デジタルツインのパワーが明確な期待に応える

デジタルツインの使用を拡大

実生活の双子と同じように、すべてのデジタルツインは異なります。それは、デジタルツインが物的資産の仮想的なレプリカ、生きたレプリカだからです。

概念としてのデジタルツインは1つの普遍的な定義を反映していません。そして、聴衆が私たちの見解を共有すると仮定すると、私たちは問題に陥ることになります。

設計、運用、保守という3つの異なるフェーズに適用される少なくとも11種類のデジタルツインを発見しました。これは、製造スペースにおける30以上の可能な事例に相当します。

例えば、製品または製造工程の設計を最適化するためにデジタルツインを使用するユーザもいれば、製品の生産や製品ラインのメンテナンスを最適化するために使用するユーザもいます。

ここでの目標は、デジタルツインに関する明瞭さ、つまりさまざまなシナリオを参照したり適用する方法を改善することです。これによって、ユーザはより迅速にかつ一様に価値を実感できるようになります。

生きたレプリカ

シミュレーションを使用するときは、重要なこと、つまり改善したいKPI (主要業績評価指標)に焦点を合わせます。例えば、ガロン当たりの走行マイル数(MPG)を予測するために自動車の運転をシミュレートすることができます。

これはデジタルツインと同じ考えですが、生きている「デジタルレプリカ」なので、学習と変化を意味します。そのため、デジタルツインでは、ショールームから自動車が出たとときの自動車のMPGを予測できるだけではなく、MPG の劣化の程度と時期も予測できます。

走行距離や経過時間だけでなく、多くの要因(走行距離、時間、温度、および運転手の行動はほんの数例です)に基づいた磨耗のモデルを維持することによって、ピークパフォーマンスを回復するために予知保全が必要になる時期を予測することもできます。

スマートマニュファクチャリングの未来にフォーカスし、このブログを作者によってホストされたこのポッドキャストは、破壊的な技術、ワークフォースの問題、およびビジネスの世界的な動向への影響を探っています。Apple iTunesでご購読ください。

違いを活用

デジタルツインは、さまざまな方法で製造に使用される絶好の機会を持っています。

先ほど私は3つのフレーズを述べました。現在では、これらの選択肢の複雑さに加えて、デバイス(ドライブまたはモータ)、プロセス、製造セル、またはマシン、生産ライン全体、プラント、または一連のプラント(企業)、人々、およびお客様の行動のデジタルツインを持つことができるという現実があります。数え切れないほどのシナリオを抱えており、さらにそれは全く同じということはありません。

デジタルツインの可能性を引き出すには、まず、あなたとあなたの聴衆の意見を一致させてください。 自動車とMPGの例では、自動車のエンジン、排気ガス、ガソリンタンク、自動車全体、さらには運転手をご覧ください。 価値は(同じ)問題について話すこと、そしてその問題を解決するためにデジタルツインがどのように使われるかについて合意することからもたらされます。

デジタルツインの拡張

デジタルツインをどうやって拡張できるかについてですが、デジタルツインが関連している3つのフェーズ(設計、運用、保守)があることを覚えておいてください。

製品を設計するために開発したデジタルツインは、メンテナンスがいつ必要になるかを予測するために使用できますか?

機器のデジタルツインは、機械や生産ラインの運用のデジタルツインに使用できますか?

現在デジタルツインをご使用でしたら、私はあなたがすでに利益を実感していると確信しています。ただし、用途を広げ、フェーズ間でデジタルツインを活用する方法を見つければ、さらに多くのことができるようになります。

デジタルツインは生産効率のためのより大きな機会を生み出し、生産性を最大化するための予知保全の基盤を作り出すことができます。

Dave Vasko
投稿日 2018-10-03 投稿者 Dave Vasko, Director of Advanced Technology, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。