新しいアプリケーションのコンテンツにより、マシン設計がスピードアップし将来に対応可能に

ロックウェル・オートメーションのコードライブラリとデバイスオブジェクトにより、機械の設計とデバイスの交換にかかる時間を短縮できます。

ロックウェル・オートメーションは、機械装置メーカ(OEM)とプロセススキッドの製造メーカが最先端のマシン設計を迅速かつ低コストで作成できるように、新しいアプリケーションコンテンツをリリースし続けています。最新コンテンツには、デバイスオブジェクトと2つのマシンビルダーのコアライブラリがあります。その1つは 加工、印刷およびウェブ(CPW)マシン用で、もう1つはプロセススキッド用です。この新しいリリースは、包装アプリケーション向けのすでに使用可能なコンテンツを補完します。

新しいアプリケーションのコンテンツにより、マシン設計がスピードアップし将来に対応可能に

新しいアプリケーションのコンテンツにより、マシン設計がスピードアップし将来に対応可能に

マシンビルダーのライブラリは標準化されたアプリケーション固有のコードを提供し、エンジニアがCPWマシンとプロセススキッドを迅速に設計して、最高のパフォーマンスを達成できるようにお助けします。ライブラリにはアプリケーション固有の機能も含まれています。例えば、プロセススキッドのライブラリにはステート・マシン・エンジンが含まれており、エンジニアは特定のスキッドの機能に対応するカスタム動作を開発できます。

デバイスオブジェクトは、特定のデバイスをマシン内の他のライブラリオブジェクトに接続するための共通インターフェイスを提供するコードおよび視覚化オブジェクトです。これによって、デバイスを移行する際に再度プログラミングする作業を大幅に削減できます。エンジニアはマシンのエンジニアリングサイクル全体を変更に対応させるために書き換えるのではなく、新しいタイプのデバイス用のオブジェクトを追加するだけでよくなります。デバイスオブジェクトの最初のセットは、スタータ、ドライブ、およびモーションデバイス用です。また、Allen-BradleyのPanelView 5000オペレータインターフェイスの新しいライン用のフェイスプレートも提供します。

ロックウェル・オートメーションの上級管理者アプリケーションIPであるアキム・トムセンは次のように述べています。「当社のモジュール式のアプリケーションのコンテンツにより、今日のスマートマシンで使用されている膨大な量のコードを簡単に管理できるようになります。マシンの設計者はこれらの新しいライブラリとデバイスオブジェクトを使用して、より効率的かつ費用対効果の高い方法でマシンを作成できます。当社では、今後もより多くのアプリケーションやデバイスのために新しいコンテンツをリリースしていきます。」

新しいアプリケーションのコンテンツは、ロックウェル・オートメーションの製品互換性ダウンロードセンター(PCDC)から無料でダウンロードできます。ダウンロードすると、ユーザはコンテンツをStudio 5000 Application Code Managerアプリケーションにインポートできます。

Studio 5000 Application Code Managerアプリケーションは、エンジニアがコンテンツにアクセスし、アプリケーションを構築したり、キャビネットを構築する前にアプリケーションをテストしたりするための、単一のユーザフレンドリな場所を提供します。エンジニアは、他のプロジェクトで再利用できるように、Application Code Manager内で独自のライブラリオブジェクトを作成および管理することもできます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。