ソフトウェア駆動の接続されたサービス

ソフトウェア駆動の接続されたサービスがデジタルトランスフォーメーションを推進

ロックウェル・オートメーションのサービスの拡張により、接続されたオペレーションからメリットを引き出すことが可能に

多くの企業は、業務の最適化を目的としたデジタル技術を導入しています。ポイントソリューションを目標とするかまたは完全なデジタルトランスフォーメーションを実行するかにかかわらず、ほとんどの組織では新しいソリューションの計画、導入、および保守を支援したり、デジタル化から最大限の価値を引き出せるよう支援する必要があります。 情報基盤とセキュリティのニーズを満たすために、ロックウェル・オートメーションはコネクテッドサービス製品を採用し、この製品ラインナップを引き続き拡大しています。

ソフトウェア駆動の接続されたサービスがデジタルトランスフォーメーションを推進

ソフトウェア駆動の接続されたサービスがデジタルトランスフォーメーションを推進

コネクテッドサービス製品には、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、リモート資産モニタと予知保全、サイバーセキュリティ脅威の検出と回復、トレーニング、およびコンサルティング製品などの産業基盤の評価、設計、導入、サポート、およびモニタ機能があります。これらのソフトウェア駆動のサービスは既存のアプリケーションと製品サポートサービスの上に構築されており、企業が生産データにアクセスすることで資産活用と生産性を向上して、リスクを削減して市場投入に要する時間が短縮されます。

ロックウェル・オートメーションのコネクテッドサービスのグローバル製品マネージャであるシャーマン・ヨシュアは、次のように述べています。「業界の運用者は産業革命以来、最先端のテクノロジを使用してきました。当社のお客さまは、業務のデジタル化やコネクテッドエンタープライズの構築は、新技術の導入をはるかに上回るものであることを理解しています。彼らは、事業を変革し、新しいテクノロジが解き放つ価値を獲得するために適切なインフラ、プロセス、そして人材を必要としています。その価値は巨大です。 当社のコネクテッドサービスは、お客様がより簡単かつ迅速にお客様の情報を見つけることができるようにします。」

例えば、ARC Advisoryグループによると、業務上の予定外のダウンタイムのコストは200億ドルを超えています。ダウンタイムの検出、診断、および修正の従来的な手段では、ダウンタイムの約76%が是正措置が実施される前に発生します。コネクテッドサービスにより、ユーザは問題を素早く検出して解決できるようになり、ダウンタイムを最大30%短縮します。

コネクテッドサービス製品は、セキュアな情報インフラを構築することか ら始まります。ネットワークとサイバーセキュリティサービスには、評価と設計、技術サポート、IT/OTトレーニング、リモートモニタ、脅威の検出 と除去、ターンキー実装、設計済みのネットワークソリューション、およびネットワークモニタと管理があります。これらのサービスは、新しい装置とシステムの統合をスピードアップし、セキュリティを大幅に改善し、技術的なリソースにアクセスすることでダウンタイムを短縮できます。

リモートサポート、モニタ、および応答サービスは、24時間の運用とリモート操作を通じて重要なプロセスにとって特に価値があることがわかります。これらのサービスは、オンサイト・メンテナンス・チームを補完して機械の連続モニタと事故への対応から、年中無休の24時間体制のリモートサポートおよびソフトウェア/ファームウェア更新までのすべてを提供します。 導入すると、FactoryTalk Cloudゲートウェイ、オンプレミスのロックウェル・オートメーションの産業用データ・センター・サーバ、または両方のオプションを組み合わせたハイブリッドモデルを利用して、生産性を向上してダウンタイムを削減できます。

データ統合と文脈化サービスは、豊富なデータを収集し、実用的な情報に変換するのに役立ちます。これらのサービスは、生産性拡大の新しい機会をもたらします。生産者は、ネットワーク、企業、またはアプリケーション全体をモニタ、保持、管理するために、ロックウェル・オートメーションに依頼してスキルギャップの課題を軽減することができます。さらなるデジタルトランスフォーメーションとデータ・サイエンティスト・コンサルティング・サービスは、2018年に使用できるようになる予定です。

また、コネクテッドサービス製品はスケーラブルで、生産者はROIを構築して、CAPEXの資金調達よりもOPEXに依存しています。ロックウェル・オートメーションは、グローバルにコネクテッドサービス製品を提供して実行でき、組織に業務全体で一貫したサポートを提供します。

これらの製品は、ヒューストンで開催されたロックウェル・オートメーション主催のAutomation Fairで展示されました。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

問い合わせ先

Michelle Deysel
Michelle Junius

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。