ロンザ社は製薬事業のデジタルトランスフォーメーションにロックウェル・オートメーションを選択

ペーパーレスと最先端の年中無休の生産を促進するために、ロンザ社はFactoryTalk InnovationSuiteと共にPharmaSuite MESソフトウェアを使用

ロンザグループは、薬品カプセルを製造している9つの旧カプスゲル社の施設にデジタルファクトリを導入するというロンザ社の戦略的なビジョンのターンキー配備のためにロックウェル・オートメーションを選択しました。

ロンザ社は製薬事業のデジタルトランスフォーメーションにロックウェル・オートメーションを選択

製薬事業のデジタルトランスフォーメーション

1897年に設立され約15,500人の従業員を擁するスイスに本社を置くロンザ社は、ロックウェル・オートメーションのPharmaSuite製造実行システム(MES)ソフトウェアを選択して、製造環境におけるオペレーションをデジタル化しました。具体的には、ソリューションはオンデマンド生産のジャスト・イン・タイム注文の大量生産期間中の中断を回避し、運用効率の新しい時代を迎えるように設計されています。

ロックウェル・オートメーションは、世界のトップ10のライフサイエンス企業すべてにサービスを提供し、スケーラブルなデジタルトランスフォーメーション、産業分析、および完全自動化された高速製造環境向けのIoTソリューションの専門知識を提供しています。また、この9つの施設への導入は世界中の1,500人の従業員に、次のレベルの効率と品質を達成するための新しい運用技術を中心とするツールを提供します。

ロックウェル・オートメーションのエンタープライズアカウントおよびソフトウェア部門の上級副社長であるジョン・ジェノーブサイは次のように述べています。「デジタルトランスフォーメーションは、世界中の製薬会社に新しいレベルの運用効率、品質、プロセスオートメーション、および従業員の生産性をもたらします。私たちは、ロックウェル・オートメーションのソフトウェアソリューションを使用することで、ロンザ社が製品、業務、および労働力を最大限に活用できるように進化していくことを誇りに思います。」

ロンザ社は、PharmaSuite MESソフトウェアとFactoryTalk InnovationSuiteソフトウェアを使用して、製品を個々のカプセルカートンまで追跡し、パフォーマンスと製造に関する洞察を得ることができます。SAPとPharmaSuite MESを分離することで、ワークフローを強化し必要な情報を収集することによって、グローバルなエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)のシャットダウンや必要なメンテナンスの際の中断を回避することもできます。

ロックウェル・オートメーションのソフトウェアソリューションは、組織がデジタル時代に向けて継続的にオペレーションを最適化することを支援します。現在、ロンザ社と協力して医薬品製造の最先端に事業を維持するための革新的なプログラムに取り組んでいます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。