1つのプラットフォームですべてに対応。プロセス。BMS。EMS。

1つのプラットフォームですべてに対応。プロセス。BMS。EMS。

すべてのプラントマネージャは異なる制御システムが生産フロアに及ぼす可能性のある悪影響を痛感しています。

複数のシステムは複雑性をもたらし、コストを増大させ、統合やシステム可視性から部品管理、トレーニングおよびメンテナンスに至る、あらゆるレベルで効率性を損ないます。

しかし、リスクが特に高いのは、妥当性確認が極めて重要となる規制された環境での問題です。

多くの医薬品プラントでは、依然として複数のシステムを維持して材料および製剤プロセスを制御し、圧力や温度、湿度、さらに場合によっては微粒子計測などの製品の品質に影響を及ぼすビルおよび環境条件を管理しています。

既存プラントでは多くの場合、制御インフラは新たな規制の導入とともに進展し、時間の経過とともにさらに複雑化しています。

その結果、イベント時間シーケンスやデータセキュリティ、レポートおよび他の重要な機能に関連する問題が日常化した環境を生み出しています。

ソリューションは何か?

プロセスオートメーション、環境モニタおよびビル管理に対応した単一の、統合された工場全体の制御プラットフォーム。

統一アプローチをとることによって、プロセス制御システム検証に適用されるのと同じ機能を使用して、ビルオートメーションの検証要件を満たすことができます。

今日、多くの医薬品会社では、規格への準拠を容易にし、コストを削減し、既存の施設で製品の品質を改善するために統一的プラットフォームへの転向が進んでいます。

アップグレードに成功する手順とは?

大手医薬品会社での実施で得られた教訓に基づくいくつかの注意点について紹介します。

  • 1にも2にも計画。実際、あらゆる制御システムの改修において、計画の重要性はどれだけ強調してもし過ぎることはありません。そして、このことは生産性の維持とアップグレード全体での規格への準拠が極めて重大となる規制環境において特に当てはまります。
  • 仮想化の考慮。企業全体での妥当な統一的ソリューションの実施は、今後数年間のより効率的な操業のための第一歩です。そして、仮想化は、分散制御システム(DCS)の寿命、軽快さおよび信頼性を改善するための強力な方法の1つです。実際、ますます多くのライフサイエンス企業が仮想化された環境を選択し、その企業の重要なアプリケーションが時代とともに陳腐化しないように努めています。
  • 総合的なテスト。計画と密接な関係があり、決定的に重要なことはテストです。細心の注意を払ってシステムをテストするほど、実施段階での稼動開始時間が短くて済みます。

例えば、ロックウェル・オートメーションでは、事前に設計されたテスト済みの制御モジュールの総合的なライブラリを使用して妥当性確認を合理化し、また動作のシーケンス全体を徹底的にテストするためにソフトウェアシミュレーションも適用しています。

工場出荷試験(FAT)の前と現場でのFAT期間中の両方でシミュレーションを使用しています。

  • スマートスケジューリング。標準的なシステムレトロフィットでは、何百台もの装置システム、および何千ものI/O点数に及ぶ場合があります。したがって、許容可能なプラントダウンタイムと一致した現実的な実施スケジュールの作成は計画の重要な要素です。

しばしば、当社のチームはプラント全体に影響を及ぼすシステムから作業を開始します。

例えば、一般的にエアハンドラーや冷却装置、およびボード全体の動作に影響するその他の装置を含む、主要なエネルギー管理システムから作業を開始するのは効率的なアプローチの1つです。

それに続く設置作業は、重大度、I/O点数、およびシャットダウン時間に基づいて計画します。

この医薬品会社がどのようにスマートスケジューリングや、 最新のDCSおよび仮想化環境を使用してプラットフォームを統一しているかを説明します。

ライフ・サイエンス・アプリケーション向けのビル管理システムへの統一アプローチについて、さらにご覧ください。

Dan Homan
投稿日 2017-05-26 投稿者 Dan Homan, Engineering Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。