Executive Message: プレミア統合によるシステムの簡略化

プレミア統合によるシステムの簡略化

ますますシステムが接続され、複雑化するにしたがって、機械および装置を設計し、設定し、維持するために必要な時間と労力が詳細に検討されるようになっています。幸いなことに、オートメーションコントローラとシステムデバイスとの統合が進むことにより、時間の短縮およびコスト削減の新たなチャンスが実現しつつあります。

機械装置メーカであるか、システムインテグレータであるか、またはエンドユーザであるかを問わず、この統合によりシステム設計を簡略化し、開発期間とコストを削減し、より迅速な開発をサポートすることができます。また、プレミア統合はエンドユーザの製造インテリジェンスへのアクセスも強化します。

実際に、TechValidateによる最近の調査によると、産業用製造メーカの64%がこの統合されたプログラミング体験は彼らのエンジニアリング時間の削減に役立つと回答しており、また63%が診断作業の改善にも役立つと答えています。

今回の「Automation Today」では、プレミア統合および最新式のDCSを特集し、システムの簡略化がいかに生産性と収益性を向上させることができるかについて説明します。本号では、最新の業界の知見やテクノロジを詳しく紹介し、以下のテーマについて検証します。プレミア統合の体験、デジタルツイン技術による製造業の効率向上の実現方法、およびTotalFORCEテクノロジによるスマートモータ制御の進歩状況についての記事も掲載しています。

競合他社に先んじて、そのポジションを維持するためには、市場導入時間の短縮がカギとなります。プレミア統合の実施により、ユーザはコネクテッドエンタープライズのオートメーション資産をシームレスに設計、立上げ、維持、保護することができ、その結果や状況を報告できるようになります。

生産性と収益性の向上とともに、市場投入時間の短縮を実現するためのレースはすでに始まっています。今回の「Automation Today」をご一読いただき、システムの簡略化によるエンジニアリング時間の短縮と生産性を向上していく上でのお助けとなれば幸いです。オートメーションシステムから何を期待するかについて再考すべき時期が来ています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。