お客様の生産工程はスマートセンサに対応していますか?

お客様の生産工程はスマートセンサに対応していますか?

工場に設置された機械で分刻みで何が起こっているのかを把握していない限り、最適な生産性や効率性を常に維持したり、予期しないダウンタイムや生産ロスを回避することは不可能です。

従来のセンサが提供できる情報量は限られており、コントローラと交換可能な診断データやパラメータデータを交信する機能もありません。統合スマート・センサ・ソリューションは、企業状態の全体像を把握するのに必要なすべてのデータをいつでも提供できます。

コネクテッドエンタープライズに不可欠なコンポーネントであるスマートセンサによって、活用度の高い意味づけされたデータに簡単にアクセスできるようになり、総合設備効率(OEE)や平均故障間隔(MTBF)を最大化しつつ、機械の平均修理時間(MTTR)の短縮が可能になります。

しかし、スマートセンサへの切換えが、お客様の生産工程に対して最適な選択であるかどうかは、どうすれば分かるのでしょうか?

In this webinar, Craig Brockman, Rockwell Automation marketing manager for sensing and connectivity, discusses the expanded line of smart Allen-Bradley IO-Link sensors and masters.

スマートセンサに切換えるときがきました

頻繁に清掃が必要なセンサは、スマートセンサへのアップグレードの有力候補です。例えば、ほこりが多く汚れた産業用環境では光電センサレンズに塵が付着しやすく、性能を維持するには頻繁な清掃が必要です。

このような使用環境では、スマート検知テクノロジが有効です。内蔵の診断機能により、メンテナンス作業員はレンズの汚れが物体の有無を検出できるレベルかどうかが分かります。

そのうち、センサがターゲットを検出できなくなるまで塵が堆積します。

スマートセンサを使用すれば、機械に問題が発生する前にメンテナンスチームに通知されるため、センサを通常のメンテナンスサイクルで清掃できます。これによって実際にダウンタイムが回避できるため、非常に有効です。

溶接スラグやその他の金属辺がセンサ面に堆積しやすい環境にある、近接センサにも同じことが言えます。

オペレータは問題が発生したりラインが完全に停止するまで待つのではなく、通常のメンテナンス時にその機械の領域に注意を払う必要があるという警告を受取ります。

センサの損傷や誤動作に関連するダウンタイムのコストと、スマートセンサ構成にかかるコストの計算結果が、スマートセンサへの切換えが適切かどうかの分岐点と言えます。スマートセンサに投資する価値があるかどうか、まだ疑問が残りますか?

ご興味をお持ちの場合は、当社の無料のウェビナーをご覧になるとともに、スマートセンサに関する今後の投稿にもご注目ください。

Kevin Zomchek
投稿日 2017-05-03 投稿者 Kevin Zomchek, Business Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。