マシンデータのオペレーショナルインテリジェンスへの変換

マシンデータのオペレーショナルインテリジェンスへの変換

故障除去作業: 長期のソリューションを提供できるデータなしに機械の緊急事態をその場で修正することは、いまだに多くの製造プラントでの標準になっています。

このような次善策ソリューションは、当座は必要なように思えますが、時の経過とともに生産性、収益性、従業員のモラルが損なわれます。

しかしながら、産業用モノのインターネット(IIoT)と機器、生産ライン、および企業管理間の通信の改善のおかげで、ほとんどの故障除去作業はまもなく過去の遺物となるでしょう。

なぜでしょうか? なぜなら、IIoT対応の視覚化および共同作業ツールが機械および組み込みデバイスから情報をキャプチャし、予期しない生産イベント(例えば、機器の故障、在庫切れ、品質の悪い製品、安全でない労働条件など)を防止する助けとなるリアルタイム分析をサポートできるからです。

リアルタイム診断分析により、従業員は事故が発生する前に問題を突き止め、無駄の削減と生産性の向上を助ける、より良い意思決定を行なうことができます。

簡単に説明すると、データが活用度の高いインテリジェンスに変換されます。

さらに良いことに、組み込みのスマートデバイスとリモート制御およびセンサへのEtherNet/IP™接続により、リーンまたはシックスシグマなどの継続的な改善イニシアチブを簡単に「デジタル化」することができます。

作業員は生産と機器の評価基準をリアルタイムで追跡し、改善の計画と実現をより迅速に、そして、よりコスト効率よく行なうことができます。

残念ながら、多くの製造メーカおよび産業オペレータが、コネクテッドエンタープライズへのデジタル移行を行なうにあたって、以下のような重大な問題に直面しています。

  • 古くなった制御とセンサ: 既にサイバーセキュリティリスクのある、こうした機器は多くの場合、データの抽出と通信が行なえない。
  • ネットワークインフラが、運用から会社へのデータ伝送に対応できないことが多い。
  • 古くなった分析ソリューションが作業員やマネージャに対する情報の有用性を制限している。
  • デジタル化の戦略的計画の欠如が組織的な変革を滞らせている。

どのプラント内にも、デジタル化を実現する豊富なチャンスがあります。ご自分のチャンスを見つける用意はできていますか?

Beth Parkinson
投稿日 2017-08-30 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。