今後リリースされるPlantPAx DCSシステムは、プラントライフサイクル全体における業界の課題に対処

御室から役員室に至るまで、プロセスシステムのユーザは永続的な課題に直面しています。従来の専用DCSシステムは、最新化する能力が限られているため、リスクとコストが発生します。システムの機能が限られているため、機器をオンラインに保つことは困難です。重要な情報にアクセスしないと、ビジネスの改善を促進するのは複雑で費用がかかる可能性があります。

PlantPAx分散制御システム(DCS)の最新リリースはプロセス・ソリューション・ユーザ・グループ(PSUG)で発表され、プラントライフサイクルの各段階を通じて業界の課題を解決するための最新のアプローチを推進します。リリースは2020年夏に予定されています。

PlantPAx 5.0 DCSを使用してシステム戦略を制御するための簡素化されたアプローチにより、プラントのすべての領域で生産性が向上します。このリリースでは、ロックウェル・オーートメーションは最先端のプロセスコントローラを導入し、コントローラのパフォーマンスが向上するため簡略化され低コストのアーキテクチャを提供するだけではなく、スケーラビリティとスキッド統合を改善します。組み込まれたネイティブ・プロセス・オブジェクトにより、エンジニアリングコストが削減され、プロジェクトの一貫性が高まります。新しいサイバーセキュリティ機能とシステム認証により、より安全でよりセキュアな運用が保証されます。

ロックウェル・オートメーションのグローバル・プロセス・ビジネスのディレクターであるジム・ウィンターは次のように述べています。「当社の顧客諮問委員会のメンバーを含む幅広いお客様の声に耳を傾け、私たちはライフサイクルコストを左右する重要な問題を特定しました。PlantPAx 5.0により、最新のDCSアプローチの機能を拡張し、革新的機能を追加して、よりスマートで、高性能で、費用効果が高く、将来にわたって対応できるシステムを提供します。」

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。