20年後にスマートファクトリはどうなっているでしょうか?

20年後にスマートファクトリはどうなっているでしょうか?

あなたが未来に20年タイムトラベルしたとしたら、あなたはあなたのオペレーションを認識することができますか?

私がこの質問を考えることになったのは、Logix制御プラットフォームの最初のリリースを振り返ったときです。Logixが最初にリリースされたとき、長年の課題を対処するために新しい技術と方法が導入されました。

それは前のものより多くのメモリとより速いパフォーマンスを持っていただけでなく、これによって統合されたプラント全体のアーキテクチャに、ディスクリート、モーション、プロセスと安全のような、異なる生産分野を統合できるようになりました。

今後20年間を見据えて、Logixプラットフォームと他のデジタル技術は、さらに変革の可能性を提供します。それによって、設計、管理、そしてスタッフの運営方法が完全に変わります。

しかし、インダストリ4.0やスマートマニュファクチャリングのような概念はあまりにも漠然としており、現実世界の改善に変換するのは難しいため、その可能性はまだ産業界では多くの人に避けられています。

PLCは目に見えてその性能は測定可能ですが、インダストリ4.0などの概念は抽象的で、私たちの想像力の限界に縛られてています。

これを念頭に置いて、20年以内にスマートファクトリでオペレーションがどのように変わるかについて、具体的で達成可能な3つの例を見てみましょう。

資産の予知保全

今日、一部の組織ではこの機能を導入していますが、それでもほとんどの場合、事後対応型またはカレンダーベースの保守しか使用されていません。

資産の予知保全は、以下のように機能します。分析ソフトウェアがPLC、センサや他のソースから関連データを集め、次に、障害または障害につながる可能性がある異常を予測する既知のパターンを探します。

これによって、保守技術者あるいはいつの日にかロボットが、生産資産に起こった問題を故障につながる前に解決することができるようになります。

今後数年間で、自力で調整を行ない、修理を必要とせずに稼働を継続することができるPLCなどの自己修復資産もあります。

共同作業ロボット(自律的なロボット)

安全技術の向上のおかげで、人間とロボットが並んで作業するという考えはより一般的になり、そしてより受け入れられるようになっています。

安全バリアを使用して人をロボットから物理的に遠ざけるかわりに、共同作業ロボットは人の存在を検出し、人の距離に基づいて減速または停止することができます。これによって、安全と生産性の両方を高めることができます。

ロボットが重いものを積み上げたり持ち上げるなど、物理的に要求の厳しい生産作業を引き継ぐことを想像してみてください。これにより、労働者にかかる負担が軽減され、したがって労働者の怪我が減る可能性があります。これは、スキル不足などの課題を解消して企業の生産性を維持するのにも役立ちます。

マスカスタマイゼーション

生産プロセスにより近い高度な制御とより高度なインテリジェンスは、より大きなカスタマイズを可能にし、そのプロセスの過程で産業を変革します。

バイオ医薬品の生産が今から20年後にどのようになっているか想像してみてください。固定されたステンレス製の機器は消えていくでしょう。かわりに、労働者は機器、材料、チューブをある生産エリアから別の生産エリアに移動します。

モバイル可視化は、セットアップから生産までのすべての作業を通じて作業者を導くのに役立ちます。さらに、最新の分散制御システム(DCS)は接続を簡略化し、機器と材料が常に正しい場所にあるか簡単に確認できるようになります。

そのような施設は、よりターゲットを絞ったパーソナライズ(個別化)された生物製剤の要求を満たすために少量のカスタマイズされた製品を迅速に生産することができるでしょう。事前に検証され検証された機器などのソリューションを使用することで、立上げ時間を数年から数ヶ月に短縮することもできます。

トランスフォーメーションの実現

今日の新しい制御および情報技術は、将来に向けたスマートファクトリでこれらや他の機能を実現するのに役立ちます。しかし、技術だけでは十分ではありません。

投資を定義済みの問題や結果に結び付け、事業の他の部分にも反映できる成功を生み出し、継続的な改善のための基盤を作るにはデジタルトランスフォーメーションのストラテジが必要です。

そうでなければ、20年以内にあなたの事業はそれほど変わらないか、より良くはないと思うかもしれません。しかしあなたの競合他社の事業は違います。

ControlLogixコントローラのグローバル・プロダクト・マネージャであるデニス・ワイリーとの共著

Julie Robinson
投稿日 2018-06-08 投稿者 Julie Robinson, Marketing Manager - Logix, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。