ハニャン・パッケージング社は、デルタロボットを使用することで生産性と効率を向上

包装会社は生産性と効率を向上

課題

  • 市場の需要の増加により、ヒューマンエラーを減らし、全体的な生産性を向上させるためのソリューションが求められていた。

ソリューション

結果

  • 追加雇用なしで生産性を向上
  • 昨年の2倍以上の売り上げ
  • オペレータの作業負担を軽減
  • 投資収益率(ROI)が向上

高度なモーションソリューションによって速度と効率を備えた標準化された包装

韓国で昔から人気のあるスナックは、海藻(海苔、韓国語で「キム」)から作られています。西洋文化におけるクッキーのように、韓国の乾燥海苔は美味しさと風味の多様性でよく知られています。K-Popを含む韓流の影響を受けて、韓国料理は多くのアジア諸国の間で注目を集めているトレンドの1つになりつつあります。

韓国最大の包装会社の1つであるハニャン・パッケージング・アンド・エンジニアリング社は、三方包装機と自動供給装置などの自動包装機を設計、製造、および設置する包装オートメーション会社です。同社は自動包装機とフロント/バックフィーダの豊富な経験を持っています。

近年は、ハニャン・パッケージング社は、「キム」サプライコンベアから自動フィードコンベアまでのラインナップを揃えた、シンプルな包装会社で食品飲料包装業界にトータルソリューションを提供できる企業へと成長しました。そして、コンテナ供給装置、切断装置および包装機を供給できます。

海藻は非常に薄く、梱包プロセスで破れる恐れがあるため、梱包は手作業で行なわれていました。しかし、市場の需要の増加と生産量の増加に伴い、ハニャン・パッケージング社は高度な機械による自動化ソリューションの導入が、実行可能な代替案であると判断しました。

課題

市場の需要の増加に伴い、ハニャン・パッケージング社は2つの大きな課題に直面しました。1つはヒューマンエラーによる納品の遅延です。海苔を手作業で処理することで起こるヒューマンエラーにより効率が悪くなり、正確性や柔軟性に欠けているために商品の配送が遅れていました。

2つ目の課題は、市場の需要の増加に伴って必要となった生産性と生産量を拡大です。既存の労働力では生産のニーズを満たすことが難しかったため、ハニャン・パッケージング社は自動化されたソリューションの導入を目指しました。

ハニャン・パッケージング社から最も広く販売されている自動送りコンベア、切断装置、および乾燥剤供給装置を含む海苔切断機

ソリューション

拡大する需要に対応するために、ハニャン・パッケージング社はスマートマシン設計に革新的なアプローチを採用しました。独立したロボット制御環境を含む従来の機器とは異なり、ロックウェル・オートメーションの統合アーキテクチャによるデルタロボットは、ロボット制御からインデキシングや搬送にいたるまでシステム全体を1つの制御プラットフォームに依存しています。大量のロボット制御環境を含む伝統的な機器とは異なり、単一の制御プラットフォームのみを使用することでネットワークとハードウェアの両方の観点から接続性を向上させることができます。

統合アーキテクチャは、スマートマニュファクチャリング、スマートマシンおよびスマート機器をもたらすリアルタイム制御と情報です。統合アーキテクチャシステムの一部として、CompactLogix 5370 L3コントローラは、すべてのLogixコントローラと同じプログラミングソフトウェア、ネットワークプロトコル、および情報機能を使用して、すべての制御分野に共通の開発環境を提供します。単一の制御環境とは、システム全体を標準化されたコントロータと1つの制御タッチスクリーンから管理できることを意味します。コントローラ内のキネマティクスの機能により、全体的なマシン設計が簡単になり、メンテナンス時にアクセスしやすくなりました。

CompactLogixコントローラに加えて、ロックウェル・オートメーションのシステムにはAllen-Bradley®のKinetix® 5500サーボドライブおよびVP-Series™サーボモータが使用されています。サーボはデルタロボットを制御するだけでなく、モーションの正確なインデキシングにも使用されます。

ロックウェル・オートメーションのソリューションアーキテクトであるキム・キフンは、次のように述べています。「1台のAllen-Bradley®のCompactLogix® 5370コントローラだけで、初めから終わりまでで必要とするすべての処理能力が提供されます。ロボットとすべてのサーボドライブを1台のコントローラに統合し、Logixの標準化されたCIP Sync /モーションプラットフォーム内のキネマティクスによって、ユーザのプログラミングの可能性を最大限に高めることで高度なモーションを簡単に制御できるようになります。」

ローダはAllen-BradleyのPanelView™ Plus 7を使用してモニタされます。これは、オペレータがマシンの状態を即座に把握し、的確な意思決定を行なう必要がある場合に情報を動的にモニタ、制御、および表示するアプリケーションに適しています。

結果

このソリューションにより、ハニャン・パッケージング社は、単一の共通制御プラットフォーム、共通ネットワーク、および設計環境で生産性と効率性を改善し、コストを削減できました。

ハニャン・パッケージング社は、ロックウェル・オートメーションの統合アーキテクチャを備えたデルタロボットを海苔の包装業界に最初に導入し、現在ではこの分野で最大手となり、圧倒的なマーケットシェアを誇っています。私たちは1つの食品飲料包装業界でトータルソリューションを提供しています。

このプロジェクトの成功は、ロックウェル・オートメーションの参考から成功例にするための参考例としてとても役立っています。お客様は、ロックウェル・オートメーションの製品とソリューションでしか実現できないハイエンドのデルタロボットについて、多くの参考を通じてよく理解しています。

このプロジェクトの成功は、2つの側面から評価できます。エンドユーザであるハニャン・パッケージング社にとっての成果は、新しい機器によってピークとなる夏場の生産で10~15人の従業員を追加雇用せずに乗り切れたことです。一方で機械装置メーカ(OEM)は、オートメーションの販売が前年の2倍に増加し、投資回収期間も長期にわたって短縮し、ROI (投資利益率)が6か月になるという成果を挙げました。

 

Allen-Bradley, ControlLogix, Kinetix, MP-Series, およびPanelViewは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

EtherNet/IPは、ODVAの商標です。Laver Cutting Machineは、Hanyang Packaging, Inc.の商標です。

お問い合わせ

当社の仕事は優れた知識とサービスを通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資が生かされるようサポートすることです。