お客様の生産工程にIO-Linkテクノロジを導入するタイミング

お客様の生産工程にIO-Linkテクノロジを導入するタイミング

標準的なセンサと異なり、スマートセンサは機械の動作をより効率化するデータを通信します。スマートセンサによって、意味づけされた診断データを取得し、それを企業全体で活用することが可能になります。

しかし、スマートセンサによって製造工程がより詳細に把握できるとは言っても、工場フロアのすべてのセンサをスマートセンサにする必要はありません。以前のブログでも述べたように、すぐに汚れたり、定期的にパラメータ変更が必要になるセンサは、「スマート」センサへの交換候補です。スマート検知が適していると思われるその他の例として、センサが損傷する可能性がある使用環境が挙げられます。

損傷を評価:

センサによっては、検知する物体との接触によって損傷しやすい場合があります。破損の可能性が最も高いのは、センサとターゲットを非常に接近させる必要がある誘導性近接センサです。

実際に、センサとターゲットの衝突がセンサ故障の1番の原因です。通常の機械の摩耗や破断によってでもターゲットがセンサに接近しすぎることがあり、この結果、センサ面との接触や損傷を招きます。

現在のスマートセンサは、ターゲットがセンサに接近しすぎるとユーザにアラートを送信するため、損傷が発生する前に調整が可能です。

さらに、当社のIP67 IO-Linkマスタに搭載されたタイムスタンプ機能はイベントに時刻と日付を付加するため、センサイベントをピンポイントで特定できます。これにより、機械オペレータはデバイスが故障する「前に」障害を認識できます。

メンテナンスは通常のメンテナンスサイクル内で行なうことができるため、機械のダウンタイムを極力減らすことが可能です。センサや機器がサポートするイベントや入力の変化には、IO-Linkマスタによってすべてタイムスタンプが付加されます。

生産工程の温度計測: 

当社のスマートセンサは、検出した内部温度を読取った値をコントローラにフィードバックします。この機能は、機械が極端な気象変化の影響を受ける場合に効果を発揮します。

冷凍庫を使用する食品加工アプリケーションの機械を例にとって説明します。機械の外部には、ギアやコンベアが一定速度で動作しているかどうかをモニタする近接センサ付きのギアがあります。

このセンサや取付けブラケットが度々凍結すると、ブラケットが曲がってセンサヘッドを損傷してしまいます。

この場合、メンテナンスによってセンサの交換が必要となるだけでなく、品質保証担当者が出向いて製品が基準を満たしているか、基準を超えているかを確認しなければならなくなります。

このような状況では、余計なリソースが必要となり、製品の出荷も遅れてしまいます。センサの内部温度をモニタすることで、データ損失の予知や予防が可能になり、品質保証担当者が製品テストを実施する必要がなくなります。

センサの損傷に起因するダウンタイムに対応するためのセンサ構成にかかるコストを理解することが、スマートセンサがお客様の生産工程に適しているかどうかの判断材料となります。

お客様にとってスマートセンサが適しているかどうか、まだ疑問が残る場合は、スマートセンサおよびIOTお客様の生産工程がスマートセンサに対応しているかどうかを判断する方法に関する当社の過去のブログ記事をご参照ください。

また、こちらのウェビナーで詳細をご確認ください。

Kevin Zomchek
投稿日 2017-09-17 投稿者 Kevin Zomchek, Business Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。