分の考えを持っています。しかも、私たち誰もが優れた開発者のスキルを称賛しますが、一方で、特定の開発者の「微調整」はシステムを保守したり、更新したりするときに大きな問題になることがあります。

さらに、ベンダー提供のオブジェクトライブラリを変更した場合、移行を保守したり、変更を文書化する際にベンダーに頼れなくなります。それは御社の従業員やシステムインテグレータの仕事になり、システムのライフサイクルに渡ってコストとリスクを増大させることになります。

DCSの最新化の一部として、新しいタイプのコントローラの特長は、よりいっそうの設計の一貫性を達成するためにプロセスオブジェクトをファームウェアに組み込んだことです。組み込まれたプロセスオブジェクトは核となるコントローラの機能を「ロックダウン」することによりシステム開発の最新アプローチをサポートし、開発者は上位レベルのアプリケーション用の構成に集中することができるようになります。

産業規格に準拠した中核機能は編集できないために、組み込まれたオブジェクトを活用することでシステムの一貫性を維持し、複製プラントを短期間で構築できるようになります。また、新規のファームウェアリビジョンが利用できるようになると、組み込まれたオブジェクトは自動的に移行されるため将来的なアップグレードを簡単に行なえるようになります。

3. 時間を節約する自動診断機能

使用中の既存のDCSタグデータベースは、コントローラ、I/Oおよびフィールドデバイスに関する診断情報を含んでいます。その情報をオペレータが利用できるようにするためには、バックエンドでのかなりの開発作業を必要とする可能性があります。

実際、制御システムの診断タグを特定し、次にHMIプラットフォームのそれらのタグにリンクを設定することは、システムを設計して保守するために必要なコーディングの30%も占めています。

DCSの最新化はこのブロセスを効率化します。最新のプロセスコントローラの拡張機能を使用すれば、シングルクリックで事前に構成されたアラームが自動的にHMIにただちに展開されます。この機能は開発の初期段階、およびプロセス要件が進化するにつれてシステム寿命全体を通して大幅に時間を節約します。

4. 最新の規格に準拠しているためサイバーセキュリティのリスクが最小化

最新のIIoTテクノロジの利点を活用するために、お客様のDCSは企業レベルのシステムと統合する必要があります。しかし、企業全体の情報をさらに接続することは、意図せずプロセスオペレーションを危険にさらす可能性があります。

最新式のDCSは高度な分析と他のデジタルテクノロジの両方の利点を活用するニーズを認識し、お客様の極めて重要なデータを保護できます。最新のリリースにより移行を進めることが可能で、国際規格IEC 62443に準拠したシステムとプロセスコントローラおよび、多層防御に基づくグローバルなサイバーセキュリティのベストプラクティスを実装できます。

多層という用語が意味するように、多層防御戦略は強靭ないかなる1点の防御も

打ち負かされることを認識しています。この戦略に基づくサイバーセキュリティシステムは、物理的、電子的、プロシージャの安全対策を組み合わせて多層の防御を確立します。

リスクを軽減し、総所有コスト(TCO)を最小化し、生産を容易にするために、既存のPlantPAxシステムをアップグレードすることについて知識を深めましょう。

PlantPAx移行ビジネス開発マネージャであるクリス・キングがこのブログを投稿しました。


Blair Wilson
Blair Wilson
PlantPAx Marketing Manager, Rockwell Automation
Blair Wilson
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案