新しいデジタルソリューションにより、リモートドメインの専門知識が油田にもたらされる

ConnectedProduction技術により、油田の専門知識と生産アドバイザリシステムへのシームレスなアクセスが可能

シュルンベルジェSISグローバルフォーラムのためにパリに石油&ガス業界のリーダが集結し、重要なリアルタイム分析とドメインの洞察と上流の運用を結びつけることで、生産を最適化する画期的なデジタルソリューションを模索する機会を持ちました。

ConnectedProduction技術により、油田の専門知識と生産アドバイザリシステムへのシームレスなアクセスが可能

新しいデジタルソリューションにより、リモートドメインの専門知識が油田にもたらされる

SISグローバルフォーラムでは、ロックウェル・オートメーションのConnectedProduction技術と、石油&ガスのソフトウェア、サービス、およびドメインの専門知識を組み合わせて、シュルンベルジェの端から端までの生産アドバイザリシステムを構築する方法が参加者に紹介されました。このソリューションにより油田の自己宣言が可能になり、自動的に発見され生産環境に統合されます。これにより、導入のリスク、コストおよび複雑さが軽減されます。

ロックウェル・オートメーションのシニア・バイス・プレジデント兼最高技術責任者(CTO)であるスージー・チャンドは次のように述べています。「インテリジェントなオートメーションおよび情報は、石油&ガスの生産コストを低減し、あらゆる油田からの回収を意最大化するためのゲートウェイです。当社のConnectedProductionの製品は、運用とIT環境を統合して、人、プロセス、および技術をセキュアにつなげます。」

チャンドは、3日間のSISグローバルフォーラムの初日である9月13日に、ITエグゼクティブプログラムでデジタルトランスフォーメーションが石油探査と生産にどのように影響を与えるかについて話し、ロックウェル・オートメーションはグローバル・テクノロジ・イベントの主要なスポンサーであり、1,000人を超える石油&ガスの専門家を招きました。

システムを意識した生産オートメーションソリューションと ドメイン専門知識への前例のないアクセスが、他の石油&ガスのソリューションプロバイダが提供するソリューションと比較した場合、このソリューションの主な利点です。

このソリューションは、坑口でのリアルタイム制御と分析を提供することのにより石油&ガス業界のスキルギャップを埋めるのに役立ちます。また、離れた場所からでも現場でも情報を集めて分析できるようにする通信技術も提供しています。

作業者では簡単に解決できない製造上の異常が発生したときに、デジタルデバイスを使用して ドメインの専門家に素早く接続して情報を共有することができます。石油掘削現場と制御室、および他の場所との現場でのこのコラボレーションにより、意思決定がスピードアップして、運用が合理化されます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

問い合わせ先

Tom Spencer

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。