ロックウェル・オートメーションはヒューストンへのコミットメントを表明

11月15日と16日にジョージ・R・ブラウン・コンベンション・センターでオートメーションフェアを開催

ハリケーン・ハーベイとイルマによる破壊から数週間後、ロックウェル・オートメーションのリーダたちは自信をもってヒューストンで毎年開催されるオートメーションフェアの計画を進めています。ロックウェル・オートメーションの社長兼最高経営責任者(CEO)であるブレイク・モレットは次のように述べています。「私たちの心は偉大なるヒューストンのコミュニティと、最近のハリケーンの被害を受けたすべての人たちとともにあります。私たちはヒューストン市に約束しました。また、私たちのイベントがコミュニティと地域の復興を支援する1つの方法となることができましたら幸いです。」

ロックウェル・オートメーションはヒューストンへのコミットメントを表明

11月15日と16日にジョージ・R・ブラウン・コンベンション・センターでオートメーションフェアを開催

ロックウェル・オートメーションは、ヒューストン、グレーター・ヒューストン・コンベンション&ビジターズ・ビューロー、ジョージ・R・ブラウン・コンベンション・センターと緊密に協力し合っている毎年数千人が参加する今年のイベントの成功を確実にする計画をたてています。

ロックウェル・オートメーションとグローバルなPartnerNetworkプログラムのメンバーが主催する2017オートメーションフェアへの登録が開始されました。今回のイベントは、世界中の製造メーカや生産者にコネクテッドエンタープライズを実現するための最新の製品、サービス、ソリューションを見る機会を提供します。

ロックウェル・オートメーションの社長兼最高経営責任者(CEO)であるブレイク・モレットは、ヒルトン・アメリカズ・ヒューストンで11月14日に予定されているAutomation Perspectivesグローバル・メディア・フォーラムにおいて業績を推進し、産業の生産性向上を支援するオートメーションの動向と技術に関す彼のビジョンと洞察を共有します。モレットは以下のように述べています。「今年のイベントの焦点は、より良いコラボレーション、迅速な問題解決、生産性の向上を実現するために、オペレーション間で統制と情報を統合することによって、企業が測定可能なビジネス結果を達成する方法を学ぶのを助けることです。会社として、私たちは産業界の企業とその人々の生産性向上を支援することに情熱を持っています。」

オートメーションフェア

11月15日と16日に、ロックウェル・オートメーションとPartnerNetworkのメンバーによる140以上の産業生産と生産の最新の製品革新を展示する展覧会が開催されます。ショウフロア全体で、参加者は豊富な製品の実演を見ることができ、業界の専門家と交流することができます。さらに、参加者は19の実践的な技術に焦点を当てたハンズオンラボに登録し、90を超えるテクニカルセッションに参加することができます。また、9つのフォーラム(化学、 エンジニアリング、調達および建設、食品および飲料、機械装置メーカ、石油&ガス、電力とエネルギーの管理、パルプ&製紙、上水と廃水、および製造業界でのダイバーシティ(多様性)とインクルージョンを含む)で、お客様や業界のリーダからベストプラクティスを学ぶこともできます。

プロセス・ソリューション・ユーザ・グループ(PSUG)

さらに、オートメーションフェアに先立つ11月13日と14日にPSUGを開催します。PSUGでは、さまざまな業界のITおよびエンジニアリングの専門家が集まり、ベストプラクティスを共有し、業績を改善させるための新しいプロセス自動化技術について学ぶことができます。このイベントには、約25のテクニカルセッション、10のハンズオンラボ、およびロックウェル・オートメーションのお客様による25以上のプレゼンテーションが実施されます。また、このイベントでは、一連のオープンフォーラムのパネルディスカッションも開催されます。

Automation Perspectivesグローバル・メディア・イベント

11月14日に、毎年開催されるAutomation Perspectivesグローバル・メディア・フォーラムでは報道関係者や業界アナリストを迎えて、グローバルな製造と生産の課題、および業績を推進し、産業の生産性向上を支援するオートメーションの動向と技術を学ぶことができます。経営幹部や業界の専門家は、デジタル化の機会と課題を管理するための戦略、 先進的製造のニーズを満たす高度に熟練した人材を育成するためのパートナシップとプログラムを共有します。

2017オートメーションフェア、PSUGおよびAutomation Perspectivesグローバル・メディア・フォーラムへの登録が開始されました。

ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkプログラムについて

ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkプログラムは、プラント全体の最適化を実現し、機械の性能を向上させ、サステナビリティ(持続可能性)の目標を達成するためのクラス最高のソリューションの開発、実装、サポートに重点を置いた協業的なネットワークに世界中の製造メーカがアクセスできるようにします。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

問い合わせ先

Tom Spencer

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。